JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 157
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

ご担当者 様 関東在住の40代男性です。 医療過誤における損害賠償、慰謝料に ついての質問です。 →2

質問者の質問

ご担当者 様

関東在住の40代男性です。

医療過誤における損害賠償、慰謝料に ついての質問です。
→2012年8月にも相談させていただきました。

経緯:
2011年10月、A院整形外科医の医療過誤が原因で、命にかかわる重篤な疾患(深部静脈血栓による肺塞栓)を発病し、急遽B院の循環器内科に入院、23日後、寛解で退院しました。
2012年5月、B院での再検査にて、エコー検査で下腿静脈に6センチの残存血栓ありと判明、肺塞栓再発防止のため、ワーファリンを一生服用するよう指示がでました。
2012年6月、A院側に報告したところ過失 を認め、A院側の弁護士(+保険会社)通じて損害賠償、慰謝料を支払うことで合意しました。なお、当方(被害者)には弁護士なしです。
2012年12月、保険会社から提示された必要書類一式(カルテ、診断書、入院・通院費証明など)を弁護士へ提出しました。なお、資料一式には、2012年5月時点の後遺症(下腿静残存血栓)を示すエコー診断結果も含まれています。
2013年10月、弁護士より後遺症診断が必要なので再度エコー検査を受け、結果を提出するよう依頼がありました。

質問:
1) 2013年10月に依頼されたエコー診断結果は弁護士に提出する義務があるのでしょうか?
理由は、新たな検査で血栓がないと判明した場合、これから算出される損害賠償や慰謝料が不利になるのではと心配しています。こちらは、10ヶ月も前に必要な書類をすべて提出しており、相手側の対応の遅さで慰謝料提示が遅れているにも関わらず、過失による発症から2年後の経過を見て、最終判断されるのは納得がいきません。
よって、既に提出済みの資料で算出するよう弁護士に通知したいと考えていますが、問題はありませんでしょうか(法律的な観点から)。

2) 今後も血栓予防のための、ワーファリンを一生服用し続けることになります。この場合の治療費は、損害賠償額に一括で含まれるのでしょうか、それとも、通院のたびに、診察費及び薬代を実費精算するのでしょうか。ちなみに診察は月一回です。

よろしくお願いします。

以上
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故

医療ミス・医療事故 についての関連する質問