JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

3

解決済みの質問:

3年程前の出来事です。
膝に水が溜まり注射で抜いて頂く事になり膝の裏に違和感が在り膝裏から注射針を入れました。
その時、激痛とゴムが切れて行くような感覚に襲われました。その日は、膝の今までの 痛みで
どのが痛いのか解らずかえりましたが次の診察で医師からMRIで撮影しレーザーでしるしを付けて
注射で水を抜きましょうと伝えられました。
初めからこの方法で治療してれば良かったのではと思いますが今でも階段などが在ると大変苦労しています。それに膝の前から水を抜いた時に黴菌を膝に入れられ内視鏡手術をするようにすすめられ治療費も私に請求されました。
これは医療過誤ではないでしょうか。教えて下さい。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 6 年 前.
膝の痛みに悩まれているようで、ご心配ですね。

膝にお水がたまったときの原因はなんと説明がされたのでしょうか。
あなたのお年や性別がよくわからないのですが、膝に水がたまる原因としては変形性膝関節症がありますね。

もしそのような診断がついているのならば、膝関節の軟骨が加齢によって弾力をなくし、骨が変形して痛みが出ます。
現在の痛みはそのため?かもしれません。
また、3年前と比べて現在の体重はいかがでしょう。
体重が増えるともちろん膝に負担がかかります。

私は、ERで働く救急医で膝に水がたまっておられる患者さんも診察することがありますが、通常は整形外科医と連携をとってお水を抜いてもらうことにしています。

医療処置ではどのような治療でもリスクはありますね。
簡単に言いますと、たとえ点滴をとるときにだって、皮膚や血管をつきぬけるのですから、少ないですがリスクもあります。
つまり、どのような医療処置でもバクテリアを外から導入してしまう危険性はあるというわけです。ただ、そのような説明が、水を抜く前になされたかどうかは、争点になると思います。
その点については治療費のこともありますし、然るべきところに相談されるのも良いかと思いますが。

ただ現在の膝の痛みが、3年前の医療処置(2度水をぬかれたこと)に関連するかどうかは証明するのはとても難しいような気がしますよ。
ふつうは、MRI無しでこちら(アメリカ)でも水を抜くことがほとんどですからね。

お役に立てますように。
質問者: 返答済み 6 年 前.

この水抜き時に膝裏の腱を切られ、現在歩行困難になっていますがこの医師に治療を受けるまえに個人病院にて診察し、リュウマチと診断そしてリュウマチの投薬の副作用で肝臓が悪くなるので内科のあるこの病院に紹介されてきましたので緊急で治療を受けているのではありません。

十分診察の時間もかけそのうえでこの有様では納得出来ません。

質問者: 返答済み 6 年 前.

この水抜き時に膝裏の腱を切られ、現在歩行困難になっていますがこの医師に治療を受けるまえに個人病院にて診察し、リュウマチと診断そしてリュウマチの投薬の副作用で肝臓が悪くなるので内科のあるこの病院に紹介されてきましたので緊急で治療を受けているのではありません。

十分診察の時間もかけそのうえでこの有様では納得出来ません。

専門家:  docmmart 返答済み 6 年 前.
わかりました。
膝裏の腱が切断されている状態が、最初の水抜きの後に行われたMRIで証明されているのであれば、話し合いは可能だと思います。

MRIが、争点になると思いますよ。
いかがでしょうか。
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問