JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 157
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

【概要】 簡単に言うと、妻が妊娠25週目(七か月)足らずで膣から出血して、医者に電話連絡したら「明日来れば大丈夫」

質問者の質問

【概要】
簡単に言うと、妻が妊娠25週目(七か月)足らずで膣から出血して、医者に電話連絡したら「明日来れば大丈夫」なんて言われたけど、結局は翌日通院した頃には遅く、過酷な入院生活を余儀なくされ、挙句の果てに早産となり、生まれてくる子供は「長生きできないかもor障害者になるかも」なんて言われて、電話診断に問題があったのではと感じている、という話です。
医者への電話連絡の時点で何がしかの緊急処置や適切なアドバイスがあれば、こんな事にならなかったかもしれないと腹落ちしてないというのが正直な心情です。
本件結果と電話診察の判断結果との差異について明確な因果関係は推察の域を脱しませんが、少なからず一定の影響があった可能性を排除はできないと思っています。
「少なからず一定の影響があった可能性を排除はできない」これだけでは難しいものでしょうか。

【経過】
①  9/16深夜(午前)0:00頃、小便の際に、膣内より尿に軽く交じる程度の出血を確認。異変に気づき掛かりつけの産婦人科へ連絡。
②  電話診断の結果、「現状では、腹痛を伴わない点より緊急処置は必要ない」旨の判断により、翌朝午前9:00頃(同日約9時間後)の来院を促される。
③ 同日午前9:00、既に安静時も出血を体感できる程に症状が悪化した段階での通院。担当医師より「子宮口が1~2㎝開いている/切迫早産である/当医院では処置仕切れない」との診断を下され、同日午前11:00頃に救急車で新潟市民病院へ救急搬送される。
④ 同日午後14:00頃、新潟市民病院医師より診断結果+処置内容に関して以下説明あり。
→子宮口が1~2㎝程度開いており早産の危険がある旨
→絶対安静指示。出産予定日までは終日横臥、大小便は問わず移動行動・歩行を禁止とする旨
→胎児は推定700g少々しかなく肺機能が未熟な故、無事に生まれた場合においても早々に死亡、もしくは酸素不足等による成長障害から身体的障害が残る可能性が高くなる旨
→一日一分一秒でも長く母体内に留めることが望ましく、「早く生まれないようにする為の薬」および「早産してしまった場合に備え胎児の肺機能成長を促進するステロイドを点滴する」旨
⑤ 9/18午前4:00頃、改めて出血量の増加を確認。医師より子宮口が3~4㎝まで拡大している旨の診断。「改めて早く生まれないようにする為の薬を投与する旨/万が一、左記投薬治療により早産傾向が衰退しない場合において、更なる出産の引き伸ばしは母体+胎児へ悪影響が懸念される為、タイミングに応じて自然分娩による出産を決行せざるを得ない旨」の宣告。
⑥ 9/18午後12:00頃、医師より出産決行の判断。「早く生まれないようにする為の薬」の投与を中止。
⑦ 9/19午後4:00頃、医師判断により陣痛促進剤を投与、出産に至る。

【問題に感じている点】
Ⅰ、上記①における妊娠中の出血について、妊婦一般においても起こり得る事象かもしれないがが、生命の重みや胎児の一生への影響を考えた時、極めて慎重に判断を下すべき懸案ではないのか?
(異変を感じ能動的に医院へ連絡している前提=頻繁に連絡しているわけではない)
Ⅱ 一般的所見においても、妊娠中の出血については慎重に対処すべき風に考えられていると認識しているが、上記Ⅰに鑑み上記②の段階における判断が妥当は言えたのか?
(少なからず来院による膣内目視の検査を促すべきではなかったか)
Ⅲ 切迫早産の治療においても、一般的に「自宅で極安静指示」、「入院だが移動・歩行は可」など、安静の程度に大きな幅が散見されるが、上記②の段階で来院・救急搬送等の指示があれば事態を改善できた可能性があるのではないか?
Ⅳ 上記②の段階で、例えば緊急処置を行なった等と仮定し、それでも結果改善に繋がらなかったとしても、少なからず「胎児の身体」およ「び母子の治療内容」に一定の影響が生じた可能性は排除できないのではないか?

【賠償を求めたい事項】
一、上記①②の診察料は払いたくない(実際に診察してもらっていますので無理な話なのですが気持ちの面で・・・)
二、もし一定の因果関係があると仮定して、当該子供に身体的障害が生じた場合の一定の補償(損失が確定してない段階で無理はあるとは感じていますが・・・)
三、もし一定の因果関係があると仮定して、当該子供が死亡した場合の一定の補償
(損失が確定してない段階で無理はあるとは感じていますが・・・)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故

医療ミス・医療事故 についての関連する質問