JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

83歳の母が、7月14日多臓器不全という診断で他界しました。実は、心臓弁狭窄症の人口弁への交換と冠状動脈のバイパス手

質問者の質問

83歳の母が、7月14日多臓器不全という診断で他界しました。実は、心臓弁狭窄症の人口弁への交換と冠状動脈のバイパス手術をしたのですが、当初5時間から7時間の手術ということでしたが、8時間たっても10間たっても家族に何の連絡もなく12間たってやっと手術はまだ完了していませんが、弁交換はスムーズにいったのですが、交換後の心臓の血圧が内圧と外圧の差が交換前と変わらないのに原因を特定するのに時間が掛かってしまった。
原因は、右心室出口付近の弁より手前に瘤があって弁と同じ くらい狭くなっていたので、一度閉じた心臓を再度切開して、解決したとのことでした。しかし、そのご、内部出血が続き肺の動きを圧迫し心圧低下と血圧の低下症状が現れ、人工心肺装置の圧力を上げて対応する状況でした。ドレンパイプで対外への排出効果が少なく改善が見られなかったので、再度開胸手術をして洗浄した結果、血圧の安定は見られましたが、依然として人工心肺装置に頼る状態は続き、黄疸の症状が出始めました。6月23日に入院し、27日に手術して以来一度も意識が回復することなく7月14日、人工心肺装置や人工透析の機械を取り外し息を引き取りました。死亡日から今日まで71日経過していますが、福岡大学病院からの請求がありません。執刀医や担当医師を信頼して手術に臨み、疑う余地はありませんでしたので今日に至りました。術前の検査は、唐津日赤病院にてカテーテル検査等入念な検査データを持って福岡大学病院の判断を仰ぎ、成功率は85%以上ということでした。しかし、10%~20%の死亡率もありえることをご理解下さいとの説明を受けました。こんなに長い間、病院からの請求が来ない現実もありえるのでしょうか?術前の見落としや、判断ミスがあるから請求が来ないのかなと思えるようになってきました。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

弁護士の先生方からお答えがつくかと遠慮しておりましたが私の意見を書かせていただきます。
医療過誤で活動している医師です。

お母様、ほんとうに残念なことになり、お気持ちをお察しいたします。

内容を検討させていただきましたが術前の見落としや、判断ミスがあるから請求がこないということではなく事務上の遅延であると私は思います。
医療過誤があったからといって請求がこないということはないです。

お気持ちはよくわかりますが、あなたの疑いは正しくないと思います。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

質問は、医療ミスがあるから請求か来ないので すか?とうことではありません。カテーテル検査で、心臓弁の開度1mm以下の開き具合が判るのに、それ以上に大きな心臓内部の瘤を判断することが出来なかったのか、という事です。右心室の弁は、通常健康な成人であれば、20mm程度なのに対し、母は0.6mmくらいだったそうです。しかし、心臓弁を交換した後に一度閉じて心圧の差が多きことに気付き、再度切開して血液の出口が1mm程度に圧迫されるほど大きな瘤が見つかってそれを切除するのに時間が掛かったと言ってあります。1mm以下の弁開度が発見できて、20mm以上の瘤が術前に発見できなかったのかという事です。医療的に専門も方でないと判断がつきづらいと思います。今回の回答程度であれば専門家に相談するまでもありません。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
?のついているご質問がメインのご質問であると思いましたので申し訳なかったですね。

この医療過誤のサイトで活動しているのはほとんどが法律関係者ですからこの問題にお答えするのは難しいです。
医療サイトでも何人か医師はおられますが心臓外科の専門医は登録されていません。
でも私は両方で活動していますので、医学的な面でのアドバイスはできます。

そのような大きな瘤はカテーテルではなく心臓のエコーやMRIでピックアップできたはずです。
カテーテルでは血管のつまり具合や圧力は測れても心臓の解剖学的な構造的なものは見ることができません。

それに関しましてはエコーは必ず撮られていたと思うのですが画像を解析した医師のミスであることは考えられます。
MRIはもしかして撮っていなかったかもしれませんね。

瘤の発見に関する私の意見はおそらくどの医師に聞いても同じように答えることでしょう。
それが今回の残念な結果につながったかどうか、因果関係を証明する専門医がこの場合医療過誤を立証するには必要となります。
そういう専門医は医療過誤に強い弁護士を通して見つけます。
もしどうしても納得がいかなくて慰謝料を請求したいのであれば弁護士を見つけることは必須です。

私の申し上げましたことを元に、医療過誤に強い弁護士にご相談ください。
そしてそれは検索されてもいいですし、お近くの弁護士会から紹介もしてもらえます。
相談だけなら1万円くらいで済みますので納得されないならそのステップを踏まれることをお勧めします。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書きいれられてくださいね。




医療ミス・医療事故 についての関連する質問