JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

重過失による医療ミスでどれくらいの損害賠償が請求できますか?

解決済みの質問:

今年1月17日に父が病院の医療ミスで亡くなりました。 大腸癌摘出手術で入院し11日に手術して17日明朝亡くなりました。 死ぬ前日、吐き気と膨腹、(下痢、おしっこが出ないなどもあり)を訴え悶え苦しんでいました。 息子(私)と母で付き添っていましてあまりにも容態が悪い為、当直の看護師(若手の看護師でした)を呼びました。 看護師が「担当のドクターを呼びましょうか」と言うので私も呼んでくださいと言いました。 そして吐気止めの点滴が既に切れていたため追加してくださいとその看護師に言ったのですが父の腕に血管が なかなか探せ出せず先輩の看護師が来て手の甲に打ってくれました。しかし点滴の内容を聞くと単なる栄養剤の ものでした。左腕は点滴が失敗しており腕が相当腫れていました。 こんな状態で父の様子が良くなるのか心配で仕方がなかったです。院内放送が鳴り面会の時間を1時間過ぎても様子が悪いのですが 後ろ髪を惹かれる思いで先の若手の看護師にお願いして帰路に着きました。 翌朝4時に母親宅(私と母は別宅)に病院から連絡が入り父の容態が良くないとの事。 その後、母から私に電話が入り直ぐに母を迎えに行って病院へ向かいました。 しかし着いた先では父は死後1時間経過しており蘇生処置をされていました。(朝3時死亡との事) 容態が悪いのではなく既に死んでいたのです。 朝4時10分の看護婦による回診時にはベットから落ちて瞳孔が開き脈が止まっていたということでした。 私は直ぐにナースセンターに行き、昨晩お願いした若手の看護師に問い詰めました。ドクターを呼んだのかと。 その若手の看護師が言うには先輩看護師と 相談してドクターを呼ぶのを止めましたという。事実関係を知る為 先輩看護師に問いただすと若手の看護師からは相談は受けていないという。 容態が悪い中、患者の家族がドクターを呼んでくださいと言ったにもかかわらず若手看護師の裁量でドクターを 呼ばなかったというではありませんか! 午後6時過ぎにドクターコールをお願いして死ぬ朝3時まで全く呼ばれず、9時間ずっと苦しんでいたんです。 私は信じれませんでした。 また、担当の医師が院内にいなくとも当直の医師が必ずいます。 その医師らは結局、父が亡くなった後に 蘇生する為に呼ばれたのでした。 なぜ容態が悪い父を放って置いたのか、看護師や病院に憤りを感じています。 死因が特定できず結局、第三機関にお願いして病理解剖することにしました。 そこでも新しい発見が沢山出てきます。 大腸癌摘出の際、繋げた吻合部が80%外れて「縫合不全」を起こしていました。その影響で大網まで及ぶ腹膜炎を起こし 「急性汎発性腹膜炎」で死亡したと肉眼結果が出ました。 お腹が膨れていたのも当然イレウス「腸閉塞」を起こしていた為でした。病理解剖結果からすると死亡する2日前から 症状が出ていたということです。父の話からすると3日ほど前から下痢や嘔吐などの状態が悪かったそうですが。 11日の術後以来、父は容態思わしくなく、おしっこが出ない排尿障害、1日10回を越す下痢が続く排便障害、嘔吐、冷や汗、 腹が張るなどの症状がずっと続いていました。 これらは明らかに大腸癌手術の合併症に相当するものです。承諾書にも記載されていました。 父の死後直ぐにカルテの全コピーやCT結果のデータを貰いました。素人ながらカルテを読んでいると 大腸癌手術の承諾書には担当医師と看護師のサインがないまま父と母だけのサインを記入したものがありました。 余りのも煩雑な承諾書です。 母に話を聞くと承諾書に書かれていた合併症の症状については担当医から一切口頭説明がなかったといいます。 父が手術を不安に思っていたため私も同席して医師の術式内容を聞く機会もありました。 その時も、合併症の話は一切ありませんでした。 父の癌は肛門近くにあった為、上手く切除できれば肛門に繋ぐことができるが、 余りも切除部分ののりしろ部分が少ない場合は縫合が困難なのでストーマ「袋」をつけますとの事でした。 上手く癌が切除できればそのまま繋ぎ、ギリギリで繋げなければストーマを着けるという2択しか聞いていませんでした。 私が思うにこの医師は合併症の危険性を患者に全く話しておらず非常に合併症に無頓着であったと思えます。 インフォームド・コンセントの債務不履行であったといえます。 結果的に、合併症が起こり父の容態はどんどん悪くなり、その症状のまま放置されました。 縫合不全、腸閉塞や皮下膿瘍、排尿障害、排便障害など多くの合併症が起こっていましたが医師には全く見抜けなかったようでした。 病理解剖では死ぬ2日前には既に合併症が起こっていたと分かっています。 このようなことで父は大腸癌で入院し、合併症によってわずか6日で死んでしまいました。 病院関係者である事務長は医療ミスですと2度認めていますし、10-0で病院の問題であるとも認めています。 現在第三機関である名古屋のモデル事業に遺族と病院の双方で報告書を提出していますが、モデル事業の結果が出るのが 一年後となってしまいます。 時間がかかりすぎる為、病院側は違う第三機関に委ねるといっています。 我々は今後病院と向き合い、損害賠償のことに話し合っていくことになりますがどれくらいの補償が見込めますでしょうか? 父は76歳、米屋の自営業を営んでおり、この大腸癌以外は全くどこも異常が無い体でした。 大腸癌摘出後は通常の自営業を再開する予定でしたが、病院側の医療過誤により全て消えて無くなりました。 病理解剖の結果、担当医師は手術した箇所が「患者や家族に、着かないかも知れないと説明した」と言い訳を言っていましたが、 逆に着かない可能性も分かっていたならば術後の経過を見過ごしたという問題は大きいと思います。


 


私たち遺族の希望は、損害賠償と謝罪、医療ミスの診断書を書いてくれることを病院に希望しようと思っています。


医療ミスの診断書は社会保険や郵便局の保険に提出することで父が単に病気で死んだのではなく医療ミスで死んだと認証されれば災害特約で保険金が降りてくるからです。今後生活の糧である父を無くした母は生活が困窮する為、この医療ミスの診断書はどうしても欲しいです。


 


 


 


このような多くの重過失がある病院に対して損害補償額と言うのはいくら位まで請求できるのでしょうか?

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

これはまったくもって私も驚きました。
お父様が苦しんだ末になくなったご様子、胸が詰まる思いです。

弁護士を雇われていますか。
また裁判をご希望か、示談をご希望かどちらでしょう。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
おはようございます、朝早くから回答いた だき有難うございます。弁護士は一度相談しましたが医療専門弁護士ではなかったため、必要ならば紹介しますと言われました。 現在お願いして紹介を待っているところです。裁判か示談かは病院側の対応に合わせようと思っています。時間があまりかからない方が良いですが示談をして決裂するならば裁判をしようと思います。過失が多い医療ミスと思うのですが先生はどう思いますか?また、自営業をしていますが利益は薄く父の年金16万円と母の年金7万円で生活しています。損害賠償、逸失利益、葬儀費用などを加えるとおよそどの位の賠償請求出来るのでしょうか?ある程度こちらも損害賠償額を想定して病院側と話し合いたいです。病院側が遺族の希望額に譲歩するならば当然示談で済むと思います。希望額から程遠く示談が決裂するならば裁判になるとおもいますが、まず裁判で勝てる見込みはありますか?
専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
わかりました。

今、出先からこれを書いています。
午後までにはお話をまとめさせていただきます。
これはとてもあなた方にとって有利なケースであると個人的には思います。
恐れ入りますが、しばらくこのままお待ち下さいね。
専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.

このサイトを見ていただけないでしょうか。

http://medicallaw.exblog.jp/17733577


このケースはあなたのお父様のケースより軽いケースですが、参考になると思われます。
お父様の場合は医師による術後の適切なケアがまったくなかったケースですからね。
手術後の合併症を説明しなかったことは説明義務違反です。
うまくつかないことがあると言ったとされているならあなたのおっしゃるように特に術後ケアを万全にするべきでした。
若手の看護師が医師に連絡しなかったこと、医師から親身なそして迅速な対応がなかったこと、これらもすべて問題です。
回診は午前中にふつう行われますがその際に前日の嘔吐や下痢も報告が行かなかった?ちゃんと診察すればお腹が張っていることは一目瞭然だったのでは?お腹を押せばきっと耐えられないくらい痛かったでしょうに。。。
また点滴が打たれていなかったことも大きな疑問ですね。
おしっこが出ていないこともふつうは看護師がちゃんと量を確認してカルテに書き込みますよ。
その時の医師のカルテの記入を見てみたいものです。
腹部は柔らかくて圧痛もないなんて書いていたらこれはうそでしょうね。
ちゃんと診察をしていなかった証拠です。
少なくともそれは解剖の結果から十分証明できます。

あなたに一番必要なのは弁護士です。
それも医療過誤に強い特別な弁護士です。
もうすでに資料はすべて押さえてあるようですのでそれを送られて弁護士グループに無料相談されてもいいと思います。
また賠償金の計算方法ですがこのサイトを参考にされてください。

http://jami2009symp.info/calculate.html

http://furuta-law.jp/

http://www.avance-lpc.com/

リンクがうまく貼れていませんでしたらURLをコピーアンドペーストされて検索願います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

参考のケース見させていただきました。かなり近い参考状況でした。しかし私の父は全く緊急処置もせず、ドクターコールもされず放置されました。その過失は非常に大きなものであると思っています。嘔吐、下痢などは術後間もなくからカルテにあったと記載がありました。しかし点滴のみで経過観察でした。
担当医の医師記録にも書いてありましたが「看護師からの連絡なし」と記載されていましたので問題があったにも関わらず医師に伝わっていないこともあります。死後撮影したCT結果を見させていただきましたがお腹全体が白っぽい状態でした。他の外科医から説明され、腸閉塞は見つかっています。白っぽいのは腹膜炎かもしれません。縫合不全は見つからなかったと言っていましたが、腸閉塞や腹膜炎は縫合不全が無いと発症しないのではないでしょうか? CT結果の画像データも私の手元にあります。


賠償金の計算方法のHPを紹介して頂きましたが私は既に目を通しています。有難うございました。一応、腸閉塞や腹膜炎は縫合不全が無いと発症しないのか否か教えて頂けませんでしょうか?


 

専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.

そちらにどこまでの情報があるのかがわかりませんので賠償金の計算方法は一応載せておきましたが、参考になる判例よりは賠償額は大きくなると思います。

縫合不全は腹膜炎の原因になります。
消化液や腸からの液が漏出しますからね。
排液がもれれば腹膜に散らばります。

そして腸閉塞は腸がうまくぜん動していない状態ですので腹膜炎を起こしていたらそうなりますよ。

腸閉塞や腹膜炎は縫合不全がなくても他にもいろいろな理由で発症しますが、お父様の場合は縫合不全が原因であったということは一目瞭然で、それを証明してくれる専門医を弁護士団がうまく探してくれることでしょう。
そうすればあなた方は断然有利です。

docmmart, 医師
満足したユーザー: 4173
経験: 医師、准教授
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3274
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    438
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
 
 
 

医療ミス・医療事故 についての関連する質問