JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter,
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 141
61894791
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

母が腹痛を訴え深夜(6/18 23:30頃)、救急病院に搬送されました。レントゲン・CT等の検査でやや危険と判断(6/19

質問者の質問

母が腹痛を訴え深夜(6/18 23:30頃)、救急病院に搬送されました。レントゲン・CT等の検査でやや危険と判断(6/19 1:20頃)されたのですが、6/19 6:00 頃迄点滴のみでした。

この時点で看護士が呼吸がおかしいことに気付き酸素マスクを付けました。

病院に搬送されたときの当直医はこの病気(イレウス)の専門ではありません。
主治医はこの日の朝(8:00頃)普通に出勤してきてから母のことを知り容態を見てもう手遅れと判断したようです。入院してからこの時まで母のことは知らされていなかったそうです。

入院してから死ぬまでの間に自分で点滴の針を抜きトイレに行ったそうです。
この頃までに適正な処 置をすれば亡くならなくてすんだのではと思ってます。

当直医は他の患者を診ていたそうで、専門外であるとはいえ、やや危険との結果が出たのに専門医に連絡することもなかったようです。
こう言った場合にとられてしかるべき処置(手術等)を行わなかった為母は入院して半日余りで死亡しました。

主治医と話した結果、当直医(母の病気に対して専門外)が他の患者の対応等で忙しい為、点滴のみの処置だった事が分かりました。私がそれなりに調べた結果でもこの時の処置は誤っていたと思います。

主治医も適正に対応していたら、結果は違っていたかも知れないと言ってます。助かっていたとも言いませんが。。

近々(7/17 14:00)その病院の院長と当直医を交え話をします。先方は私に医者を同行してもよいと言います。しかし私はそのような先生を知りません。

どこかこのような時に専門家として相手の医師と話をしてくれるところがありましたらお教えください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
今回のご質問を伺いまして、次の点がどう見ても、当直医の過失の可能性が極めて高いと思われます。
>>深夜(6/18 23:30頃)、救急病院に搬送されました。レントゲン・CT等の検査でやや危険と判断(6/19 1:20頃)されたのですが、6/19 6:00 頃迄点滴のみでした。この時点で看護士が呼吸がおかしいことに気付き酸素マスクを付けました。
それですと、看護師が酸素マスクを 付けるまでの間、救急患者であることを医師(当直医)は把握してなければ不自然です。容態が急変した場合には、速やかに措置を取るか、自らで措置が取れない場合には、専門の医師に連絡し、来てもらうか、真に合わない場合には、対応を聞くか等のいずれかの措置が取られなければ、患者(お母様)が死亡する恐れは通常でしたら想定されます。

>>当直医は他の患者を診ていたそうで、専門外であるとはいえ、やや危険との結果が出たのに専門医に連絡することもなかったようです。

この言い分は、今回の行為(患者に対して、十分なケアを施さず、死亡に至らしめた)について、自己の行動を正当化できるものではないでしょう。

まずは、医療過誤の専門の弁護士に相談して、弁護士同行の下で、話し合いに臨んでみてはいかがでしょうか?ご自身のお近くの弁護士会等に相談してみましょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事ありがとうございます。

しかし私が望んでいるのは相手の医師と対等に話が出来るドクターです。

 

と言うのは、今度の話し合いでX線写真やCT写真を見せられて専門的な話しをされて、煙に巻かれたりしたくないからです。

 

まだ相手が最終的にどう言うのかを確かめてから、必要であれば弁護士にもお願いしないといけないとは思っています。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問