JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: マツダ
満足したユーザー: 590
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに マツダ に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

デミオ13C-Vの初期型を購入しました。不満な点があります。 1.冬の寒い時の燃費についてです。寒い朝、エンジン始

解決済みの質問:

デミオ13C-Vの初期型を購入しました。不満な点があります。
1.冬の寒い時の燃費についてです。寒い朝、エンジン始動してから、20分~25分くらいの間はアクセルペダルの操作で、時速15Km/hくらいから20Km/hくらいは1800rpm、 40Km/hで2200rpmくらいのエンジン回転数です。つまりマニュアル車でいうところのローギアのままで、変速しません。アクセルペダルを離した時(アイドリング時)は1200rpmくらいです。仕事柄、短い距離の走行停止を繰り返す乗り方のため、燃費が5~6km/l(実測)でした。いろいろ試した結果、始動してから5分くらい走って、一度エンジン停止をして、また始動して走ると、以後は回転数は1400~1600rpm(40Km/h)にcvtがシフトして落ち着いて走ります。何度も試したところ、最初に始動した後、少しアイドリングするか、少し走るか、してから、一旦エンジン停止をし、再度始動すると落ち着いて変速して走行します。それでももちろん暖気が十分でない間は回転数は高めですが・・・・。
2.十分走った後では、ギアをニュートラルにし、アクセルを離すと、アイドリング状態になり回転数はメーターでは600rpmを指しています。この時ニュートラルのままで、わづかな空ふかしをしてアクセルを離してみると、800~900rpmで3~5秒間とどまってから600rpmになります。これも昔のキャブレタータイプでちゃんと調整してある場合は起こらない現象です。
以上の点について理解できないことが多いです。要は燃費を良くしたいのです。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: マツダ
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

エンジン及び、トランスミッションを制御するコンピュータのアップデートの必要がある場合がございます。

ご購入された販売店にご確認いただくことは可能でしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

9circle 様


 


有難うございます。中古で購入して9か月になります。保証がしっかりしている中古屋さんからの購入ですので、今の回答を踏まえて、貴方に投稿したことは内密に、まずは相談してみます。満足な応対が得られない場合は、県のマツダ自動車を探してみます。

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.

お返事ありがとうございます。

車載コンピュータのアップデートは一般的に認知度が低く、正規ディーラーも無料点検時や車検時にユーザーに告知せず済ませてしまうケースがございます。

ほとんどの場合、体感できないレベルのアップデートですが、やはり問題があったからこその措置ですから古いバージョンのまま乗り続けるのはあまり気持ちのよいものではないですね。

一日も早い解決を心よりお祈り申し上げます。
9circleをはじめその他名のマツダカテゴリの専門家が質問受付中

マツダ についての関連する質問