JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

パーキンソンを患っている母が2年位前にベッドから転倒し骨折しました。3度の手術で肩と肘に人工関節をいれてますが肘の傷

解決済みの質問:

パーキンソンを患っている母が2年位前にベッドから転倒し骨折しました。3度の手術で肩と肘に人工関節をいれてますが肘の傷口がふさがらず 感染症にかかってるらしいです。手術の執刀医はすでに退職され後任の主治医から先日「手をつけることができない。このまま放置がいちばんいい」といわれ治療をしないのだから別の介護施設へ移設させて欲しいといわれました。どうやらそのドクターの話や看護師長の話の感じより手術が失敗だったように受け取られます。傷口は術後よりふさがらず穴の開いた状態で中の人工関節が見えた状態のままです。そんな状態で病院から放り出されるかまたこのまま入院していても治療らしきことはできないといわれました。手術の執刀医はすでに退職ですが勤務されていたとき話をしたくても避けるようにされていて「今がんばって治療中です」しか答えてくれませんでした。放り出されるのも大変こまりますが、毎日痛いと訴えている母の腕を何もせず放置されるのも納得いきません。転院の話はもちかけましたがどこもきっと引き受けないとあまりいい返答ではなかったのです。このまま泣き寝入りで入院費を払い続けなければいけないのでしょうか? 自宅へ帰ってきても今の状態では面倒を見ることはできません。一番の望みは病院に責任を取ってもらいたい。母の腕をもとに戻して貰いたい。それだけなのですがどうすればいいのでしょうか?
ご指導いただければ幸いです。 何卒宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私は、いろいろなケースを診察している医師ですが医療過誤に明るい立場におります。
ほんとうに大変ですね。

もう少し情報をいただきたく思います。
お母様はご高齢でいらっしゃいますよね。
糖尿病などの病歴はないでしょうか。
現在お薬は何を服用されているのでしょうか。

右 肘の人口関節の手術はいつで、いつから傷があいたままなのでしょう。
そのことに関してはどのように説明がありましたか。

お近くの施設で、創傷センターのようなものや創傷のホームケアをしてくれる看護師を送り込んでくれるような施設はありますか。
痛みに関しては、医師はどのように対処されていますか。
ペインマネジメントのようなオファーはなかったですか。

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります。 

母の年齢は昭和5年4月生で81才になります。

パーキンソンになってからは10年以上になります。

転倒を繰り返し2009年12月に3度続けて手術をしました。

手術内容は軽く説明を受けましたがなかなか難しくとりあえず

手術が必要なんだという理解の元で手術の承諾をしました。

 

術後直後から肘の穴はふさがらないままで

しばらく担当していた執刀医からは感染症の疑いがあるので

このまま抗生剤の治療をしますといわれ退院はいつになるかわからない

とのことでした。 

最悪は片腕をとりはずさなければいけないといわれました。

 

パーキンソン以外の持病はなく強いて言えば血圧が少々高めと

言うくらいで飲んでいる薬もおそらくパーキンソンを押さえる分のみだと思います。

ただ術後かなり痛がったので痛み止めを服用し

その副作用で十二指腸に穴があき一度開腹手術をしてます。

この手術もかなり大がかりで母の心臓に負担がかかり一時危険な時がありました。

 

その後すぐといっていいほどの時期で執刀医が退職され

現在後任主治医として別のドクターにかかっております。

そのドクターに治療ができない なおす自信がない といわれ

治療をしないのだから特養(施設)に移設してくれ といいました

でも母の肘は 穴が開き肘の周りは赤く腫れ上がり

腕が動かない状態です。

もう少しはやければ人工関節が外せたのにといわれました。

すでに周りの骨にしっかりついているので

骨を砕かなければ関節ははずせないとのこと

そんなこといわれても 私たち素人にはわかりません。

なぜこんな事になったのか?

なおしてもらうはずの手術がよけいに母を痛めつけてます。

 

昨年7月姑が同じ病院で亡くなりました。

畳の上で尻餅をつきせき髄の圧迫骨折です。

入院(5月30日)後腹痛を訴え食事もしなくなり排尿もなくなり

最後約1ヶ月後(7月12日)に胆嚢炎でなくなりました。

一ヶ月以上診察らしき事がなく

点滴に痛み止めいれてますから とかくらいで

その主治医も母と同じドクターでした。

何度も義父が診察を懇願しましたが、

主治医が整形で内科ではないとかで 

また主治医の指示が無い限り内科は動けないとかで

やっと内科医に診察して貰ったときにはすでに手遅れでした。

ドレン治療もできない。 もう今夜持たないといわれました。

なんでもう少しはやくいわなかったのかっていわれました。

その診察の夜に義母は亡くなりました。

 

そんな経緯があって

病院には不信感はありますが

実際今入院させてますのでどうすることもできません。

転院を望みましたが、 ドクターにあっさりけられてしまい

とりあえず特養にはいれず今のまま入院続行ということで

承諾しましたが、 そのまま治療もなく放置され入院費のみ支払わされるのは

なんか納得いきません。

現ドクターは感染症の菌がいつ体内にまわるか予測できないので

いつ危険になるかわからない。

安全は保証できないといいました。

危険な状態になっても責任は負えないから

そこのとこ理解してくれといわれ それもなんかおかしいなと思ってます。

なら菌を押さえようとして貰いたい。

痛みを和らげる方法を考えて貰いたい。

病院・ドクターの対応が納得いきません。

 

一般的にこういうケースはあきらめないといけないのでしょうか?

 

ご指導ください。

 

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。

病院にかなりの不信感がおありになるようで、今の状態ではほんとうにご本人にとってもごかぞくにとってもお辛いですね。
なぜ転院ができないのでしょう。
ご本人やご家族が希望した場合は受け入れ先を見つければ可能でしょう。
転院できそうなところをご家族だけでも回って見られましたか。
集められるだけの情報を持って受け入れ先をなんとか探したほうがよさそうです。

今の病院ではさじを投げているのになぜ転院がだめなのでしょう。

保健所にて医療相談ができる窓口がありますがご存知でしょうか。
転院に関しても相談に乗 ってくれるはずです。

今現在のご様子では、肘の傷が慢性化しているということ。そして、ご高齢のために血液や栄養が充分に傷口に回らず治らない慢性創傷という状態ですよね。
将来的に傷口が壊死してしまう可能性もあります。

創傷センターのお話しを伺ったわけはそういう傷を手がけている機関だからです。
そして、落ち着かれて痛みも感染の心配もなさそうになった段階でたとえ傷口があいたままでも在宅で、特別に訓練された看護師が毎日訪問して傷口の世話をしてくれるというオプションもあるわけですね。
今のままではしっかりしたペインマネジメントが絶対必要です。
昔、痛み止めのせいで潰瘍ができてしまった経緯もありますし、痛みによく効くお薬を潰瘍を防ぐお薬と一緒に取られなければいけませんし、それだけでも専門の医師が必要となります。
痛みを専門にしている医師もいるということを覚えていて下さいね。

今までの手術の経過がもう少しよくわからないため、私にはそのあたりを医療過誤としてとらえられるかどうかはよくわかりません。しかし、今現在の状態では、ご本人が絶対かわいそうだと思います。
転院することを積極的に進めていただきたく思います。

あきらめないでくださいね。


質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります

ありがとうございました

 

先生 もう1点だけ 教えてください。

こういうケースで 病院を訴えることはできるのでしょうか?

 

もし訴えた場合病院を徹底的に調査してもらえるのでしょうか?

 

ただ私達には転院という行動しか取ることはできないのでしょうか?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
医療訴訟を起こすには、病院側の過失から現在のお母様の不幸な状態があるということを証明できるかどうかが決め手になります。
たとえばのお話ですが、手術の際に同意書を取らずに勝手に医師が手術をし、今に至ったとしますよね。つまり、同意書が存在しないわけですからそこを争点に争えますよね。
医療側にどのような過失があったのか少 しでも証拠があればいいのですが、噂で手術が失敗だったからとかいうようなことでは大変難しいと思いますね。

そう、手術が失敗だったということがどこまで証明できるか、それが鍵でしょう。

ただ、カルテの開示を求める権利はありますから、開示を求められて医療訴訟に強い弁護士に相談されてみてはいかがでしょうか。その際に、思い出せるようなことや写真や記録、録音したものすべて揃えて行ったほうがいいです。
docmmart, 医師
満足したユーザー: 4173
経験: 医師、准教授
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3412
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
 
 
 

医療ミス・医療事故 についての関連する質問