JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

また、質問します。以前質問していたこの欄の回答について再考をお願いします。私は当番医のカルテをすべて信じてその記述通

解決済みの質問:

また、質問します。以前質問していたこの欄の回答について再考をお願いします。私は当番医の カルテをすべて信じてその記述通りに書きました。が。
まず、エックス線撮影の時間は13:00ではなく、13:53 と 14:26 でした。
そして、当番医は、診療情報提供書を書いて救命センターへ送っています。13:00 診断名は、急性呼吸不全と書いています。肺水腫の疑いとも書いてあります。その時の、SPO2は、66パーセントと書き込んであります。
たびたびの質問ですみません。これは、亡くなった姉の妹から質問です。
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
お久しぶりです。

レントゲンの前に救命センターに診療情報提供書を1時に送ったことをご質問になっているのでしょうか。ご質問をはっきり書いていただけないでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

すみません。訂正個所もあります。
まず、医師のカルテに書いてある13:00~13:20のエックス線2枚の撮影の時間は、エックス線写真そのものには、13:53 と 14:26 と書き込んであります。


気管挿管が14:00ですから、2枚目の写真には挿管された部分が写っています。
そして、当番医は、その時、診療情報提供書を書いて救命センターへ送っています。14:25が搬送時間になっています。その時に送っていると思います。


その診療情報提供書の診断名は、急性呼吸不全と書いています。ARDSの疑いとも書いてあります。
症状については


13:00悪寒あり、呼吸状態が努力様となり酸素3リットル開始。


Bp 不変 脈拍140、SPO2 66パーセントとなり、血ガスは別紙の通りでした。レントゲン施行し、ARDS様の所見です。


14:00 挿管、レベルダウンしています。


という、内容です。


私としては、急性呼吸不全と判断する根拠としてのエックス線撮影時間が、医師カルテと写真で全然違う。と弁護士へは言っています。


ところで、ARDS様とは、どんな状態ですか?


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
ARDSは、何かの原因から肺が真っ 白になって呼吸不全を起こす重篤な病気です。
これはかかったらなかなか助かりません。原因を取りのぞければ助かりますがね。
何かが原因になっていると申し上げましたがその原因は私が今までに強調していたお薬による害でしょうか。
ARDSは、極端な話、プールや海で溺れたような状況でもかかりますから原因はとにかくバラエティーに飛びます。

気管挿管に至るまでも、ずいぶんかかっていること、残念でしたね。
ただし、もうすでにARDSを起こされて酸素のレベルが下がって66になっていたならその時点で助かる見込みはほぼなかったかもしれませんが、救命は直ちにするべきでした。つまり直ちに気管挿管するべきでしたね。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問