JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 157
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

升星と申します。私は1月15日(火)に会社の駐車場で前日に降り積もった大雪が凍り付いた路面で滑り、左手首を骨折しまし

質問者の質問

升星と申します。私は1月15日(火)に会社の駐車場で前日に降り積もった大雪が凍り付いた路面で滑り、左手首を骨折しました。(労災となりました。)左橈骨遠位端骨折という診断で、手術を回避してギブスによる固定だけでした。3月13日(水)にギブスが取れて、リハビリと針治療が始まったのですが、徐々に肩甲骨周りや肩甲上腕に強烈な痛みが出て肩が動かせなくなりました。また手首も痛 みと痺れで動かせなくなり、そのことを医師に訴えたら肩に痛み止めの注射を受けて、薬を投与されました。しかし、殆ど効果がなくリハビリと月一度の診察で悶々としていたところ、6月末の診察で突然手と肩の専門医へバトンタッチされました。肩は肩の専門医からステロイドの注射を受けて徐々に動くようになり痛みも軽減し、可動域が大分出るようになってきました。しかし手の方は7月に入ってから専門医の診察を受け、8月8日(木)に手首のMRIとCTを撮りまして、手術と言うことになりました。診断は左橈骨遠位端骨折後変形治癒及び左尺骨突き上げ症候群でした。結局尺骨を切って短縮させ橈骨と同じ長さにし、月状骨との当たりをなくし痛みや痺れをなくすこととなり9月20日(金)に手術と決まりました。そこで困ったのが保険会社に加入している傷害保険からの手術給付金です。保険会社からは骨折してから180日を超えてしまったので支払えないと言うことで、門前払いです。もっと早く判断して頂いていたら給付を受けられたのにと悔しくて仕方がありません。実際の治療費や手術費用は労災ですから、労災保険から出るそうですので安心していますが、手術後2ヶ月ほど休業と医師の診断がありますので、収入もなくなります。また橈骨が変形治癒しているので手首の関節の動きに後遺症が残ると言われています。すなわち元通りの可動域には戻らないと言うことでした。これは最初に掛かった医師の判断ミスなのでしょうか。
Eメールアドレス XXX@XXXXXX.XXX
升星 明
ちなみに私は公認陸上競技上級コーチでトレーナーでもあります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故

医療ミス・医療事故 についての関連する質問