JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

初めまして、83歳になる父のことでご相談させていただきます。 実は9月中旬に脱腸の手術をし五日間入院しました。その

質問者の質問

初めまして、83歳になる父のことでご相談させていただきます。
実は9月中旬に脱腸の手術をし五日間入院しました。その一カ月後お腹の調子が悪いとの ことで再度病院の検査を受けたところ重度の便秘と判断され五日間入院し治療を受けました。その入院中のことですが入院中に高齢からくる譫妄があり病室を徘徊するような行動があり退院する前日の明け方に病室を徘徊しているところが目撃され朝の巡回時に右側額に打撲痕を発見したそうです。
医師が診断したところ問題はないとのことで大した治療も検査もせずその日の夕方に退院しました。
私が迎えにいったところ母親に支えられなければ歩けない状態で、このような状態で退院していいのか不安に思いましたが母親も慣れない入院で疲れたんでしょうとのことで連れて帰りました。
夕方帰り、本人も落ち着き夜9時には寝ましたが、明け方3時に一旦起き上がろうとしたのですがそのまま倒れこみました。軽い鼾もかいていたので家族は少し様子を見ようとそのまま朝を迎えたのですが全然起きる気配がないので様子がおかしいと思い救急車で病院に運んだところ、急性硬膜下出血を起こしていて緊急手術となりました。
それから11日たちますが容態は安定していますが意識は戻っていません。
倒れた翌日から右目の周りが黒ずんで内出血をおこしていましたが傷口は絆創膏がはってありみえなかたのですが、手術後4日目に額の絆創膏が取れていたので初めて額の傷をみましたが3針も縫っていました。
驚いて、縫うほどの傷があり打撲を確認しているのならなぜすぐ頭部の検査をしなかったのだと質問したところ当初より担当者が言葉を濁していたのですがなおさら言葉を濁し、改めて医師より説明をさせてもらうと話をかわされました。
後日説明がありましたが医師の説明では、打撲した朝の回診では問題は見られず検査も必要としないと判断したので問題はないと言われました。
縫うほどの打撲があったのに検査を必要としなかったのかと問いただしたところ、当日は縫うような傷が見受けられなかった、縫ったのは頭部の手術をしたときに傷が大きくなっていたので縫ったとのことです。
本当に手術当日縫ったのかそれとも打撲したときに縫ったのかわかりませんが本人は入院中も譫妄があり言っていることがおかしいと思われるような状態でしたので当然本人の口からは聞いておりませんし高齢の母親も頭をぶつけたようだと聞いてはいましたがこんなことになるとは母親も周りも思ってはいませんでした。
急性硬膜下血腫は外傷によるものが原因のほとんどだと聞きましたがそうであれば医療に従事する者が高齢の入院患者がその程度はどうであれ病院内で頭を打撲した結果、頭部の検査をしたほうがよくないかという判断を誰もせず、退院させ結果このような症状を見過ごすことになったことに非常に不信感をもちます。
医師の判断ミスなのかそれともこういうことはあり得ることなのかわかりませんが相談させていただきたく連絡をさせていただきます。
宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

大変なことになりましたね。
ほんとうにお気持ちをお察しいたします。

私は医療過誤の分野で活動している医師です。

事故当時の目撃者は誰もいないのですね。
意識を事故当時失ったかどうかもわかりませんか。

迎えにいったところ母親に支えられなければ歩けない状態、と書かれていますがその状態を目撃したのはご家族だけですか。
看護師はそばにいましたか。

これから移動しますので席をはずしますがこのほかにもこれは、という情報がございましたらぜひ書き込まれて下さいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事ありがとうございます。


まず事故当時のことですが看護士が通常の見回り(夜中ですが時刻は不明)に父親の病室に見回りにいったときにベッドにおらず、隣のベッドから出てきたと聞きました。そこの時点で打撲を発見したのかそれとも翌朝の回診時に発見したのかは不明です。


父親が傷を負ったところは誰も見ていないと思います。


病室内を歩いていたとのことですので事故当時は意識はあったと推測されます。


迎えにいったときのことですが、看護士が言うには6階の病棟を出るときには普通に歩いて挨拶もしてエレベーターに乗ったとのことです。


しかし私が1階の病院内であったときには以前は普通に歩いていた父親が母親に支えられふらつきながら歩いていました。


外へ出て道路の向かい側にある駐車場に行こうとしましたが危険を感じたので止めそこに座らせ車を回してきました。


車に乗っていても見慣れた風景のはずですがどこを走っているのかも理解できませんでした。


これが当時の状況です。


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.

そうなんですか。

お返事をありがとうございます。

病院側にすればお父様の徘徊癖に関しては知っていたわけで事故が起こる可能性はあったという意味で十分予見可能な事態であったと思います。
徘徊していたお父様を放置した病院側に絶対的に責任があるケースです。

またお父様のように目撃者のない頭の事故、それもご本人は認知症のような状態で事故当時のことをうまく説明できないなら、医師は迷わず脳のCT検査をするべきでした。

そのような裁判例が同じものはありませんでしたが

http://www.ami-inter.com/kouken/kaigo.html

この最初の裁判例をご覧下さい。
看護師が何十秒かの次元で患者を監督していなかった時に起こった事故で病院側が敗訴しています。
お父様のケースは無監督であった時間がそれ以上のものですよね。

私なら急性硬膜下出血はまちがいなく病院で起こった頭の打撲によるものであると簡単に証明ができるケースですので病院に責任追及をすると思います。

医療過誤に強い弁護士が必要です。
お近くの弁護士会から紹介していただくか、ネットでもいくつか見つかります。

ぜひそのように動かれてください。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。

docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

こんにちは、先日地元の医療トラブルに強いという弁護士に相談してみましたところ、医者の判断ミスを認めさせるのは難しいと言われてしまいました。


理由としては、こういう老人はたくさん入院しているがそういう患者をずっと見ている訳にはいかずそれでも注意する責任があるというのならそれこそベッドに縛り付けておかなければならなくなる。


だからそこの責任を追及するのは難しいと言われてしまいました。


>私なら急性硬膜下出血はまちがいなく病院で起こった頭の打撲によるものであると簡単に証明ができるケースですので病院に責任追及をすると思います。


簡単に証明できたとしてもそのことで責任を追及することは現実的にできるのでしょうか。


それは医療ミスとして訴訟を起こしていくということでしょうか。


わからないことばかりでどうしたら良いかわかりません。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そう言われて引き下がってはいられません。

その弁護士がすべてであるとは限りませんし、泣き寝入りされる必要はまったくないと私は思います。

訴訟に持っていかれるならその覚悟で別の弁護士にも相談されるべきでしょう。
ネットで、医療過誤を扱っている弁護士グループが無料で相談にのっています。
ご利用になってはどうですか。
医療過誤、弁護士と入れると最低二つは出てきます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

いつもありがとうございます。


先日ネットで探した新宿のアヴァンセリーガル法律事務所の無料相談に行ってきました。


まずカルテの請求と協力医の意見書を書いてもらうだけで50万近くかかると聞き驚きました。


更に訴訟となると約70万、今も医療費がかかり大変なのにとても無理です。


ましてやもし敗訴となればその金額は捨てなきゃならないとなると考えてしまいます。


金が用意できない人間は泣き寝入りするしかないかとあきらめます。


ただ、自分でカルテの請求をし、父親に当初より何がおきたのか良く考えてみたいと思います。


いろいろとアドバイスをいただきありがとうございました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご報告ありがとうございました。

そのようなお金を請求されてさぞかし驚かれたでしょうね。
弁護士依頼はとかくお金が要ります。
しかし、カルテだけでも、と頑張って無念をはらそうとしておられるご様子、頭が下がります。

きっとお父様も感謝されていることでしょう。

また何かございましたらぜひご相談くださいね。
ありがとうございました。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問