JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

昨年10月に「頸動脈狭窄」の手術の前段階として一泊二日の検査入院をしました。その際の「カテーテル検査」の結果、夜半に

解決済みの質問:

昨年10月に「頸動脈狭窄」の手術の前段階として 一泊二日の検査入院をしました。その際の「カテーテル検査」の結果、夜半になり「脳梗塞」を発症しました。入院中のことでもあり手当が早かったので後遺症は軽微と云われ退院しました。その際、半年後に後遺症が進行することもあると云われたのですがその通りとなり、今春3月より左半身の痺れ・麻痺が進行し、最近は生活に影響を及ぼすようになりました。大学の付属病院なので若い医師が検査を担当するのは容認するとしても指導する医師も1~2年先輩の若い医師でベテラン医師は立ち会っていませんでした。病院からは謝罪の言動は一切無く、費用も全額請求され支払いました。「頸動脈狭窄」の手術は他の病院で無事すませました。最近、後遺症がますます進行するにつけ前段の病院の対応に疑問・不信をいだくようになりました。これは医療過誤に該当するでしょうか。お教え頂ければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私はこの医療過誤の分野で活動している医師です。

このご本人は、ご家族でいらっしゃいますか。
ほんとうに大変ですね。お気持ちをお察しいたします。

まずは、頸動脈狭窄の検査についてですが、カテーテル検査のメジャーな合併症として脳梗塞があげられます。それは、検査の前の同意書で必ず説明をするものです。
カテーテルを通す際にどうしても血栓の一部や脂肪の一部などを飛ばしてしまうことによる脳梗塞ですね。
残念ながら、ご本人様もこのケースであったということです。

同意書のコピーは手元にはないでしょうが、カルテは開示してもらえますからご確認ください。

さて、今年3月のイベントは、おそらく新しい脳梗塞だったのではないかと思います。
症状が現れた時にすぐに 救急車を呼ぶべきだったのでは?と思いますね。

今後は、新しい箇所にしびれや麻痺が出たら、すぐに救急車を呼ぶことです。
しびれや麻痺に限らず、ものが見えないとか口が聞けないとか、正常でない神経的な症状が出たならすぐに行動を起こしましょう。
そうすることによって瞬時に治療をして後遺症を防ぐわけですね。

私は、脳梗塞センターに勤めているので、ほんとうに早期発見の重要さを身にしみて知っています。

ご本人はもちろんのこと、ご家族のご不満はよくわかります。
しかし、このケースは医療過誤とは言えない可能性が強いです。

しかし、中立な立場で相談に乗ってくれるところとして保健所の医療相談窓口がありますので、カルテの開示も含めて病院側とお話し合いをされたいならそれは可能だと思います。
納得の行くまで話し合うことはたいせつだとおもいますね。

なにかご質問があれば承りますよ。
いかがでしょうか。

リハビリはどうぞお続け下さいね。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご丁寧なご回答を有り難う御座いました。納得 いたしました。質問に書き落としましたが、検査は見るからに未経験なA検査医師で検査に先立ちB先輩医師から器具の説明を受けておりました。その先輩医師も1年くらいの先輩でした。検査は、A医師がB医師の終始の指導のもとに行われ、A医師は幾度となく有り難うございますと答礼していました。部屋には他に3人ほどいましたが皆若く何をしていたのか判りませんが指導者らしき医師はいませんでした。この場合、監督責任は問えないでしょうか。今一度ご見解を伺えれば幸いです。お願い申し上げます。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事が遅くなりました。
申し訳ございません。

先輩医師に十分監督能力があったかどうかという点で納得がいかれないのですね。
これに関しては、大学病院と直接お話し合いになるべきだと思います。
私の予想では、このような侵襲的な検査をする場合は、必ず十分に能力のある医師 の元に研修医が学ぶことと思います。つまり、医師としての経験は長くても、その道で能力のある医師であるかどうかは別のお話だからです。

ですからこの先輩医師がどういう資格を持ち研修医の指導を行っていたかは大学側から説明していただくしかないと思うのですよ。ふつう、検査をするたびにログをつけていますから、検査を何度やったことがあるかは記録があるはずですからね。これは隠せない事実としてあります。
その時点で、万が一にも先輩医師も能力にかけるようなことであれば、その件に関しては大学側の責任を問えると思います。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
昨日、担当医(検査した医師の上司で検査には立ち会っていない)に当日の指導医について尋ねましたところ、「研修医以外は全員、指導医」との回答でした。当人はその後転出の由。それにしてもいささか乱暴なシステムに思えるのですが指導医・指導教官についての定義・規則は無いのでしょうか。これで良しとしては患者はたまりません。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。

このサイトを参考にしていただけますでしょうか。

http://www.jsnet.umin.jp/


http://www.venus.sannet.ne.jp/stroke/newivr.htm



指導医は、学会の認定を受けていないとなれませんよ。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
http://www.jsnet.umin.jp/

これが指導医名簿です。

このようにどの学会でも指導医の定義ははっきりしているようです。

あと学会にメールができるようですので、直接伺ってみるのも手です。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問