JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dentist_trustに今すぐ質問する

dentist_trust
dentist_trust, 歯科医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 49
経験:  平成4年九州歯科大学卒業 平成4年~大学病院口腔外科研修を経て 病院口腔外科勤務 平成13年5月より現職
62773489
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
dentist_trustがオンラインで質問受付中

2010/10/4に総合病院(基幹)の耳鼻科で顎下線腫瘍の手術を受けたが、口の麻痺などの障害が残ってしまった。医者に

質問者の質問

2010/10/4に総合病院(基幹)の耳鼻科で顎下線腫瘍の手術を受けたが、口の麻痺などの障害が残ってしまった。医者には術後すぐ「神経を2本切りました」と言われていたので、退院後どの神経を切ったのか?と尋 ねたところ、「神経を切らなければ腫瘍が取れなかった、顔には関係ない」と言われました。術5カ月後医者は転勤になってしまったので、病院側に医者の説明に矛盾があるので、麻痺の原因を調査して説明してくれるように訴えましたが、結局麻痺は軽くて後遺症はない、
という判断でした。これに納得いかず、病院と2回の面談をして、顔面神経を切りましたと、最終的に言われたものの、ミスは認めないで神経を切らなければならなかったとの同じ主張に納得いかなかったので、今は病院側に、第3者機関に調査してもらっています。この時カルテ開示してもらって見たのですが、3つの重要な神経はみんな温存したと記載してありました。カルテ記載の疑問だらけに対して病院側とどう交渉しようか悩みます。医者の責任は問えるでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  dentist_trust 返答済み 5 年 前.

 ご質問ありがとうございます 顎下腺腫瘍摘出の手術後の神経麻痺でお困りでのご質問ですね しびれや顔の表情が思うようにいかず さぞご不便をこうむっておられる由 お見舞い申し上げますとともに 無念なる心中お察し申し上げます 私は歯科医師ですが日本では歯科口腔外科でも顎下腺腫瘍摘出の手術は多く行われております

 まず ご質問の内容ですが 顎下腺腫瘍摘出術の術前の説明の内容をもう一度お確かめ下さい 術前の説明では この部位の手術は顔面神経の走行がある部位であり 手術の外科操作で神経の損 傷がどうしても避けられない場合があります 否 どうしても腫瘍を摘出するためには神経の障害が避けられないこともあります そうした現状からするとミスとは言えない場合が多いのです といいますか ミスを証明することは大変困難があるかと思います 顎下腺腫瘍摘出手術の術後の合併症として最も多いのが顔面神経の麻痺であり または三叉神経の知覚障害なのです

 具体的にはまぶたが閉じられなくなる 眉を動かせなくなる 笑ったときに口が横に広がらなくなる 口をすぼめることが出来なくなる 味覚が分からなくなる 唇がしびれる 目の下がしびれている などなどです これらはすべて起こるのではなく 手術によって どのあたりの神経が傷害されてしまったかによって 発生する症状が異なります もちろんひどい場合にはこれらすべてが起こってしまうこともあります 

 従いまして 必ず術前に術後の神経麻痺の可能性があるということを必ず説明されます これは解剖学的にもそうしたリスクが最も高い部位であるためです そうした事実を事前に承知した上で手術を受けることを承諾されたのかどうか もちろんそうした障害を被ることが嫌なのであれば 手術を受けることを拒否することもできたのです

 もし法的に争う必要があれば あなた自身がそれらの合併症が起こることを知っていて手術を受けたのかどうか そのあたりが争点になるかと思います 術前の承諾書を今一度確認して下さい

 顎下腺腫瘍そのものが悪性である場合にはもちろん腫瘍が周辺に浸潤していきますので 当然その周囲の神経組織が腫瘍によって障害されて 手術をしなかった場合でも麻痺が生じることももちろんあります またその症状が生じてきたとしたら あなたの命そのものにかかわる もっと重大な結果を招くことにもなっていたかも知れません 

 今回のことはあなたにとって大変残念に思いますが 病院側も正当な主張と言えども 煮えきれない様子ですね もう少し病院側の誠意が感じられるような対応だとしたら あなたの心が救われたのではないかと思います 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

術前の医者の説明不足ということは病院も認めて執刀医と科長に厳重注意、でしょうかね、科せたと部長から伺いました。麻痺や口の歪みが出ると言う話は医者からも伺 いましたがイメージしがたく、でもそんなミス(と思いました)、でたらいやなのでしばらく迷いました。また承諾書にも合併症の記述はありましたが、麻痺は術後出ても回復するのだと思い医者にも確認して、「回復する」という答えを伺ったので、では手術をこの病院で受けますと言ったのです。そして麻痺が治らなかったら手術はしませんと言いました。納得いかないのは術後に神経を2本切ったと言ったのに、退院後に、切った神経は顔に関係ないと言われたことが、事実と矛盾しているからです。後に病院から顔面神経を切りました、と言われましたが、カルテには、3つの重要な神経は全部温存してあると記されていました。これらからも事実と違うカルテ記載は大問題と思うのです。それでも医者の責任は無いのかと思います。

 

専門家:  dentist_trust 返答済み 5 年 前.

 ご質問ありがとうございます そうですね そのあたりについてもう一度ただす必要はあると思いますね 神経障害が治るか否か たとえ術後の説明があなたにとって事実と異なったとしても 神経の障害は不可避の事項と理解して頂かなくてはなりません

 ただ外科的に神経を切断したりせず温存してあっても ピンセットでつまんだだけでも 麻痺が出ることもあります 実際に手術をした医師が説明しないことには納得されないのではないでしょうか 

 残念ですが医師の責任を問うことは難しいとしか申し上げられません 法律の専門家ではありませんが 法的責任を問うのであれば専門の弁護士さんと相談の上でお決めになられた方がよろしいかと思います

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3412
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
 
 
 

医療ミス・医療事故 についての関連する質問