JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 起業・経営
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 起業・経営 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

お世話になります。 薄利な商売を始めました。 例を言えば、100万売り上げで8万円利益のような商売です。 開業届

解決済みの質問:

お世話になります。
薄利な商売を始めました。 例を言えば、100万売り上げで8万円利益のような商売です。
開業届けを行うと、納税(所得税、住民税、個人事業税、消費税)があると思いますが、この8万から納税すると一体どれくらいの利益になってしまうのか。
こういう薄利な商売はしない方がマシという事になってしまうのか。
個人事業、税金にお詳しい方、よろしくお願いいたします。
私は既婚、夫、子共に国民保険です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 起業・経営
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
houmu :

こんばんは

houmu :

個人事業主の場合、所得税や住民税が必要になるのはあくまでも利益に対しての割合です。

houmu :

ただし、住民税については、別途事務所を借りて営業される場合には均等割りが数千円発生する場合があります。

houmu :

仮に売上が10万、20万あったとしても、他に収入がないのであれば、税金はかかりません。

Customer:

お世話になります。

houmu :

なお、消費税については、前々年の売り上げが1000万円以上の場合、又は前年1~6月の売り上げが1000万円以上の場合に、納税をする必要があります。したがって、売上見込みが数百万円程度なのであれば、こちらも心配する必要はありません。

houmu :

訂正です。
>仮に売上が10万、20万あったとしても、
は、利益が、の間違いです。

houmu :

その他、ご質問はございますでしょうか?

Customer:

ありがとうございます、前々年の売り上げが1000万円以上の場合、又は前年1~6月の売り上げが1000万円以上の場合、これはどちらを適用されるのでしょうか? 1年間でしたら、120万×12で、1000万を超えますし、前年半月でしたら超えません。 

houmu :

どちらかを満たした場合に、課税事業者となります。

houmu :

ですので、仮に今年4月に開業した場合ですと、

houmu :

初年度は4-12月で800万円、

houmu :

2016年は1200万円で対象となり、

houmu :

2018年の売上には消費税がかかります。

Customer:

ありがとうございます。  消費税の額についての質問です。

Customer:

仕入れと販売で、消費税がありますが、私はお客様から預かった消費税を、たとえば100万売り上げ×8%を納税するのでしょうか?

houmu :

消費税には、簡易課税という方法と、原則課税という方法があります。

houmu :

原則課税が本来の計算方法なのですが、

houmu :

例えば、仕入れや諸経費(事務所の家賃や電気代なども含みます。)のために、1080万円(内消費税80万円)を支払った場合、

houmu :

で、売上が1296万円(内96万円が消費税)だった場合

houmu :

差額の16万円を納税することになります。

houmu :

但し、経費として本当に80万円という消費税を預けているのかを確認するために、

houmu :

記帳や領収書の保管などの要件が、やや厳しくなり、不備があると、この80万円を差し引くことが

houmu :

税務調査の際に認められない場合があるというリスクがあります。

houmu :

そこで、売上が比較的少額な事業者に対しては、簡易課税という制度も認められており、

houmu :

5000万円以下の場合には、こちらを選択することも可能です。

houmu :

この場合は、業種により割合が異なるのですが、みなし仕入れ率というのを用いて、

houmu :

売上のうちの一定割合が仕入れ値で、消費税を預けているはずだ、という方法で納税することができます。

houmu :

例えば、小売業であれば80%、卸売業であれば90%となっています。

houmu :

税抜1000万円の売り上げに対して、小売業であれば800万円の売り上げがあったとみなして

houmu :

売上の消費税80万円、仕入れの消費税64万円=差額16万円を納税する

houmu :

という、簡易な計算方法も認められています。

houmu :

なお、どちらの方法を利用するかは、実際に課税される年度が始まる前までに選択しなければなりません。

Customer:

ありがとうございます! 分かりやすいし、勉強になります。 

Customer:

また、何かありましたら、よろしくお願いいたします!

houmu :

ご参考になりましたら幸いです。

houmuをはじめその他名の起業・経営カテゴリの専門家が質問受付中

起業・経営 についての関連する質問