JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

癌が確認され治療方針の検討をする為に病院へ行った処、医療ミスがあったと担当医から謝罪をされました。 今後の治療は行うとして、他に何かあれば いつでも受けますので言ってきてほしいと

質問者の質問

癌が確認され治療方針の検討をする為に病院へ行った処、医療ミスがあったと担当医から謝罪をされました。
今後の治療は行うとして、他に何かあれば いつでも受けますので言ってきてほしいとの事でしたが、このような
場合の「何かあれば…」とは どのような要求が可能なのでしょうか?
約3年ほど前に胃癌がみつかり全摘出の手術をし、何とか退院。その後も定期健診(経過観察)で通っていた。1年
9ヶ月程前にヘルニアの手術をしており、その際の検査で肺の腫瘍がレントゲン写真に写っており、検査医が念の為
とその時点でCTも撮 影し、担当医師に結果を送信していたが、この送信を担当医が見落としており、その時点で
あれば手術で除去できたが、現在は片肺の全摘出になる。ただ他の要因から全摘は不可能であるとして別の治療
方法を検討中。今回、腸の不調での検査でたまたま肺癌がみつかり、以前の記録を検索していた時に見落として
いたデータを発見。その時点であれば簡単に済んでいたものを、謝っても取り返しがつかないが…申し訳ないと。
今後の治療について最新新薬の効き目を予め計ってくれていたり、前回の抗癌治療中に起きた原因不明の病気と
の関連も調査頂いていたり非常に手を廻して頂いています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
医療過誤の分野で活動する医師です。

たいへんな経験をされたんですね。
お気持ちをお察しいたします。

何かあれば。。。の部分は医療過誤における保障ということになるかと思いますが、その線で考えられているのでしょうか。
確認させてくださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
保障と言う形が明確かとは思うのですが今後も同じ医師に治療を担当してもらう為、金銭の要求が妥当なのか今後の治療に対する治療費の負担と言う形が考えられるのか、また他に要求をしておくべき事項があるのか?どう言う形で合意をすればよいのか(法的な書面のようなものが必要なのか)また、このまま敢えて要求などのしないと言う選択もあるものでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
保障と言う形が明確かとは思うのですが今後も同じ医師に治療を担当してもらう為、金銭の要求が妥当なのか今後の治療に対する治療費の負担と言う形が考えられるのか、また他に要求をしておくべき事項があるのか?どう言う形で合意をすればよいのか(法的な書面のようなものが必要なのか)また、このまま敢えて要求などのしないと言う選択もあるものでしょうか?
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事をありがとうございます。
そうですね。
それではこういたしましょう。
いろいろなケースを想定して私ならまずは資料をのぞいてみると思います。
同じような過去の判決のケース。
そして実際の保障の計算方法などですね。
そしてどうされたいかはあなたご自身が決められてください。
しかし、法律的に動かれたいならお一人では決して合意に応じないことです。
なぜなら病院側には病院の加入している損保会社による損保基準がおおよそ定められていて、弁護士/裁判所基準よりははるかに低い金額が提示される可能性があるということです。
しかし、人の間違いはありえる、担当医も謝罪しているのだからそれをすべて許すということももちろんあなたの選択のひとつでしょうね。

それではいくつかの資料を提供させていただきますので、よく考えられてください。
またこのような場合、弁護士は医療過誤に強い弁護士が担当します。
ネットでも簡単に検索できますし、お近くの弁護士会から紹介してもらってもいいでしょう。

http://jami2009symp.info/calculate.html

http://www.medicalonline.jp/pdf?file=hanrei_201012_12.pdf

http://www.mikiya.gr.jp/Oversight_of_the_cancer.html

http://ameblo.jp/doctor-d-2007/entry-10026162027.html

http://avance-iryou.doorblog.jp/archives/5798670.html

http://avance-iryou.doorblog.jp/archives/1518491.html

いかがでしょうか。
だいたいの様子はわかっていただけるのではないかと思います。
ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問