JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

9

質問者の質問

夫が悪性リンパ腫で入院で9日でなくなりました。確定診断が下りる前で、補液の投与と抗生剤、解熱、血小板の輸血の治療だけでした。DICを起こして、ヘパリンやフサンも投与せず、血小板を輸血し、30分後に意識が低下し、心電図モニターが付いていたにもかかわらず、気 管内そうかんもせず、AEDもかけてもらえず、心マッサージ、酸素吸入とボスミン注射だけでした。AIをしましたが、脳出血はしてないと、担当医からいわれています。
DICで、血小板だけ輸血って妥当でしょうか。
心肺停止が急にきたというのに、AEDもしないんでしょうか。
なくなる前に、SAO2が70から80台で酸素8リットルまでいきましたが、血液ガスも取ってもらえず、悪寒による末梢血の収縮の為とかいわれました。呼吸困難時、血ガスとらず、パルスオキシメータだけの判断で妥当なんでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私は医療過誤のサイトで活動している医師です。
私でよろしかったらお力になりたいと思います。

さぞかしお辛いことでしょうね。
お気持ちをお察しします。

投稿された内容から、すべてをくみ取ることはもちろんたいへん難しいのですが、確かに何かおかしいですね。

DICの治療の基本は、その原因を治療するとい うことですが、ご主人様の場合は悪性リンパ腫という診断がつく前であったということですから、それは無理だったとしてもご指摘のようなお薬、ヘパリン等は使えたはず。
そしてこういう状態で気管挿管をされなかったというのはおかしいですね。
私は救急医ですが、呼吸が一番大切。呼吸不全をおこしているのならば挿管は先ず何はともあれしなければなりません。
心臓のモニターがつけられていたということですから、AEDは必要ではないのですが、心臓のモニターの波形によっては電気的ショックを心臓に与えます。

心臓が全く動いていない、モニターがフラット(平坦)な場合は心臓マッサージとボスミンのみで、ショックは与えませんよ。
ですからおそらく心臓の波形が平坦だったんだと思います。

しかしAEDのお話はともかくそれ 以外はどうもお話がおかしいですね。

カルテを開示してもらって調査をしてもらった方が良さそうですね。
やり方としては、保健所の医療相談窓口が最初の突破口で、そこから駒を進めて下さい。

納得の行くまで、説明を受けるべきです。
その権利はあなたには十分あると思います。

他に何か覚えておられることがあれば、忘れないうちにすべてを書き出しておいて下さい。
日にちが経つとどうしても記憶が曖昧になりますからね。

他にご質問があればどうぞ。



医療ミス・医療事故 についての関連する質問