JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

81歳、胃ろう造設のため入院中の病室で窒息し発見時には心肺停止、蘇生措置により心拍再開。ほぼ脳死と判断される状態で2

質問者の質問

81歳、胃ろう造設のため入院中の病室で窒息し発見時には心肺停止、蘇生措置により心拍再開。ほぼ脳死と判断される状態で2週間経過後、消極的安楽死を家族が選択し死亡しました。
事故が起きたのは肺炎がほぼ治癒後の経鼻経管栄養初日のことで、発見される1時間前に担当医が痰が絡んだ状態を確認していたとのこと。本人 は嚥下障害が強く、また発語不明瞭で自らの危機を言葉で伝えられず、両手はミトンをつけベッド両サイドに拘束されていました。心肺管理用のモニターは未装着。
窒息が容易に予見しうる状況下で、適切かつ十分な注意義務が果たされなかったために脳死に至ったと考えます。

病院及び担当医による慰謝料支払い及び窒息後の医療費返還が実現できる可能性は、どの程度と推測されますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。 私でよろしかったらお力になりますよ。

お父様、ほんとうにお寂しくなられましたね。
お気持ちをお察しいたします。

私は医療過誤の分野で活動している医師です。

さて、医師が痰がからんでいる状態を確認しているのにも拘らず、しかもお父様には嚥下障害も強い状態であり、なぜモニターをつけてもらえなかったかという点に疑問がありますね。
特にお父様の場合、両手を拘束 されている状態で、ご自分では助けを求めるボタンも押せなかったわけです。
治りかけの肺炎による痰の絡みが原因であったのか、それとも経鼻管から送り込まれた栄養が胃から逆流してそれを肺に吸引することによって窒息状態になったのか、その両方の原因なのか詳しくはわかりませんが医療関係者側から言いますとこのような事故は防げた可能性は強いと思います。

病院側からはどのように説明を受けられているのか教えていただけないでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご連絡、ほんとうに有難うございます。

 

心肺停止で発見後、詰まった異物を吸引した看護師によると、痰だけでなく栄養物もあったとのことでした。また蘇生措置では、最初の5~6分間は、反応がなかったとのこと。

 

12月1日に腸閉塞で緊急入院し、急性期を脱したので1月下旬に、よりリハビリを行える病院への転院を勧められ転院、事故は2月半ばに起きました。先の病院ではずっとモニターをつけていましたが、転院後は当初からつけていませんでした。

担当医に、モニターをつけていれば発見が遅れることはなかったのでは、と尋ねたところ、この病院では、機器類・人的対応にも限界があり、父の場合はつける必要がないと判断していたとのことでした。

 

転院後の病院では、見舞いに行くと口腔内の汚れが目立つことが多く、ケアが不十分であったことから、誤嚥性肺炎を起こした可能性を感じます。寝j具類の汚れも放置されていて、キャパシティを越えた入院患者を抱えているように見えました。

 

事故の前日、今後の胃ろう造設についての面談があり、痰の吸引は1~2時間ごとにしているとの話でした。事故日は通常昼間担当の看護師が休みだったとのこと。痰がからみやすい状態であることについて、個人的な申し送りはなかったような話しぶりでした。

 

以上です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。
私のお話したとおりのような感じですね。
栄養物が胃から逆流したのでしょう。

モニターがつけられていなかったこと、そしていつもの看護師さんからの申し送りがなかったようなこと、ほんとうに残念ですね。

この件をどこまで持っていかれたいかにもよりますが、弁護士をおつけになりたいのであれば医療過誤に強い弁護士に相談する必要があります。

ふたつほどリンクを貼り付けておきますが、お近くの弁護士会から紹介してもらうというのもいい手だと思います。


http://furuta-law.jp/


http://www.hou-nattoku.com/lawyers/search/index.php?field=6
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

今回、一番確認したかったのは、不適切な表現かもしれませんが、勝算の程度についてです。もちろん、弁護士の腕次第という部分もあろうとは思いますが、内容からすると、どんな敏腕弁護士でも困難な事案と予測できるのか、この程度であれば、医療過誤を扱う弁護士であれば慰謝料等を得られる可能性が高い内容と思われるか、という点です。

 

医療サイドの方として、その点をどのように判断されますでしょうか?仮にこのような状況におかれた場合、医療側の正当性を容易に主張しうるものと感じられますか?どこを、どのように突かれると、弱いと思われますか?

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
悪い結果を予測できたにも拘らず手を打たなかったという点を突けると思いますよ。
可能性は高いと思います。

弁護士先生にはそれをいっしょに弁護してくれる専門医を見つける仕事がありますが、実はこれが一番大切な作業でありますので数をこなして成功している弁護士を探すことは必須だと思いますが、可能であると思います。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

有難うございます。

 

先程ご紹介いただいたサイトを参考に、弁護士選定に動きたいと思います。

迅速丁寧なご対応、感謝申し上げます。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。

お父様の件は、ほんとうにご本人もお悔しいことでしょうし、できるだけのことはなさってくださいね。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問