JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

兄は緑内障です。医師には緑内障であることを告知しています。治療に「エビリファイ」という薬を処方されていたので

解決済みの質問:

兄は緑内障です。医師には緑内障であることを告知しています。治療に「エビリファイ」という薬を処方されていたのですが、この薬は緑内障にはよくないときいていました。。この処方によるものか定かではありませんが、緑内障が悪化しました。これについて、医師、薬剤師に対して損害賠償など請求をすることはできますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私は医療過誤の分野で活動している医師です。

エビリファイの詳細に関しましては、このサイトがお役に立ちます。

http://www.otsuka-elibrary.jp/di/prod/product/file/abc/ab_bnotk.pdf

抗精神病薬の中には、緑内障を悪化させる可能性があるとして注意書きがあるものもありますね。例えばオランザピンです。
しかし、エビリファイにはそういう注意書きは見あたらないです。
ですから、主治医もオランザピンではなく、エビリファイを選んでいるはずです。

よって、ご質問の損害賠償の請求は難しいと思われます。

http://www.mikiya.gr.jp/Medicinal_side_effects.html

ご参考までに。
質問者: 返答済み 5 年 前.

緑内障だけでなく、この時期、血糖値が上がる副作用、精神的に不安定になるなどの症状も出ていました。

特に医師の指示、血液検査もなく、別の意思に指摘されました。

これについてはどうでしょう?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お兄様は一体どういう既往がおありなのでしょうか。
糖尿病も、お持ちですか。
どういうことでエビリファイを服用されていたのでしょうか。

確かに、血糖値が上がる可能性についてははっきり説明書きに示されていますね。

どれくらいの血糖値であったのか証明できるものがありますか。
このようなことは、全てが証明できないと難しいですよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

兄は、まず、肥満であり、肥満治療をしていた。

緑内障が有るので三環系は使えない。デパス等も使えない。

当時、既に血糖値については指摘され、甘いものの接種を控えていたが、他の医師に血糖値は指摘されていた。

とは言いつつ、コーラをがぶ飲みしていた。

 

血糖値が急激に上がったのは、磁気は一致する。

 

無呼吸症候群(CPAP使用)。

うつ

軽度のアスペルガー症候群

 

血糖値に関しては定期的に血液検査をしていたので、内科の医師が所有しています。開示を求めれば取れるはずです。

 

全てカルテに記載されているので突合すれば時期が一致するはずです。

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ということは、内科の医師には血糖値の高いことは指摘されていたけれども糖尿病の治療は受けていなかった。つまり血糖値は高かったけれども治療するほどのものではなかった?のでしょうか。
エビリファイを処方した医師は血糖値のモニターをするほどのことでもなかったのでしょうか。

血糖値がその時期に高かったことで何か特にお兄様に障害になるようなことが起こりましたか。

さて医療過誤というものは、医療事故のうち、事故発生の予見可能性や結果回避可能性もあるにもかかわらず、医師や看護師等の過失により、患者が不利益を被る場合を指します。

この定義に当てはまるかどうか、難しいところかもしれませんよ。

質問者: 返答済み 5 年 前.

血糖値に関しては、治療する必要はなかったが、

エビリファイを服用するようになってから、a1cと血糖値が極端に上がり、食事療法をしても下がらなかった。ということです。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
それでは、こうしてみてはいかがでしょうか。

資料をすべてそろえてから、医療過誤に強い弁護士に相談をしてみるのです。

以下のリンクを参考にされてみて下さい。

http://www.hou-nattoku.com/lawyers/search/index.php?field=6

個人的にはこのケースは残念ながら弱いと思います。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問