JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

昨年の3月に以前から発生していた、左腕上腕部に大きさ6cmx4cmくらいの膨らみについて病院の整形外科の診察を受けま

解決済みの質問:

昨年の3月に以前から発生していた、左腕上腕部に大きさ6cmx4cmくらいの膨らみについて病院の整形外科の診察を受けました。 

検体を取り検査することになり、注射針を刺して採ったのですが、このとき体中に電撃が走りベッドから体が浮くように感じました、左腕は動かすと激痛がし3週間ほどは使うことができませんでした。

同時に左腕全体に痺れが発生し、一年後の 現在も症状は軽くなりましたが肘から手先にかけて痺れが残り生活に不自由しています。

膨らみ自体は良性の腫瘍でそれ以上の診療はしていません。

発生当時2回当該病院を訪ね、診察を受けましたが、内出血の検査をして、内出血していないことを
確認しただけで、時間が経てば正座の後の足のしびれのように直るというだけで、処置は出来ないようでした。

現在65歳でありこの後の生活に支障が大きくなることが考えられますので、医療過誤の面から何か対応が可能かご相談をお願いしたく思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

今現在このことでどこにも受診はされていないのでしょうか。
検体を採る手術の際に神経を傷めたのではないかということですよね。
その関連を証明することができれば医療過誤として取り扱えますが、そのあたりは正式に神経伝達検査などをされないといけないと思いますがそのあたりはいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有り難うございます、発生後2回診察を受けた後は受診していません、


6ヶ月程海外にいたため受診の機会がなかったということです。


この受診料に関しては無料で受けましたが無料を許容する理由があったと思われます。
関連性を証明するものは当該受診時の肉腫の診断結果の書類があるのみです、神経伝達検査は受けていません。


検査は何課の受診となりますか、それによりどのような手続きが、何処で出来るでしょうか、ご助言を宜しくお願いします。


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
それでは神経内科にかかられていったいどの神経に影響が出ているのか検査してもらいましょう。
神経伝達検査などは神経内科で受けられます。
それによって影響されている神経が腫瘍のあった部分に通っているものであるということになれば関連性があることになりますよね。

http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

そのあと、医療過誤に強い弁護士をあたられてその弁護士を通してあなたのケースををサポート、証明してくれるエキスパート(整形外科か神経内科の専門医)を立ててもらうのです。
それがなければ勝ち取ることは難しいでしょう。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問