JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

娘が2010年7月に卵巣膿腫の摘出手術を受ました。2011年10月18日に腹部の手術後の違和感を感じるようになり、同

質問者の質問

娘が2010年7月に卵巣膿腫の摘出手術を受ました。20 11年10月18日に腹部の手術後の違和感を感じるようになり、同病院を受診。MRIをとることになりましたが、MRIがエラーになりました。原因が分からないので、CT撮影とX線撮影を行いました。CTおよびX線には小さな影が映っていました。原因は「尾骶骨の付近に金属片があると思われます」。という医師の説明を受けました。
11月4日に病院の説明を受けに行きますが、その時の対応方法および今後の対応方法について教えてください。体内に金属片が存在すること自体納得がいきません。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 6 年 前.
はじめまして。

私は医療過誤の分野で活動している医師です。

お力になりたいと思います。

過去に受けられた手術は2010年のものだけだと解釈させていただいてよろしいでしょうか。

尾てい骨あたりにある金属片ですが、その手術の際に外から入ったものではないか?ということですね。
確かにそれはあり得ることですね 。

もし、その金属が手術の際におき忘れたもの?等であれば当然医療過誤の対象になりますね。

それでは、まずは、一体どの様な鑑別が考えられるのかCTを読む専門家、放射線科医に読影してもらって、受けられた手術との関連を明らかにした上で行動を起こされてください。

それと同時に、中立な立場で相談にのってくれる公共機関として保健所がありますので、その医療相談窓口でご相談くださり、今後の方針を固めてください。

娘さんが一日も早くよくなられます様にお祈りしております。
もしその金属が娘さんの病状を悪くしているようであれば、取り除くことになるのでしょうが、もし今経験されている違和感が手術なしでよくなれるようならそれに越したことはないですしね。
実際、多くの方が、小さい金属片を体に持ったまま元気に過ごしておられるケースもあり、普通は金属片は感染症などを起こしにくいのでこれはその位置、その状況次第だと思います。
いかがでしょうか。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問