JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

はじめまして、よろしくお願いします。 私は現在、看護師をしております。6か月ほど前ですが、同僚とある患者の処置

解決済みの質問:

はじめまして、よろしくお願いします。

私は現在、看護師をしております。6か月ほど前ですが、同僚とある患者の処置を行っていた最中 、私の不注意でその患者のもつ菌が同僚に感染してしまいました。結果、同僚は視力を大幅に失い、通院を余儀なくされております。

同僚は私に対して金銭的な要求をしており、それに応えるべきが悩んでいます。
以下に要点をまとめております。

1)私はまず雇用元である病院および上司に相談を持ちかけようとしましたが、同僚はそれを嫌がりました。
(怒られてしまうため)

2)私は病院で検査することを勧めましたが同僚は「大丈夫」との返答で1ヶ月間の間、検査を行いませんでした。

3)1ヶ月後、症状がでたため検査したところ、上記の患者の菌と同様の菌に感染していることがわかりました。

4)感染していることがわかったため、上司に相談しました。その際の返答は「報告が1か月も経過している、また通常の状態でも病院内にはその菌は存在しているため、病院側としては対応できない」とのことでした。

5)現在、菌は消えている(同僚の証言より)ため、実際に上記の件で感染したかを判別することはできなくなっています。当然、医療の現場ですので他の理由による感染も考えられます。
※菌が残っていれば鑑定する方法はありましたが、現在では不可能です。

6)病院側の労災も認定されず、金銭面でも同僚は一人で通院を続けています。そこで同僚は法律に詳しい友人に尋ねたところ、私に「業務上過失致傷」の疑いがあるとして、何らかの賠償を請求しています。また、それに応じない場合、法的手段も問わないと言っています。

7)私個人で上司に6)について相談したところ、責任はないと口頭で言ってもらえました。

以上です。

今後の何に気をつけて、どう対処するべきか。また考えられる最悪のケースはどのようなものか。
何卒ご返答のほどよろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
私は医療過誤の分野で活動する医師です。

よろしくお願いいたします。

少し質問があるのですが、何の菌ですか。
そして私の不注意で、とありますがどのような状況だったのでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
よろしくお願いいたします。

菌の名称はMRSAとブドウ球菌です。

また不注意についてです。
その患者は、呼吸器を装着しており痰からMRSAの菌が出ていました。
体位交換をするために呼吸器回路内の水が患者の気管内に入る可能性も考え、体位交換の前に私が呼吸器はずしました。
その際、同僚は呼吸器をはずすとは思っておらず、体位交換の体勢にはいっていました。

その際に、そこに同僚の顔が近くにあり、その呼吸器回路内の水がかかりました。その後、目を水道水で水洗いを行い、2人でその主治医にも相談したところ「それで感染はしない」との返事だったので、安心していまいました。

本来であれば私が呼吸器を外す際、お互い声を掛け合うか周りを確認する必要があったかと思われます。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
MRSAだろうなとは思っていました。

同僚の目からはMRSAが検出されているのですね。
菌が残っていれば鑑定が可能だが今は不可能、と書かれていますがそれはどういう意味でしょう。

今現在、視力は?
同僚の現在の目の状態はどんな様子ですか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

その患者はお亡くなりになられております。
また、同僚の話ではその菌は無くなり、点眼治療のみです。
そのため、鑑定は不可能だと認識しています。
※病院側からもそのように言われています

また眼の状態についてですが、現在0.2だそうです。
もともとは1.0程度だったと伺っています。

以前の同僚は休日、カラーコンタクトを使用していましたが、眼科医からは使用を止められていました。現在は2~3時間程度であれば装着してもよいそうです。
眼鏡は車を運転する時につけているそうですが、普段は裸眼で働いています。

私が聞いているのは以上です。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
それでは、同僚の菌がMRSAだと確認されてはいないわけですよね。

病院ではMRSAは常時存在する菌ですから、上司の言われたように、どこから感染したかは特定できません。
ましてや同僚の目の菌がMRSAだったかどうかを証明できないならあなたの責任は証明できませんよ。

そういう状態では「業務上過失致傷」は当てはまらないと言えます。

同僚の方も、すぐに検査を受けなかったのですし、あなたを責める気持ちはわかりますが、証明ができないものは罪にはなりません。

あなたには責任がないと言いたかったわけなのですが、他に何か説明不足のようなところがあれば指摘してください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
すごく安心しました。

同僚がその患者様のものでないにしろ、MRSAであることは確かです。
ただ、証明できないのは確かなので私も対応に困っていました。

同僚として、通院や病院を調べたりなどのサポートはもちろん行うつもりではありますが、金銭的な負担までしてしまうと責任を認めてしまうような気がしています。
おそらく、今後も同僚は同じ主張をしてくると思うのですが、それははっきりと拒否の意思を示す形で接すればよいでしょうか?
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。

そうですね。
おっしゃるとおりの態度で接すればいいと思いますよ。
あなたもほんとうにたいへんですが、ここはしっかりと折れないで対応されるべきですね。

いずれにしても、MRSAはほんとうに大きな問題ですね。
直接感染する場合もあれば、シーツや医療器具から間接的に感染する場合もあれば、ほんとうに感染源はいろいろで特定できません。

頑張ってくださいね。
docmmart, 医師
満足したユーザー: 4173
経験: 医師、准教授
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3414
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
 
 
 

医療ミス・医療事故 についての関連する質問