JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

交通事故の医療過誤についての弁護士費用。 昨年の夏に交通事故にあい、秋に眼窩底骨折の手術をしたのですが、何も改善さ

質問者の質問

交通事故の医療過誤についての弁護士費用。
昨年の夏に交通事故にあい、秋に眼窩底骨折の手術をしたのですが、何も改善されなかったのでセカンドオピニオンを行いました。
新しい病院に行って、前回の手術は医療過誤の疑いが出てきました。
弁護士さんに相談しようと思っております。
こういった場合の弁護士費用は自腹になるのでしょうか?
現在の治療費などは加害者側の保険屋に支払っていただいてます。
回答お願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
医療過誤の分野で活動する医師です。

ご質問の件ですが、弁護士費用は残念ながらあなた個人の負担になります。
ですが、成功報酬という形をとれる場合もあります。
それは交渉次第でしょう。

看護師さんとの長いやりとりをじっくり拝見しました。
ほんとうにたいへんですね。

個人的な意見を医師の立場から書くこともできますがいかがですか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました!


やはり自腹ですかぁ(-"-)仕方ないですね。


とりあえずは手術を頑張ってきますね。


前回の質問も見ていただいたそうで、ありがとうございます。


ぜひ先生の見解もお聞かせ願いたいです。


よろしくおねがいします(*´∀`*)

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

まず指摘させていただきたいことは、最初に怪我をされた時に下直筋と呼ばれる筋肉がかなりダメージを受けていたとしたらどのようなパーフェクトの手術をしたとしても複視は治らないということです。
このあたりの情報はあらかじめ手に入れたほうがいいでしょう。

手術のタイミングですが緊急のオペが必要な場合は、シビアな眼痛、そして眼球が上転できないときの二つの時です。

そうでなければ自然回復がどのような場合でもある程度は期待できますので手術は見合わせるというのが近年のコンセンサスです。
通常は最低3週間くらいは観察期間をおき手術をするか決めます。
3週間の時点でまだまだ複視が回復しつつあるようでしたら手術は待ちます。

眼球の陥没についてですがこれに関しましたはケースバイケースで、あなたのように得をしている場合もあるくらいですのでこの陥没を避けるために手術をすることはしません。
陥没の発生度に関しては手術を2週間以内にしようが3週間以降にしようが結果は同じという統計があります。人それぞれ気になる程度かどうかが違うからなんですよ。

ただ一点、気になったのは骨折部が広範囲だったのにそのすべてをカバーするだけのインプラントが行われなかったようですね。特に後方部がしっかりカバーされていませんと術後複視や陥没の原因になります。ただし、術前と術後の複視等があまり変わっていないので術後複視が出たとは言えなさそうですが。
それだけがとても気になりましたがその他の点では医療過誤として戦うには少し弱いケースかなというのが正直な意見です。
それに最初に指摘しました下直筋のダメージ度がわからないので。。。

私は外傷センターに勤めていますのでこのようなケースをよく扱っていますので詳しいです。
看護師さんも一生懸命お答えされていましたがおそらくネット以上の知識はないので仕方がないとは思います。

医師それぞれ意見は違うかもしれませんがだいたいのコンセンサスをまとめてみました。

再手術を受けられるということですのでうまく行きますことをお祈り申し上げています。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます!


 


黒目がずれてることが気になり、斜視担当の先生に聞いたことがあります。そのときに下直筋のダメージだと言われたことがあります。最初の病院ではそんな説明もちろんありませんが。じゃあ複視は治らないのですね。しかも手術が遅かったせいではないのなら仕方ないです。


 


でも、目が上転しないとゆうことですが、今もですが、明らかに左目よりは上に上がっていません。緊急手術適用ではなかったんでしょうか・・・?しかも観察期間も3か月もありました。


 


あと、後方部のカバーの件なんですが、最初の医者は「目は引っ張り出せないから下に骨をひくしかない」と言ってたんですが、目はへこんでないと言ってみたり、引っ張り出せないと言ってみたり、なんか今思い出しても不信なことばっかなんですよね・・・。


 


医療過誤というには弱いケースですかぁ・・・残念です。


でも外傷センターの先生に回答いただき感謝しています。


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
上転と言う意味は上を向いた時に眼球がまったく上がらない状態ですがそうですか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

いえ・・・全く上がらないわけではなかったです。


左よりは上がってないぐらいです。


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうですか。
それでは緊急手術は適用ではないですよ。

docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。分かりました。訴えたら負けそうですね^^;とりあえず来週の手術を頑張ります。ありがとうございました(*´∀`*)
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
頑張ってくださいね。
お大事に。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問