JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

心臓大動脈弁置換手術及び冠状動脈バイパス手術を3月15日に行いましたが、22日脳梗塞を院内で発症。透析歴26年。21

質問者の質問

心臓大動脈弁置換手術及び冠状動脈バイパス手術を3月15日に行いましたが、22日脳梗塞を院内で発症。透析歴26年。21日透析前(9時29分採血)のINRが6.67に急上昇した処置としてヘパリン、輸液の点滴が午後二時に打ち切られ、同時にケーツーリバース10mgが注射されました。
22日6時38分のINRは1.38。脳梗塞発症確認は妻のわたくしが自宅からの携帯で異変に気づきました。21日の処置が22日の脳梗塞をひきおこしたのではないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
私は医療過誤の分野で活動する医師です。

本業は脳梗塞センターに勤める救急医です。

たいへんなことになりましたね。
今現在のご様子、リハビリをされているようですがお気持ちをお察しいたします。

確かに、ケーツーリバースの処置が早すぎた?可能性はありますね。
INRが上がった時点で 顕著な出血がどこにもないようだったのならワーファリンをやめて様子を見てもよかったのではないかとも思えます。
確かに梗塞を防ぐためにワーファリンを投与するのですが、それを急激にリバースしてしまったために血栓が飛んでしまったということは十分考えられると思います。

特に当日のINRは1.38で低いですから。

病院側はどのようにおっしゃっていますか。
これに関してどのように持っていかれたいか教えて下さい。

もし弁護士にご相談になりたいのであれば十分医療過誤となりえるケースだと思いますので、以下のリンクを参考までに張っておきます。
お近くの弁護士会に紹介していただくという手もありますよ。


docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

目下の疑問、ケーツーリバース投与時間が採血時間から

4時間たっていること

ケーツーリバースの必要があったのか?ワーファリン中止にとどめ再度採血すべきだったのではないか?

ケーツーリバース投与量がおおすぎないか?

ケーツーリバース投与のち3-6時間後に採血するべきではなかったか?

 

なんどか質問しましたが、処置は当院で通常おこなわれているしょち。

血栓が短時間ではつくられない。執刀医は透析のためのカルシュームの破片が飛んだ。

一方脳卒中のせんせいは当初人工弁による血栓と言いましたが、後でわからない。

執刀医は手術は完璧といいました。訴訟をおこしても勝ち目はない。

処置は最善をつくし、あやまりはない。

今はリハビリに集中しなさい。

もう一つ。

主人の異変にきづいたのが07:21私の携帯で。以後8:30 9:30 再度携帯で異変を確認

7:25ころ病棟に問い合わせをしましたが、看護師は体重測定もして心配いらないという返事

8:30ごろの医師の回診で発症確認

11:00ごろヘパリン、輸液点滴開始

 

発症から確認、処置までの経過報告は一切なく、昨日看護師長に申し入れ口頭で説明をうけました。

自宅から救急車で処置を受けたほうが早かったのではという疑問

看護師長からは謝罪はなし。

 

21日から大部屋希望をだしていたのですが、発症したので泊まり込みのため引き続き

個室。明日退院します。

予想外の費用、身体的精神的苦痛、仕事も休みました。言語障害、右手麻痺

運転して透析にかよっていましたが、今後近くの透析所まで付き添いタクシー

と不安、ショックはつづいています。

やはり、きめ細かい処置、看護師の対応は十分ではなかったとおもいます。

謝罪、そして誠意を形に表してほしいと思っています。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。

お気持ちは十分に伝わりました。
発症確認までも時間がかかているし、発症してからの処置も遅いです。
tPAは投与できなかったのか?
いろいろな疑問が湧きますね。

医療過誤に強い弁護士なら、いっしょに弁護をしてくれる専門医を探してくれます。
なるべくたくさんの証拠や情報を書き留めておかれることです。
時間が経ちますとすべてが曖昧になりかねません。

相談だけでもされてみて下さい。

ご主人様の一日にも早いご快癒をお祈りいたしております。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

操作がうまくできないので℡で弁護士事務所に相談してみます。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。

いつでもお気軽にご相談下さいね。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問