JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

昨年3月、家内が子宮摘出内視鏡手術受けました。子宮摘出手術はうまくいったようですが、手術翌日から、右足大腿部が動かず

質問者の質問

昨年3月、家内が子宮摘出内視鏡手術受けました。子宮摘出手術はうまくいったようですが、手術翌日から、右足大腿部が動かずとても痛いと看護師に訴えていましたが、医師は退院近くまでだれも診察に来てもらえなかったので、退院後近くの整形 外科医に診察してもらったところ、医療事故の疑いが強いと言われましたが、ここには検査機器が無いので専門の病院紹介され、そこでの診察結果は、大腿神経95%損傷でした。手術前の合併症の説明でも大腿神経損傷などの説明は一切有りませんでした。術後の診察で外来診察教授にそのことを、訴えたら手術中に何かあったんだろうとよく分らない説明でした。近くの整形外科医の勧めで裁判起こしたほうがよいと言われ、
カルテと、看護記録、手術中のDVDを入手するよう勧められ入手しました。その整形外科医のDVD見た所見では、怪しいところがあるようなこと、言っていました。このような場合裁判で勝ち目あるのでしょうか?家内はいまだ足がよく動かず、とても悔しがっているのが現況です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
大変なことになりましたね。

私は医療過誤の分野で活動している医師です。
よろしくお願いいたします。

大腿神経の損傷は腹部、骨盤、鼠径部、そして股関節の手術の合併症としてありえることはよく知られています。
その中でも一番確率が高いのは骨盤/腹部子宮摘出術です。約7.5-10%という統計もあるくらいです。

ダメージとしましては縫合の際に神経をいっしょにとらえてしまったり、レトラクタで伸ばしすぎたり圧力をかけすぎた結果や、腸骨筋の血腫なんかでも神経はダメージを受けます。
内視鏡での手術であったようですから右側から挿入した内視鏡の長いスティックのような器具が直接大腿神経を傷つけてしまった可能性が一番高いでしょうか。

さて、裁判は起こされた方がいいと思いますよ。
これだけの損害を被ったわけです。

私なら医療過誤に強い弁護士を雇われることをお勧めします。
最初にお金はかかるかもしれませんが(約50万円は最低限用意された方がいいです)きっと勝てると思います。

医療過誤に強い弁護士は少ないですが、検索すれば有名どころはすぐに出てきます。
こちらで紹介するわけには行きませんがぜひぜひそうされてください。

医療過誤に強い弁護士はあなた方の立場に立ってくれる産婦人科医や神経内科医を証人に立ててくれます。

ご質問がございましたらお続け下さい。



docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。弁護士此方で紹介するわけにいかないと、書いてありますが、検索で探さないといけないのでしょうか?事故事由としては、手術DVD有る整形外科医に見ていただいたら、上記のようなこと言っていました。素人目に見てもそう思いました。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
このサイトは専門家紹介サイトではないので残念ながらできないのですが、医療過誤 弁護士と入れて検索されればいろいろ出てきます。
大き目のグループがいいと思いますよ。

もしご質問がさらにございましたら書き込まれておいて下さい。
ただ、ちょうど勤務が詰まっていてお返事は遅くなります。
でも必ずお力になりたいのでお返事を書かせていただきます。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問