JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
filly105に今すぐ質問する
filly105
filly105, 上級心理カウンセラー
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 16
経験:  学習院大学、東京福祉大学卒。児童指導員任用資格。塾講師歴10年。
68134187
ここに ライフスタイル に関する質問を入力してください。
filly105がオンラインで質問受付中

私は中国人の妻と国際結婚をしています。昨年末に子供が産まれました。 日本語、英語、中国語を話せるようになってほしい

解決済みの質問:

私は中国人の妻と国際結婚をしています。昨年末に子供が産まれました。
日本語、英語、中国語を話せるようになってほしいのですが、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学のどの時期を中国で生活させたほうが良いか、悩んでいます。
また、経済状況など将来を考慮すると、子供が大人になったとき(20年後)は、日本より中国で暮らしているほうが幸せかもしれない、と思っています。
留学など育て方についてアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ライフスタイル
専門家:  filly105 返答済み 5 年 前.

カウンセラーのfilly105と申します。
毎晩、サイトチェックを行っていますので、回答はできるだけ迅速に、丁寧にできるよう心がけております。

お子さんに3ヶ国語を話せるようになってほしいとのことですが、これは言語だけの問題ではないように思います。母国語を何語するかによって、その国の歴史・文化などを含めたあらゆる物の考え方を決定付けることになるからです。

わたしはアメリカで1年間、ホームステイしていた経験および、日本の公立小学校での現場経験、雑誌記者として各国での取材経験がありますが、言語の違い以上に、国によってこれほど物の考え方や感じ方が違うのかと実感しました。

こうしたことを考慮したとき、小学校をどこで過ごすかが一番、重要であるように思います。どこの国でも、小学校の6年間であらゆる知識・教養・道徳の基本を学びますので、お子さんには母国語となる言語を話す国で小学校を過ごさせてあげることがよろしいかと思います。

奥様が中国の方ということですので、どの段階で中国生活をさせるかを考えるより、小学校を日中どちらの国で過ごさせるかをご検討してみてはいかがでしょうか。お子さんが小学生の間にきちんとご自分のアイデンティティーを形成できれば、他の言語を学んでも考え方のしっかりしたお子さんになるのではないかと思われます。

filly105をはじめその他名のライフスタイルカテゴリの専門家が質問受付中

ライフスタイル についての関連する質問