JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

歯科のトラブルです。歯医者の、医療ミスではなく、仮に、悪意ある処置によって、数本の歯が、傷つけられたとしたとき、

質問者の質問

歯科のトラブルです。歯医者の、医療ミスではなく、仮に、悪意ある処置によって、数本の歯が、
傷つけられたとしたとき、裁判を視野に入れて、患者は、どういう準備をすればいいのてしょうか。
証拠を、どのように、示せばよいのでしょうか。
きた、どこに相談すればいいのでしょうか。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  satomi-admin 返答済み 4 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。こちらはユーザーサポートです。

残念ながら、ご投稿の質問への回答が現時点ではまだ寄せられていないため、質問の優先順位を上げております。また、質問内容が明瞭かや、ご設定の質問料金が適切かなども再度ご確認ください。

弊社サービスやご利用方法に関するお問い合わせは、XXX@XXXXXX.XXX まで Eメールでお問い合わせください。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私は医療過誤の分野で活動している医師です。
回答がなかなかつかないようですので、基本的なことをおさえさせていただきます。

医療ミスでないと書かれているのですが、まず最初の一歩は医療過誤に強い弁護士を雇われることです。
データの解析のできる専門医を弁護士を通じて雇われることが唯一の方法であると思います。
弁護士を通してカルテを開示してもらいます。その解析にはかなりの労力と時間がかかると想像しますが、専門医に任されたほうがいいですね。

この時点で唯一お勧めできるのは繰り返しますが医療過誤に強い弁護士を探すことです。
そしてその道の専門家で、あなたのケースを弁護してくれて報告書をまとめてくれる医師を探してもらいます。
医療過誤に強い弁護士にのみこれは可能ですね。

医療過誤に強い弁護士は検索されてもいいですし、お近くの弁護士会から紹介してもらうこともできます。
ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 医療過誤といいますのは、医師が、処置時に、その行為が、正しいとして行った処置に、結果として、誤っていた、とする意味だと思っています。その解釈は、正しいでしょうか。


 もし、正しいと思っいない、処置をして、結果を予想できるとしたら、そして、仮にその結果になったとしてら、それも、医療過誤というのでしょうか。


 


 次に、トラブルとなった処置が、たとえば、スケーリング(プラークコントロール)という名で、行われた場合、カルテをみても、何もわからないと思います。


 歯医者の診察台は、歯科医師の密室という場合も、あると思います。


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お返事ありがとうございます。

具体的にどういうことが起こってどの点が問題なのかが私にはわからないのですが、
医療事故の定義は、

医療に関わる場所で、医療の全過程において発生するすべての人身事故で、以下の場合を含む。なお、医療従事者の過誤、過失の有無を問わない。
ア 死亡、生命の危険、病状の悪化等の身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合。
イ 患者が廊下で転倒し、負傷した事例のように、医療行為とは直接関係しない場合。
ウ 患者についてだけでなく、注射針の誤刺のように、医療従事者に被害が生じた場合。
そして医療過誤は医療事故の一部になっていますよ。
少しでも当てはまるならあなたには訴える権利はありますし、どのようにアプローチするべきかも弁護士との相談になるでしょう。
今現在の歯の状態があなたの経験された悪意の行為によるものである可能性であるかどうかは別の歯科医によって証明されないとお話にはなりませんからね。

それで可能性がないのなら無理であるケースであると思います。
でも泣き寝入りすることはないのです。
どうか申し上げたように相談だけでもされてください。
相談だけなら1万円くらいですみますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 抽象的な問い合わせに、戸惑わせて、すいません。


歯について、普通以上に神経質になっていることは、確かにあります。


しかし、もう少し続けさせてください。


 


 仮に、削る必要のない歯の、削る必要のない部位(たとえば歯の裏側)を削ったとしたとします。その結果の問題点は、いまうまく説明できません。


 


その処置を、別の歯科医によつて、証明する方法として、どのような方法があるのでしょうか。また、どのような手順で、行えばいいのでしょうか。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
ですから、どの歯医者でもいいというわけではないのです。
弁護士を通じた歯科医です。
法律の場で訴えたいと思っておられるなら専門家がついていないと勝ち目はありません。
そういう専門家はあなたが探せるレベルのものではないということです。

もし、見た目にわからないようなことでも弁護士はあなたの訴えをうまく弁護できるような方法を考えて専門家を立ててくれるでしょう。
ただし、見込みがその逆にないならそれもはっきり言ってくれると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 弁護士に相談するとした時、医療過誤に詳しい弁護士を、どのようにして探せばいいのでしょうか。


 先生は、この分野で、活動されていますので、どのような事をポイントとして、どこで探せばよいのか、お教え願いますか。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
http://furuta-law.jp/index.html

http://www.iryo-kago.com/

http://www.avance-lpc.com/

このようなところが有名ですが、お近くの弁護士会にお問い合わせになってみるのもいいと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 医療過誤の裁判は、その医療の結果、すでに大きな被害が出ているものだけなのでしょうか。


 即ち、現在の状態は、軽微な不快感で、例えば半年後一年後に悪化の予想をさせる、そのような処置は、裁判で、扱える事例なのでしょうか。



 所沢の富士見産婦人科の事を思い出します。良心的医療を売りにしている医者でも、経営によっては、変わりうることは、実感しました。


専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はっきりとあなたの状態がわからないので私にはお答えができないです。
十分な説明をしてもらったわけではないですし。
申し訳ないです。
唯一お勧めできる方法は今までに書いたことでしょう。
それ以外には思いつかないです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

60代の男性です。現在、神経のある歯は、9本(上3本、下6本)です。クラウン、義歯が10本です。


インプラントが、3本入っています。抜歯状態が、2箇所(右上4、左下5)有ります。


(同一医院で治療、自費診療)


 一か月半前、抜歯(上記)の抜糸をおこなった時、スケーリングをすると言われました。女性の方がとりかかったところで、少しして、担当の医師に変わりました。それから、歯に来る振動の様子の変化や、異常な興奮を覚えました。スケーリングの振動は、微振動で心地よいのですが、それが、削っているという感覚に変わったからです。それでも、まだ必要な処置かもしれないと思っていました。技術は一流だと思っていました。


 それから、一週間ぐらいして、違和感が出てきました。上の歯茎が少し痛みだし、下の歯茎が痛み出し、歯茎の上下が、熱っぽく感じられるようになりました。また、前下の歯の裏側などに特に、食べ物が挟まるようになりました。 


 同医院には、もうかなり前から掛かっていますが、次の治療計画を、考えたのでしょうか。


 削るという行為ですから、私の歯に証拠は、残っています。それをどういうように、証明したらよいのか。それが発見できる歯医者に期待したいと思っています。その医院の技術は、一応一流ですから、その削り方は、巧妙でしょうし、私の歯を知り尽くしているので、その点が心配です。


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
そうだったんですか。

それはたいへんな経験をされました。
歯が削られてしまったことを証明することは簡単でもそれが悪意ある行為であったことを証明するのは難しいかもしれませんね。
でも、そちらとして黙っていられないお気持ちはほんとうによくわかります。
残っている歯がそんなふうになってしまってほんとうにお気の毒です。

このまま泣き寝入りされないでいただきたいという気持ちでいっぱいです。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問