JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

歯の抜歯により菌血症になりそのばい菌の感染により腸腰筋膿瘍と腰推炎を発症してしまい3ヶ月間の入院治療という苦痛と背骨

解決済みの質問:

歯の抜歯により菌血症になりそのばい菌の感染により腸腰筋膿瘍と腰推炎を発症してしまい3ヶ月間の入院治療という苦痛と背骨の損傷をうけてしまった、この歯医者とは20年間以上のつきあいではあるが、今回の治療はブリッ ジのなかで相当腐った歯を抜歯するのにばい菌が血液中に入らないように最善の治療方法をつくさなかったがために、今回このような病気になり、私は抜歯しなければこのような病気にはならなかったのは事実であります、
これは私の過失で病気になったのではなく、注意不足で安易な抜歯治療によって腐っていた歯のばい菌が血液を感染させ重篤な病気を私は発症してしまいました、今回、裁判外で最低でも私が支払った3ヶ月分の入院費用を弁償してもらいたいと思っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

わたしは医療過誤の分野で活動する医師です。

今回はずいぶんたいへんな経験をされたんですね。

お答えを書く前にいくつかお伺いしたいことがあります。

今回の菌血症の原因になったバクテリアの名前を教えてください。
次に抜歯後抗生物質は処方されましたか。
もし処方されたのならどのようなものであったのか教えてくださいね。

あと、腸腰筋膿瘍と腰推炎を発症されたのは抜歯後どれくらいあとですか。

これに関しまして勝てる見込みがあるという場合は弁護士にご相談されるおつもりでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お答えを書く前にいくつかお伺いしたいことがあります。


 



今回の菌血症の原因になったバクテリアの名前を教えてください。


  血液培養ではぶどう球菌です


 


 


次に抜歯後抗生物質は処方されましたか。


5月1日入院しました  1日3回最初の点滴はメロペンでした、その後CRPが22.9から4.6まで下がりましたが、しばらくして5.6にアップしたため


点滴をゾシン+ダラシン2種類を1日3回に切り替えました、入院から約1ヶ月半後CRPが良くなってから、錠剤のクラビット500mg抗生剤に切り替えました、それと後遺症で左足の神経が過敏になり左足が痛くなって歩けなくなってしまったのでリリカ75mgを1日2回飲んで治療しています。


 


 



あと、腸腰筋膿瘍と腰推炎を発症されたのは抜歯後どれくらいあとですか。


抜歯は4月25日でその2日後の4月27日から腰が痛くなり始めましたが


なんで痛くなったのかその時は判らずに生活をしていたら、だんだんと痛みが強くなり、 4月29日の日曜日あたりは腰も背中も痛くなり、 30日月曜日は寒気が出るほどの40度の熱が出てしまいましたので、 5月1日自宅近くに昭和大学豊洲病院がありましたので、 朝一番に行き診察検査をしましたら腸腰筋膿瘍だということで即入院ということになり内科へ入院しました、その後しばらくして入院中熱が37度くらいまでさがってきたということで、MRIで腰の検査したところ背骨に膿瘍があるのが判明し内科から整形外科へ同じ病院ですが移り治療しておりました。


 


 


これに関しまして勝てる見込みがあるという場合は弁護士にご相談されるおつもりでしょうか。


 


勝てるという見込みがある場合は弁護士さんに相談したいです、


しかし、歯科医に裁判で勝つには因果関係を証明するのに難しく時間が相当かかるようですので、 裁判外においてでの交渉で、歯科医が患者に対して十分な検査をすることも、ひどい口臭がする原因になっていたほど腐っていた歯を抜歯する危険性について、具体的な説明することもなく、抜歯と称して漫然と次から次へと患者の歯を抜歯したいたことは、検査義務違反、説明義務の必要最小減の医者としての義務に違反していると思います、なぜならこの病気は私の過失が原因で発症し苦痛に耐えるような病気になったものでは絶対にないからです。


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お返事ありがとうございます。

抗生物質の件ですが、歯科医から何か処方されたのかが伺いたいのですがいかがでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.


歯科医からは抜歯当日に痛み止めの薬をもらっただけです、

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お返事をお待ちしましたが、このケース 勝ち目はあると思います。
しかし、前提として抜歯後歯科医からの抗生物質の処方がなかった場合です。
そのことに関して伺いましたが、文章からはなかったように思います。
抗生物質の処方がなかったという事実はこの歯科医の落ち度を突ける大きな事実です。

http://textbookofbacteriology.net/normalflora.html

ここにもはっきり書かれてありますが、虫歯の原因になる歯石を作るのがブドウ球菌です。
ですからあなたのひどかった虫歯、くさった歯にはたくさんのブドウ球菌が存在していたことはまちがいないですね。

それを無視して抗生物質も出さないであなたを帰宅させたこと、やはり因果関係は大有りでしかるべき専門医を弁護士を通して雇えばその証明は可能であると思います。

残念ながらあなたのようなケースは二度と繰り返したくないケースですが、病気になられたタイミング、血液培養検査からすでに証拠となるバクテリアが検出されていますし、弱気にならないで弁護士を雇われるべきです。

http://www.medicinaoral.com/pubmed/medoralv13_i6_p355.pdf

このサイトに詳しく抜歯などの歯科施術後の菌血症について詳しく載っています。

よって医療過誤に強い弁護士をぜひつけられるべきであると思います。
そしてその弁護士からこの道に詳しい感染症の専門家を立ててもらってください。
医療過誤に強い弁護士は検索されればたくさん出てきますし、無料相談もネットでできます。
またお近くの弁護士会にお願いして医療過誤に強い弁護士を紹介してもらったらいいでしょう。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れて下さいね。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問