JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Prof-lawに今すぐ質問する
Prof-law
Prof-law, 弁護士
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4
経験:  有名私立大卒 平成15年から弁護士 現在アソシエイト弁護士数名を擁する法律事務所を経営
71582184
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
Prof-lawがオンラインで質問受付中

12月17日の質問に対しての回答が未だきません。要は上記の医療事故の慰謝料の一日あたりの基準額(判例に基ずく)を知り

解決済みの質問:

12月17日の質問に対しての回答が未だきません。要は上記の医療事故の慰謝料の一日あたりの基準額(判例に基ずく)を知りたいんです。または包括的でもいいだすので。どうか御社に期待したのを裏切らないでもらいたいものです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  Prof-law 返答済み 4 年 前.
医療 ミスであることが認められるなら、慰謝料を請求できます。

交通事故の場合と違い、医療過誤等の交通事故以外の慰謝料の場合に、実務上明確な基準はありません。
ですが、交通事故の基準が参考になります。

ちなみに、交通事故による傷害で、6ヶ月通院した場合の慰謝料は、116万円が基本とされています。

この基本に加減要素として考えられるのは、ミスの内容の軽重、傷害の部位、程度の軽重などです。
利き腕の指という点からは、部位は重大といえ、慰謝料を加重する要素となります。

なお、加重する場合の%は、交通事故の基準上、20-30%とされています。
Prof-lawをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


早速の回答有難うございました。おかげさまでこれからの交渉に於ける基準がわかり安心しました。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問