JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

well-beingに今すぐ質問する

well-being
well-being, 日本カウンセリング学会認定カウンセラー
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 25
経験:  高校養護教諭を経て認定カウンセラーの資格を取得、私立高校と大学のスクールカウンセラーを経て現在母子生活支援施設長として勤務
64774744
ここに ライフスタイル に関する質問を入力してください。
well-beingがオンラインで質問受付中

小学三年生の息子がいます。宿題をなかなかやらなくて、夏休みの宿題も残っていたため、学校の先生からは8月中に終わらせる

解決済みの質問:

小学三年生の息子がいます。宿題をなかなかやらなくて、夏休みの宿題も残っていたため、学校の先生からは8月中に終わらせるよう、家でも頑張って見てくださいといわれましたが、本人がやる気がなく、遊ぶことばかりに夢中です。いくらこちらから「やろう」と声をかけても、うだうだとやらず、イライラ して、怒ってばかり。それで、余計子供もやるのが嫌になる悪循環です。
夫に相談すると、「宿題なんてやらなくていい、宿題を出す先生の程度が低いんだ」と言われ、それがまた私のストレスになります。
最近では、子供を殺して自分も死にたい気分になるほど、私自身が追い詰められてしまいます。
どうしたら、こんなにイライラせずに、子供とおおらかな気持ちで接することができるのでしょうか?
こんなことを考えているだけで、涙が出てきます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ライフスタイル
専門家:  well-being 返答済み 4 年 前.

3年生の息子さんの夏休みの宿題が終わらず、また何とかやらせようとするお母様

の気持ちや態度が息子さんに伝わらず、その対応に苦慮されているご様子ですね。

お母様は、息子さんの問題に一人で向き合い、ご主人の理解やサポートも受けられて

いないご様子ですので、本当に苦しくつらい思いをされておられるとお察しします。

お母様は、とても真面目な方なのですね。それだけに、ご自身を強く責めておられる

のではないかとも感じました。

 

私で良ければぜひお母様のお力になりたいと思いますが、回答の前に少し確認させて

いただけますか?

 

①ご主人には娘さんがいらっしゃるとのことですが、ご質問者様とは再婚ということ

でしょうか。また、息子さんはお二人の間のお子さんということでよろしいですか?

②2年生までの、息子さんの夏休みの宿題への取り組みはいかがでしたか?

 

以上、ご確認させていただけますよう、よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.


主人は再婚で、息子は主人との子供です。


一年生のころから宿題の取り組みはなかなかできず、ぎりぎりになって慌ててやる感じでした。二年生まではそれでも何とか間に合っていたのですが、三年生になって、内容も難しくなり、量も増えたため、間に合わなくなってきました。


私自身が八月末に資格試験があったため、じっくり付き合って宿題をさせることができなかったこともありますが、言われなくても、自分でできるようになってほしいと思ってしまいます。

専門家:  well-being 返答済み 4 年 前.

情報リクエストへの返信をありがとうございます。

 

そうですね。子どもには、親に言われなくても自分で机に向かう習慣を身に付けて

もらいたいという気持ちはとても理解できます。

ただ、一方で、現実問題として、小学校低学年(高学年でも同じだと思いますが)の

子どもが自主的に机に向かって勉強をし、課題(宿題)を期日までに片付けるという

作業は、かなり至難の業だと言えます。かくいう我が家の娘(小学中学年)も、夏休み

の宿題を溜め込み、始業式前日まで取り組むことになりました。

 

お母様は、ご自身が息子さんと同じくらいの年齢の時を振り返ると、いかがですか?

普段の勉強の仕方や夏休みの宿題の取り組みなど、息子さんとはまったく違いました

でしょうか?

親の立場になってしまうと、子ども目線のものの見方や感じ方を理解できなくなって

しまいがちになります。そうすると、親の思い通りに子どもが行動してくれないことに

対して、イライラしたり落ち込んだりしやすくなります。「あなたのためを思って言って

るんでしょ!」という親の思いは、実は子どものためではなく、親自身のためだったり

するんです。

 

「子どもを殺して自分も死にたい」気分になるほど追いつめられてしまっているお母様

に、私からお伝えしたいことをいくつかあげてみますね。

 

まず、ご主人の表現は少し極端すぎますが、親側の精神衛生上、間違った考え方でも

ないと私は思います。確かに出された宿題を終わらせることは大切なことだと思います

が、もし夏休み中に宿題が終わらなければ、2学期が始まってからでも、終わるまで声かけ

をしながら見守り、頼まれたらできる範囲で手助けをしてあげる、という考え方はいかが

でしょうか?担任の先生へは、お母様がそういう姿勢で息子さんに取り組ませるという

方針を伝え、理解と協力を求めれば良いと思います。それぞれの課題に学校側の締切り

があるとは思いますが(作品の外部への出展など)、その部分は辞退してでも、息子さん

には“終わるまで取り組む”姿勢を身に付けてもらうようにすることが大事かな、と思います。

考え方をこうして変えることで、お母様の「8月末までに必ず終わらせないと…」という焦り

や、息子さんが宿題に取り組まないことへのイライラもかなり減ると思います。

 

そしてもうひとつ、息子さんが宿題に取り組んだら、たっぷりと褒めてあげてください。

息子さんは、宿題のことに関しては、怒られているイメージのほうが強いと思われます

ので、「やろう」という意欲も湧かないのだと思います。お母様が、ほんの数分でも息子

さんが宿題に取り組んだことに「もう終わりなの!?もっとやりなさい!」ではなくて、

「えらいね!よくやったね!」と笑顔で褒め、認めてあげることで、息子さんは“お母さん

が褒めてくれた(喜んでくれた)。”と嬉しく感じるはずですし、その嬉しいという体験が、

息子さんの「もう少しやろう」とか「もっとやろう」という気持ちを生む糧になります。

 

子ども、特に小学生は、机に向かう勉強よりも、外へ出て、体を動かし、たくさんの人たち

と交流しながら、いろんな体験を通して学ぶことの方が大事だと私は考えていますし、

学童期の子どもの興味・関心は、“内”よりも“外”なので、息子さんはとても健全だと

言えるのではないでしょうか。

宿題ができないことは息子さんを評価する大事な要素ではありませんし、もちろんお母様

を評価する要素でもありません。子どもとおおらかに接するコツは、お母様の心の中に

「それができるに越したことはないけれど、できなくてもダメではない」という気持ちを持つ

ことと、息子さんへのプラスの働きかけ(褒める・認める言葉かけやスキンシップ)を意識

して増やすことではないかと思います。

 

お母様側の意識を変えることは大変かもしれませんが、お母様が変われば息子さんも

変わります。これは間違いないです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

回答内容に不明な点や補足説明が欲しいような点がありましたら、遠慮なく「返信」機能

をお使いの上、ご質問くださいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。


頭では分かっているのですが、息子の態度にイライラしてしまう自分がいて、そんな自分にもイライラしています。


勉強し始めても、テレビを消したがらず、いくら言っても、テレビに気を取られているので、消すようにいうと、反発。私が消したらすねて宿題もしなくなる。


そんな状況です。


「テレビは消して、集中してやったら早く終わるし、終わったら見てもいいんだよ」、といっても、つけていないと嫌だと言います。


そういう場合はどうしたらいいのでしょう。

専門家:  well-being 返答済み 4 年 前.

おはようございます。

返信をありがとうございます。

 

お母様の、“頭では分かっている”というのは、どのようなことですか?

私の回答の中に、日々の息子さんへの対応をしていくうえで実践できそうなことは

ありましたでしょうか?

 

自身の中から湧いてくる感情というのは、自分自身(の内面)に原因があって、つまり

『感情の責任は自分自身にある』んです。そういう見方から言うと、お母様の感じるイライラ

は、息子さんの言動が原因ではなく、息子さんの言動を見聞きしたお母様の側の内面

(心のありようとか、心構え)に原因がある、というわけですね。

お母様は、「○○しなければいけない」とか、「○○すべきだ」という強い観念がおありでは

ないですか?その強い観念が、周りからの新しい考えや提案を受け入れにくくさせる

原因になったりはしていないでしょうか?

そうした強い観念のある方が今までの行動を変えたい(変えよう)と思うときは、まずは

とにかく“今までと違うことをやってみる”ことが大切なんです。「なんか違うな」とか、「自分

らしくないな」と思ってもいいから、まずはやってみるんです。そうすると、周りの反応が

少しずつ変わり、その行動を継続することで、頭や気持ちがだんだんとついてきて、違和感

のない、自分らしい行動として身につくようになります。

もう一度、最初の回答を読み直していただき、少しでもできそうなことがありましたら、

まずは毎日継続して実践してみてくださいね。

 

それから、返信の中のテレビについてのお悩みですが、ご家庭では“我が家ルール”の

ような、ある意味理屈抜きの決まりごとのようなものはありますか?たとえば、『夜9時以

降はテレビを消す(見せない)』とか、『お小遣いは○年生までは△円』とか、『門限は○時』

といったものです。学校でもルールがあると思いますが、家庭にも家族みんながお互いに

気持ちよく過ごすためのルールが必要だと思います。こうしたルールがない家庭では、

子どもは親がその場その場で言うことが違ったりするので、その矛盾点をついてきたり

して結局言うことを聞かない、ということが起こりやすくなります。

ですので、お母様が「勉強中はテレビは消す」というルールを決めて、息子さんに伝えて

おく、というのもひとつの方法だと思います。ルールを決めたら、“守る”ことが大切なので、

勉強を始めるときは本人に消させ、反発しても「我が家のルールだから」と譲ることなく、

あとは息子さんが見える場所で家事などをしながら見守ればいいと思います。最初は

もちろん反発をして、宿題も投げ出すかもしれませんが、息子さんだって宿題をやって

行かなければ“マズい”ことは分かっているはずですので、お母様がルールに関して

絶対に譲らないことが分かり頭が冷えれば、取りかかるはずです。そうしたら、すかさず

頭に手をそっと置いたり撫でたりしながら、言葉で言わなくてもいいので、「自分から

(ルールを守って)宿題に取りかかってえらいね」というメッセージを伝えてあげてくだ

さい。

 

お母様のセリフ、「テレビは消して、集中してやったら早く終わるし、終わったら見てもいい

んだよ」というのは、まさにお母様目線ですよね。これを私なりに息子さん目線で受け取る

と、「僕は集中してやろうとも思ってないし、早く終わらせようとも思ってないし、終わったら

じゃなくて今見たいんだよ」。こんな感じです。もちろんこれは私の想像ですが、もし二人

の間でこんなやりとりが行われていれば、その交流は“反発”しか起こりませんよね。

いかがでしょうか?ご参考になりましたでしょうか?

 

今回の回答内容に関して、不明な点がありましたら、再度ご返信くださいね。

well-being, 日本カウンセリング学会認定カウンセラー
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 25
経験: 高校養護教諭を経て認定カウンセラーの資格を取得、私立高校と大学のスクールカウンセラーを経て現在母子生活支援施設長として勤務
well-beingをはじめその他名のライフスタイルカテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
< 前へ | 次へ >
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • well-being

    well-being

    日本カウンセリング学会認定カウンセラー

    満足した利用者:

    25
    高校養護教諭を経て認定カウンセラーの資格を取得、私立高校と大学のスクールカウンセラーを経て現在母子生活支援施設長として勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/WE/wellbe/2013-2-19_12616_kakoGRh9FjY1iiknPljk.64x64.jpg well-being さんのアバター

    well-being

    日本カウンセリング学会認定カウンセラー

    満足した利用者:

    25
    高校養護教諭を経て認定カウンセラーの資格を取得、私立高校と大学のスクールカウンセラーを経て現在母子生活支援施設長として勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/AG/agtma227/2011-9-6_224338_shirtM1.64x64.jpg p-coach さんのアバター

    p-coach

    パーソナルコーチ

    満足した利用者:

    19
    パーソナルコーチ
  • /img/opt/shirt.png nick-exp-jp さんのアバター

    nick-exp-jp

    進学アドバイザー

    満足した利用者:

    65
    None
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    専門家

    満足した利用者:

    15
    中央大学卒・特定行政書士・ネットワークスペシャリスト・情報セキュリティスペシャリスト
 
 
 

ライフスタイル についての関連する質問