JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

私の弟六十歳(地方新聞の編集長退職)が三年前、岩手医科大学病院で左下の顎の骨に癌があり、放射線治療(最高の30回)と

解決済みの質問:

私の弟六十歳(地方新聞の編集長退職)が三年前、岩手医科大学病院で左下の顎の骨に癌があり、放射線治療(最高の30回)と抗がん剤、部位の切除手術(五時間くらい)を受け六か月ぐらいで退院仕事に復帰しましたが、その後ちょこちょこ骨のカス を削って肉を被せる治療をしていましたが、今年になって部位の左顔が大きく腫れて骨髄炎症が発覚しました。四月二十六日から放射線の副作用(炎症)を治療していますが、現在まで今年四月から三回の手術と今月10日に四回目の手術が予定しています。私が一昨日本人と会いましたが。すごく痩せて下顎も大きく落ちて、毛も薄く話も50%くらい落ちています。午後は毎日気圧のタンクにはいっています。歯科の先生は炎症の心配していましたが、治療する課が違うためか30回の放射線を浴びてしまいました。歩く体力はありますが今後とても心配です。顔の身体障害や命の危険、放射線のかけ過ぎの責任はどこに相談したら良いのでしょうか。何とか助けたいのでご助言をお願いします。岩手医科大学付属病院西病棟口腔外科主治医・冬城・阿部・山本の三医師です。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 6 年 前.
はじめまして。

私は、医療過誤の分野で活動している医師です。
私でよろしかったらお力になりたいと思います。

弟さん、本当に大変ですね。
闘病生活が3年と長くなってきています。
体力的なことばかりでなく、さぞかし精神的にもかなり滅入っておられることでしょうね。
お気持ちをお察しいたします。

さて、まずは、放射線療法に関する放射線量のお話をさせていただきます。

放射線治療はご存知の通り、癌の細胞を回復不可能な状態に持って行く治療ですね。
ただし、正常な細胞は放射線からダメージをたとえ受けても回復する能力を持っているんです。
その正常な細胞の回復力を保つために、実は放射線を少しずつ、回数を多くしてかけます。
つまり、大きな放射線を一回にどんとかけてしまいますと、がん細胞は破壊されますが、正常な細胞も再起不能な状態まで破壊されてしまうんですね。

ですから、あなたが心配されている30回というのは、良い意味があるのです。
30回に渡って少しずつ放射線治療をすることはいいことなのですね。

ちょっと、30回と聞けばものすごい量のように思いますが、それはすべて計算されたものなのです。
ここまでよろしいでしょうか。

次に、一般に癌の患者さんは体力が落ちていているだけではなく、残念ながらどうしても免疫力が極 端に落ちています。そのために、骨の難病である骨髄炎にかかれてしまったわけです。
骨の手術は必要であったのでしょうから、非常に残念なことですね。

この骨髄炎は、慢性化すると本当に長期の治療が必要で、私もちょくちょく糖尿病からこの骨髄炎にかかられた方を目にします。長期の抗生物質や高圧酸素療法等、本当に大変だと思います。

これから4回目の手術ということですが、ますます体力の必要なことになりますね。
どんな手術であれ、体力を消耗することは間違いないですから。
どうしても必要な手術であるのであればしかたがないですが、本当に体力的にもつものかどうか、主治医とタイミングを話し合われた方がいいですね。

あなたにもできることがあります。
それは弟さんの栄養に気をつけてあげることです。
意外と、これが忘れられてしまうのはどうしてかといつも思うのですが、じゅうぶんに口から栄養を摂取できていないようなら栄養補助食品をどんどん取り入れることです。
いいものが出回っていますが、主治医と相談されてエンシュアなどの飲めるタイプの補助食品を導入してもらって下さい。

今の段階で、保障等をどうしても考えたいのなら病院のソーシャルワーカーにまずは身体障害に関する公的な保障等をご相談になって下さい。
また、医療過誤に関してあり得るかどうかを考えておられるなら、カルテの開示も含めた中立的な相談が保健所の医療相談窓口でできます。

この時点で一番必要なのはあなたの精神的なサポートでしょう。
お元気になってもらうためにもまずは、体力、そして精神力ですね。




質問者: 返答済み 6 年 前.

現在、日本シャクリー社製の栄養補給食品のプロテイン一ケ月にい1Kg・ビタミンミネラル22種類の錠剤・カルシウム・ザイロン(熊笹の多糖体)・ニュートリフェロン(グラニュール一日一本)インターフェロンが体内で多くなり活躍が活発になる・ビタミンC のタイムリリース式一日500mgを二個ずつ三回に分けて、合計で3000mgを食べさせています。金額にして二万円程度補給し続ける予定です。サプリメーカーの信用度が分かればありがたいし、今後トータルカロチンやビタミンEも検討していますが如何でしょうか。水素水もありますが有効ですか宜しくです。

専門家:  docmmart 返答済み 6 年 前.
さすがはよく考えておられます。

水素水、効用を耳にしたことはあります。
手に入るのなら、試されて下さい。

さて、カロリー的にやはり足りないと思うのですよ。
やはりエンシュアをご相談下さい。

一日に3回飲めば、カロリー的に軽く1000カロリーくらいブーストできます。
病院で提供してくれるとおもいますが。

ビタミンEは、水溶性のビタミンでないのでとりすぎには気をつけて下さい。
カロチンも癌にいいといいますよね。いいアイデアです。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問