JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
e-coachに今すぐ質問する
e-coach
e-coach, エグゼクティブコーチ
カテゴリ: 起業・経営
満足したユーザー: 122
経験:  エグゼクティブコーチ
60654123
ここに 起業・経営 に関する質問を入力してください。
e-coachがオンラインで質問受付中

今年5期めを迎えるITベンチャー企業の経営者です。前期4期目にして始めての黒字決算を達成することができました。今期さ

質問者の質問

今年5期めを迎えるITベンチャー企業の経営者です。前期4期目にして始めての黒字決算を達成することができました。今期さらに頑張ろうと思っていた矢先、大株主のVC(54%)に呼ばれ、代表取締役を降りた方が良いと言われました。

理由を尋ねたところ、以下のようなことを言われました。

・ゼロから1を創るのは向いて いるが、1をさらに2や3に増やすには適任ではない
・マネジメント能力に欠ける
・リーダーシップに欠ける
・社内の雰囲気が悪い

など、ほとんど言いがかりとしか思えないような理由ばかりでした。また、代表取締役をを退き取締役としては残ることを望んでいるとのことでした。このままですと、6月末の株主総会で代表取締役を解任されることもあり得ると思いますが、他に対抗する手段はないものでしょうか。

よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 起業・経営
専門家:  e-coach 返答済み 5 年 前.
ご質問頂きましてありがとうございます。
ぜひ、良い結果に結び付くアドバイスをしたいと思っております。

まず、4期目にして黒字にすることができたということは
大きな実績としてVCへ伝えることができることかと思います。

やはりビジネスにはリーダーシップやマネジメントは重要ですが
黒字という究極的な目標達成ができているということはこの先も
このパターンが続きより大きくしていけるということが分かります。

これでどれだけリーダーシップやマネジメントが良くても肝心な
結果につながらないようであれば意味がないといえるでしょう。

ですが、もちろんマネジメントやリーダーシップが欠けていると
長くはもちませんし大きな失態につながる可能性は高いですが、
現時点では4期目にして黒字に持って行けたということは将来性
はあるといえるのではないでしょうか。

もし「ゼロから1を創るのは向いているが、1をさらに2や3に増やすには適任ではない」
ということが当てはまるのであればこれは生まれ持った特性という分け方も
関係しており、これはビジネス論というよりも脳機能の分野になりますが、
それでも不可能というわけではありません。

ですが、あなたよりも1をさらに2や3と増やしていくのが得意な人は
いるのも確かなので、逆にいえばゼロから1を創ることが得意で自分にとっても
大好きなことであればそれだけの実績があれば他の企業のコンサルタントや
クリエイターとして活動するということも良いのではないかと思います。

ここで重要なことは自分の気持ちになってきます。

もし大株主のVCにこういうことをいわれながらも自分が今やっていることが
お金や名誉など関係なく本当に大好きなことで自分の人生をかけて一生やっていきたい
と思えることであれば、マネジメントやリーダーシップ、社内の雰囲気などを
改善するということを相手の気持ちが変わるように伝えることができます。

また、1から2,3と創っていくことは自分を教育していくこと、慣れていくこと
によって改善することができますので、大株主VCにも伝えることができます。

後はその伝え方になってきます。

54%の比率はそこまで大きく主導権を持っているという形ではないので
こちらにも伝えて相手と協力関係を保っていくことは可能です。

まず相手方がいわれたことを誠実に対応していくということはどうでしょうか。

こちらの強みとしては4期目にして黒字に持っていく力を
持っているということなので、そこをより強くアピールする
ことができると思います。

また、多くの企業では0から1を創る創業者と1から2,3と創る
システムマネージャーとは特性が違うのでビルゲイツやスティーブジョブス
のように代表を変えるということは起きています。

ですが、それでいてその会社にいて別の担当の代表をやるなどして
自分の大好きなことに集中できるようにしています。

ここでの鍵は自分の大好きなことになってくると思います。

より深い話になると、自分の大好きなことをしている人はそのエネルギー的な
要素からより自分の情熱をかきたてる人や物、情報などが集まってきます。

なので、現段階でこういった批判をされながらも自分はこの大好きな
ことをやっていきたいという強い熱意があれば相手の要望にも答える
ことができるでしょう。

なので、まずは自分の強みとして4期目で黒字に持って行けたこと、
そのパターンは自分の中に染みついているのでこれからもより成長させる
ことができること、それ以上にどんなことがあってもやり続けられるほど
その仕事が好きなことなどを伝えてみると相手の気持ちを変えることができます。

相手の気持ちを変えるには相手の脳の連想を変える必要があります。

現段階では相手はあなたが代表をしていることに痛みを感じているはずです。
なのでデメリットを感じているはずです。それをメリットに変えてあなたが
代表をやっていることを快楽に変えることができれば代表を辞めさせたいとは
思いません。

相手のメリットは何でしょうか?そしてあなたが相手に与えているデメリットは
何でしょうか?相手に与えるデメリットよりもメリットのほうが大きくなれば
ほぼ必ず代表を辞める必要はなくなります。

男性と女性の脳の構造は違い、男性はメリット、ビジョン、エゴなどを中心に
生きていますので、より相手を満たしてあげることに集中すると良いでしょう。

相手が好きなマネジメント、リーダーシップ、社内の雰囲気はどういった
ことでしょうか?まず代表でい続けるということを達成したいのであれば
相手が望むものを提供してあげることを意識してみてください。

人間の心を動かすのは人間の心です。
いくらテクニックや論理、実績を述べても力を持っている人を納得させる
には自分の心が必要です。

より相手を満足させてあげたいということを考えてみてください。

なので相手の痛みを快楽に変えることができれば代表を辞める
ということはまずありませんので、そこに集中してみてください。

また何かありましたらいつでもお気軽にご相談ください。

起業・経営 についての関連する質問