JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 157
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

独立行政法人東京病院へ肝性脳症で入院中です。入院中に歩くように指示を受けていたので院内を歩行していました。3月24日

質問者の質問

独立行政法人東京病院へ肝性脳 症で入院中です。(77歳男性相談者の父です)入院中に歩くように指示を受けていたので院内を歩行していました。3月24日エレベーターにはさまれて転倒。脊髄の圧迫骨折と診断。治療方法は2週間ほど安静にしているしかありませんとの指示でした。腰の痛みは引いてきたが左足の付け根が痛み、毎日4回ほどの座薬で痛み止めをいれていました。2週間たっても毎日4回も座薬の痛み止めを使うのはおかしいのでは? と主治医へ質問したました。長いこと動いていないので、筋肉が硬直して痛みが出ているとの解答でした。4月19日よりリハビリを始めますとの連絡後に、4月26日に主治医から左脚大腿骨付け根が骨折していましたと連絡が入りました。リハビリを初めてから今度は足を牽引し始め、ベットの角度も30度以内・排泄はベットの上でと拘束されてしまいました。5月3日に主治医からの連絡があり、整形の先生は手術を行う方法を提案したが、糖尿病・肝硬変・77歳を考慮すると東京病院では手術は出来ないとの連絡でした。医療費・今後の生活が不安です。独り暮らしです。どの様は保障を請求できるでしょうか?一時金・示談金・治療費用など。今後の歩行が困難なようです。                                                                                                                          

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故

医療ミス・医療事故 についての関連する質問