JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dentist_trustに今すぐ質問する
dentist_trust
dentist_trust, 歯科医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 49
経験:  平成4年九州歯科大学卒業 平成4年~大学病院口腔外科研修を経て 病院口腔外科勤務 平成13年5月より現職
62773489
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
dentist_trustがオンラインで質問受付中

20年程前に一度前歯3本骨折し次の日には直ぐに、自分の歯を入れてもらい その後10年ぐらいして歯が合わなくなったの

質問者の質問

20年程前に一度前歯3本骨折し次の日には直ぐに、自分の歯を入れてもらい
その後10年ぐらいして歯が合わなくなったので さし歯のような歯を入れてもらいまして
去年の12月に歯の根元(歯茎)が痛み もともと通っていた歯科医ではなく
別の歯科医に行きました 月2回ぐらいのペースで通院してまして
何度か歯型を採ったりもしました最終治療の前に仮歯を付けた際 それ以前にも何度も仮歯的なものを付けた際も
下の歯より上の歯が中に入っているとゆう事は無かったのに最終日に いきなり上 の歯が下の歯の中に入って
ました(うけぐちのようになってました) 完全に付ける前に装着し「こんな感じになります」と鏡を見せられた時にショックで あまり何も言えずに、一応「こうじゃないと無理なんですね?」と聞いたところ「いや、無理ではないですけど、この方がいいと思いまして」と 言われ呆然としてしまい そのまま 装着となりました
治療が終わり 病院を出て20分程して母に相談の電話をしたら やり直してもらいなさい ということだったので直ぐに
歯科医に戻りやり直して欲しいと伝えたのですが はっきり言って、もうそこの 歯科医では治療を受けたくなかったので次の日に他所の歯科医で治してもらうので 今までのカルテとパノラマと治療費と模型を下さいと伝え
もらいましたが 治療費は最後の2回分だけです 一回一回の治療費が結構高くて 少しぼられてたと思うのですが
それよりも なぜ 本人承諾も無く受け口に していいのですか? 一応装着前に鏡を見せられたものの
ショックと驚きで対応出来なかったです 一刻も早く元に戻す治療に行きたいのですが こんな治療を受けて
なんだか納得出来ないのです。精神的ショックも大きいです 慰謝料の請求は無理ですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  dentist_trust 返答済み 5 年 前.

 ご質問ありがとうございます せっかく入れた差し歯が思うとおりにいかなくてのご質問ですね 慰謝料請求はご質問頂いた内容からだけでは大変困難かと思われます 

 まず去年の暮れからの治療の時点で完全にセメントでつける前にやり直しを求める事が必要だったのです その時点でならやり直しは比較的容易であったかと思われます

 法律上の解釈は法律の専門家に尋ねてみられるのもよいでしょうけれども ともかく一度支払ったといいますか 一度受けた治療行為に対しての費用は必ず発生します それを返してもらうことは医療の原則からいいますとできないことなのです 

 例を挙げますと顔をケガをして縫い合わせて ケガを治した場合に ケガの傷跡が残ってしまったから 不満に思ってやり直しをしてもらうとして 元の最初のケガの縫い合わせた治療費を返してもらうことはできませんね それと同じ事になってしまうからで す まだクラウンについての費用を返金して頂いただけ その先生は誠意をみせて頂いたと思いますよ 保険診療ではクラウンの治療費用は実は7割が歯科技工士さんに支払われる技工料で 歯科医院には3割しか入らないのです そういう実情は患者さんには伝わらないのですが あまりやり直すことを積極的にしない先生がいらっっしゃるのもこうした理由からです 大変残念な事になりましたね 

 ご質問の内容からすると最初の歯の外傷から30年が経過しているようですが 外傷の既往がある歯の治療はいろいろとトラブルに見舞われることも多いのです 

 今後は治療の箇所のやり直しを別の先生のところで 出来るだけ早くお受けになられた方が良いでしょう そのときには出来るだけ希望を相手に伝えて 自分の思いを理解して取り入れてもらえるよう努めることも患者さんの側としても必要なことだと思います

 後は上のクラウンをやり直してもらうだけなので それほど多くの時間を必要とはしないはずですから あきらめずに最後まで頑張って下さい

医療ミス・医療事故 についての関連する質問