JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

去年の9月に整形外科にて脊髄刺激装置の取替えをしました。術後2,3日したらお腹が痛く血液検査にて炎症反応があるとのこ

解決済みの質問:

去年の9月に整形外科にて脊髄刺激装置の取替えをしました。術後2,3日したらお腹が痛く血液検査にて炎症反応があるとのことで点滴、抜糸は担当医の予定が他の医師が抜糸。退院時も血液検査にて炎症反応があり抗生物質をもらう。
退院後1週間後鼠径部、足の痛みが出て傷口もケロイド状になり診察受けるが、膿んでなくきちんとついているとのことで仙骨ブロック注射のみ、お願いして抗生物質をもらうが痛みがひどくなるが、他病院に紹介状を書いて貰っていたのでその日まで我慢、その病院で受診するが、紹介状にセカンドオピニオンと書いてあったので診察は無く、余りの激痛のため従来の病院で祭日のため以前の担当医師に受診、ケロイド状の傷口を見ていただいたが多分、化膿していないとの返答、多分効か ないと思うがとのことで座薬を処方。紹介状の件について翌日、担当医師は直接聞いていない、入院中は看護師にお願いし、セカンドオピニオンの文面があれば受診できないので、入れないよう申し入れ、他の看護師が後で来られ、当院では治療しないのか?診断によればそのようになると返答。病棟の師長は今日出勤の看護師は聞いていない、その時の申し送り書だけ無いとの返答。近くの大学病院の講師宛に紹介状を書いて貰う。受診日までの日まで、余りの激痛のため歩行難等のため、メーカーの紹介にて他病院の脳神経外科にて受診、膿んでいるとのことで、入院、装置摘出、膿瘍部分内臓の部分まで切除処置。その病院に紹介の講師が来られるとのことで脳外の紹介で受診するが、病名は言われず脳外の先生が、その大学のペインクリンックに紹介され、受診するがレントゲンの検査にてすべり症が判明するが、その部分は以前固定術をしてあるはずが、片方の骨は付いていないので当課にては根本の治療は出来ないとのこと。脳外にて再度同じ講師に紹介されるが、また病名も言わず、僕が手術しても20%位しか痛みはとれないとの返答。その後、脳下にて、薬等処方、再度、ペインクリンック紹介にて治療、脳外も処方継続中であるが、痛み止めが余り効かず痛みのため歩行難。以前、レントゲンを見た時骨が薄く写っていたので骨が付いていないのではの質問にきちんと付いているとの返答。18年前術後より腰痛のため何度か入院、病院ではがなぜ痛みがでるかわからないとのことで、通院、4年前突然脊柱管狭窄症の診断で手術するが、その後今まで痛くなかった左側の激痛が出る。18年前の手術不備により、脊柱管狭窄症、発症したのでは?、固定がうまく付いていないと私に説明義務があるのでは?感染症になっているのに診断ミスでは?紹介状の不備について?以上、4点については医療過誤ではないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.

はじめまして。

私は医療過誤の分野で活躍する医師です。

ご質問、何度も読ませていただいたのですが18年前にさかのぼる手術の件がはっきりしないので一般的なことしか申し上げられませんがご理解ください。

脊髄に関しましては非常に専門性の高い分野ですね。
また、他の体の部位もそうですが、脊髄に関しましては年齢と共に起こる変形が非常に大きく影響を与えます。
ですから18年前の手術不備が原因で脊柱管狭窄症を発症したとは一概には言い切れない部分が大きいです。もちろん私にもあなたにも手術の詳細はわかりませんので実際のところ固定がうまくついていないということが手術当初に存在していたのか否かはわかりませんよね


さてここで医療過誤の定義を書かせていただきます。

医療過誤とは、人為的ミスに起因し、医療従事者が注意を払い対策を講じていれば防げるケースを指します。

医師の診療ミス、診断ミス、看護師その他の医療スタッフとの連携ミスなどがそうです。


これに準じますと紹介状の不備に関しては医療過誤の定義にはあてはまらないと思います。


一番近そうなのが


感染症になっているのに診断ミスでは?


の部分なのですが、残念ながら実際に感染症がわかるまでに時間がかかっていますね。

あなたが抗生物質をお願いしなかったらそれも処方されなかったわけです。

そしてメーカーの紹介による他病院の脳神経外科で感染症がわかったということですからそれに関してはかろうじて定義にあてはまるかと思われます。


これに関してどのように持っていかれたいかにもよりますが、法的なご相談がされたいなら4点のうちこれが唯一可能性がありますね。


次の投稿でふたつほどリンクを貼っておきます。

参考にされてください。

お近くの弁護士会にお願いして紹介してもらう手もありますね。


質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございます。

18年前の手術は脊椎分離症のため、腸骨を削り4、5の骨に添えて付ける手術です。

4時間の手術予定が7時間半かかったそうです。なぜかステンレシワイヤーで補助して

あります。担当医師が転勤したので新しい医師になりレントゲンを撮られたら、他の病院

を紹介するとのことで、隣におられた整形部長が聞かれ自分が診るとのことで、その後

整形部長になり、その後すぐに腰椎の激痛のため手術予定で入院したが、手術前夜

痛みが軽減したら、手術が取り止めになり、説明は余りその部分はかまいたく無いとの経過があります。ステンレスワイヤーがあたっていたいのではの質問にそんなことは無いとのこと、はずしたらどうですかには、かまいたく無いとの返答です。腰の4、5の骨の左だけ付いており5番がすべっているようです。初めからついていなかったのではと思いますが、どうでしょうか?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
これに関しては18年前の手術記録がないとなんとも言えないですね。
腰の4、5の骨のことをL4、5と言いますが左だけが付いておりL5がすべっているという表現があまりよくわからないのです。
実際にフィルムを見ればよくわかるのですが。。。
腰の骨のすべりは手術のあとからでも起こりえますのでなんとも言えないです。

もしこの件に関しても弁護士に相談されたいのであれば18年前の記録が絶対的に必要になります。
もしそれが存在しないか手に入らないなら証明することは非常に難しいと思いますね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります。L4,5は腸骨で固定の手術をしてありますので、L5だけ前方にすべっているので、素人考えでは、L4,5が一緒にすべるのでは?と思いますがそうではないのでしょうか?左の添えた腸骨ははっきりと固定した状態で写りますのでL5が変にすべっているのでは?と思いますが?どうでしょうか?教えていただいた古田弁護士さんには相談いたしましたが、近く弁護士に相談して下さいとのことでした。

地元の弁護士に聞いたら医療過誤の経験が無く県外の弁護士に相談するしかありませんが、感染症の事例だけでは余り賠償金額が少ないのではとおもいますが如何でしょうか?

現在、整形外科の受診もしていませんが、病状は腰痛、歩行難のため、医師にはやかんさえも持たないように言われますが、良くならないと言われ、手術もしないほうがよいと言われますが、仕事もあり手術できる整形外科のよい病院を模索中です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

もう一点、「残念ながら、感染症がわかるまで時間がかかっていますね」の返答がありましたが、その理由を教えて下さい。前回の返答も合わせてお願い致します。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
L4L5のあたりは、健常な人でも一番頻繁にトラブルの起きる部分です。
手術後18年間も経っているということでですのでその間にとのようなストレスがそのL4L5にかかったかは私にはわかりません。
ですから証明するのが非常に困難であると個人的には思います。

これに関しては脊髄の専門医を訪ねる必要があります。

https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do


このサイトには認定された脊髄の専門医のリストが掲載されています。
参考にされてください。

ケロイド状の部分をだいじょうぶであると言われ続けていたのではないですか?
術後痛みが増すということは感染症の可能性も考えなければいけません。
この2点ですね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご丁寧にありがとうございます。

L5,4については、確かに痛むところだと思いますが、18年前の術後よりその病院に通院し

なぜ痛みがでるのかわからないと言われつずけ本日まで来ました。その病院では20年前

より患者の病歴管理をしているそうなので、その開示を求めるか?弁護士に頼み差し押さえ

をお願いし、いつからこの病変があったのか?初めから骨が付いていなかったのかわかるのでは?と思いますがご意見をお教えお願い致します。費用がかかっても弁護士にお願いしたほうがよいと人は言いますが?現在、モルヒネ等の痛み止めの効果も無くいろいろな痛み止めを服用していますが人は顔がはれてきていると言いますが医師はそんなことはないと言われます。最新のトラムセットも効果はなくこのまま服用しつずけて良いのか医師

としてどう思いますか?よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.
骨をそえて固定したのに骨が付かないことがあるようですが、付いてなかったとわかった時点で患者に医師は説明義務はないのでしょうか?
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
もし、手術が期待していない結果に終わったならもちろん説名をする義務はありますね。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問