JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

母が食欲不振(腰椎骨折もあり)で入院したところ、胆嚢炎が見つかりドレナージを実施しました。その後原因不明の敗血症にか

解決済みの質問:

母が食欲不振(腰椎骨折もあり)で入院したところ、胆嚢炎が見つかりドレナージを実施しました。その後原因不明の敗血症にかかり39℃以上の熱が出て危険な状態になり、医師から十分な説明がないので大きな病院に転院しました。そうしたところ輸液を注入していた下大静脈に大きな血栓ができておりこの血栓が細菌の巣になり、敗血症を引き起こしていることがわかりました。すぐに血栓を取り除くべく治療を開始しましたが、十二指 腸潰瘍で吐血して病状がさらに悪化しました。十二指腸は前病院に入院時に荒れており、前病院では治療済みで治ったと転院後の病院には報告しています。潰瘍がいきなりできるわけでもなくここもおかしいと思います。下大上脈の血栓はカテーテルを入れたために形成されたと思われますがカテーテルの危険性も説明がありませんでした。また、すでにMRSAにも感染していたにもかかわらずそれに対する治療もされていませんでした。

このような場合、最初の病院を医療事故で訴えることは可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

お母様のご様子たい へんですね。
現在はどの様な状態でいらっしゃいますか。

まず、潰瘍の件ですが大きなご病気で床に伏せておられるというだけでストレス性の潰瘍ができることもありますよ。
タイミングにつきましては急にということもあり得るかもしれません。
ただ、そういうことを見越して、お母様の場合は既往があったわけですから予防薬を点滴で静脈から投入しておけばよかったのにと思うと残念ですね。

次に血栓は確かにカテーテルが原因でしょう。
事前に説明がなかったことは残念なことです。
必ず医師は可能性として起こり得ることは十分に説明する義務があります。

MRSAに関しましては主治医に情報がなかったのでしょうか。
そのような重要な情報はほんとうに重要なことですのに。
これに関してまったく治療に考慮されなかったのならそれは間違いであると思います。
しかしそれは確認する必要がありますね。

敗血症の原因が前病院にあるとすればもちろん医療過誤になりますね。
ご質問がございましたら書き込まれて下さいね。


質問者: 返答済み 5 年 前.

母は4月に亡くなりました。身体が衰弱し、肺炎で亡くなりました。

 

十二指腸潰瘍については点滴で治療薬を注入していましたが治ったかどうかは胃カメラ等で確認するべきではないでしょうか?転院先の病院には十二指腸潰瘍は治ったと報告していました。治療薬を注入すれば治るものではないでしょう。治ったとの報告で血栓を溶かす薬を使用したために吐血したとも言えます。

 

前病院では敗血症の原因菌について検査はなく、20年前?治療を思わせるセファロスポリン系の薬剤の注入だけ行われていました。これは異常だと思い転院したのですが、いまどき原因菌を特定せず治療するのでしょうか?ファイザーという医薬品会社にいましたが考えられません。

 

医療訴訟をすべきでしょうが現在思案中です。イニシャルコストがかかりすぎることがネックになっています。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お母様、ほんとうに残念でしたね。
お気持ちをお察しいたします。

十二指腸潰瘍に関しては症状が治まったら確認することはしないことが多いです。

吐血した理由は血栓を溶かすお薬のせいかどうかは今から確認のしようがないですね。
しかし、血栓を溶かすお薬を使う前にちゃんと出血しないかどうか全体像を確認しますよね。
脳内出血なんか一番怖いですから。

敗血症の原因菌は突き止められることもありますが、突き止められないこともよくあります。
抗生物質をおそらくもう胆嚢炎のために使っておられたでしょうから菌の特定はさらに難しいかもしれません。
しかし血液の培養はされていなかったんでしょうか。
もししていなかったのならおかしいですね。

原因菌が特定できても特定できなくても敗血症の治療は同じです。
輸液と抗生物質ですよ。

医療訴訟にかろうじて引っかかる可能性があるのはカテーテルの挿入の際に十分な説明がなかった部分です。
説明をしたという記載がカルテになければそれに関しては責められると思います。

http://furuta-law.jp/


このネットワークは医療過誤にとても強い弁護士を集めています。
ご相談になってみてはどうでしょうか。
ご質問がございましたら書き込まれて下さいね。



質問者: 返答済み 5 年 前.

おっしゃるとおり医療過誤と言えるのはカテーテルの危険性について十分な説明がなかったことでしょう。

 

でも医師として不誠実なのは

1.胃カメラでの検査なく十二指腸潰瘍が治ったと判断した

2.血液培養もしないで敗血症の治療を行った

  転院した病院ではMRSAが検出されている

3.母のような重症者を見れる病院でもないのに大病院を紹介しなかった

                                      などなど です

そして病院として

 MRSA患者が発生しているのに適切な処理がされていない。

 

医師からの目線と患者からの目線は違うのだと思いました。訴訟を行うのであれば病院および医師の態度も重要な要素になると思います。そういう意味では誠実さのない医師と病院だと言わざる負えないと思います。

 

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
おっしゃりたいことはよくわかりますよ。

この3点に関しまして、病院側とお話をされてもいいのではないでしょうか。
その時の会話は録音された方がいいですね。
お話し合いを申し込まれてそれいかんでどのように持っていかれるか決められてもいいのではないでしょうか。
私もあなた側のお話しか聞けないのでいったい医師側はどのような考えであったのか非常に興味がありますね。
弁護士に高いお金を払われる前にとられるべきステップかもしれませんよ。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問