JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

私の同僚の息子さんの奥さんが、亡くなられました。 21日にお腹の痛みを感じ、某病院へ行き、診断は定かではありません

解決済みの質問:

私の同僚の息子さんの奥さんが、亡くなられました。
21日にお腹の痛みを感じ、某病院へ行き、診断は定かではありませんが、薬を処方され帰宅、夜まで痛みは治まらず、早朝救急車で他病院へ緊急搬送 され、緊急手術、その際、腸ねん転と私は同僚よりきかされていました、(うみは全部取り除くことが出来なかったので、病状を見て、再手術)と報告があり、あまり良い状態ではないといっていました。26日の朝、病状が一転し、亡くなられてしまいました。35歳の二児(小学校5年、中学校1年)の母親です。話によると良くは私も分からないのですが、盲腸破裂だと聞かされました。23日お通夜で、24日告別式を予定されているみたいです。
親族は、何が何だか、わからないと言っていました。
この場合、どのような行動をとれば良いのでしょうか?宜しくお願い致します。
氏名 並木宏明
住所 越谷市神明町2-380
電話(NNN) NNN-NNNN9187
✉XXX@XXXXXX.XXX
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
ほんとうにショックなことだったとお気持ちをお察しいたします。

盲腸破裂を見逃されたのが問題だったようですね。腸ねん転ではなかったのではないですか?

そのあたりはどうなんでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

おはようございます。お世話になります。


事後報告になりますが、火葬は昨日、行われました。


息子さんは、弁護士さんに相談したそうです。


時間とお金がかかる話を聞かされ、非常に難し問題と、納得出来るようにはしますとのことでした。しかし、非常に難しいと、


同僚に聞いた話では、緊急搬送された病院で血液検査をし、盲腸と判明、緊急手術、開いた時、既に盲腸は破裂、膿が相当まわっていたみたいで、状態は非常に良くないとの説明だったと聞きました。


家族は、至る経過だけは、書き留めているみたいですが、このまま、納得していくような、気がします。


時が解決するしかないのですか?


宜しくお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.

私からのお返事は長くなりますが、まず勝算はあると思います。
ただし、カルテ次第、画像診断次第です。

最初の病院にもうすでに破裂した虫垂炎であったという連絡が救急搬送された病院の方からいっていたら、亡くなられたことがわかって戦々恐々なことでしょうね。
カルテの改ざんがないことを望みます。

最初の時点で病院で熱を測ったり血圧や脈拍を測らなかったことはないと思うので、そこに異常なバイタルの数値がすでにあって患者を家にそのまま帰宅させていたならそれは間違いであるとつけます。

最初の病院でどのような処置がされたかは詳細が書かれていませんが、処置後もしバイタルの異常な弱っていた患者を帰宅させることに判断する前に腹部の再触診が記録されていなければそれも間違いです。

腹部の圧痛点がどこであったのか最初の診察で記録されているはずですが、もしそれが右下腹部を含んでいたのであればそれを最初の病院で盲腸の疑いを鑑別に挙げないで再触診していなければこれも大きな間違いです。

診察をする上でロブシング徴候や、腰筋兆候などがどうなっていたかなども記録されていたかどうかこれも争点になります。急性虫垂炎ではそういう徴候が陽性になります。主治医はその徴候を調べなかった可能性は大きいです。
カルテに書かれてあってそれが陰性であったということならお話は違ってきますが。

右 下腹部に痛みがあったと奥様が訴えられていたなら最初の診察時に最低限超音波をするべきでした。微妙だったのならCT検査もするべきだったのにそれは行われていなかったと解釈します。

でもカルテ次第ですね。
どう書かれてあるのか、それが大きくものを言います。
医療過誤に強い弁護士を雇われて急性虫垂炎に強い専門医をエキスパートとして立ててもらい、カルテをレビューしてもらい、私の申し上げたような部分をつけば勝てると思います。

私は虫垂炎に関する患者をたくさん診察していますのでとても詳しいです。
初期の虫垂炎は診断が難しいことも知っていますが、最初にかかられた日に手術にもっていっていれば破裂はしていなかったかもしれません。21日の時点で微妙だったのなら具合がより悪くなったらすぐに救急に行くか12時間後に再診察をするなどのはっきりした指示は最初に診察した医師が出すのは当然でそれがカルテに記入されていなければそれも十分まちがいとしてつけます。

虫垂炎の診断は原則として臨床的に行います。

長くなってしまいましたね。
一日も早く弁護士を通じてカルテは抑えられて下さい。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問