JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
filly105に今すぐ質問する
filly105
filly105, 上級心理カウンセラー
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 16
経験:  学習院大学、東京福祉大学卒。児童指導員任用資格。塾講師歴10年。
68134187
ここに ライフスタイル に関する質問を入力してください。
filly105がオンラインで質問受付中

小学校1年生の早生まれの男の子なのですが、どの様に家で勉強をさせれば良いでしょうか? 七田の小学生プリントはしてい

解決済みの質問:

小学校1年生の早生まれの男の子なのですが、どの様に家で勉強をさせれば良いでしょうか?
七田の小学生プリントはしているのですが、カリキュラムが多過ぎて、折角下の娘を月曜から木曜日までの4時から7時迄一時保育でお願いしているのですが、プリント以外何も出来ない状態が続き、子どもも私もスト レスが溜まっています。
教科を来月分から国語と算数だけにし、聞き流しの"ゆきおの一日"をしようと思っています。
後、どうすればより良いコミュニケーションと情操教育が出来るでしょうか?
2.3年前から一緒にしたいと思っていたカルタ等のカードゲームやオセロ等のおもちゃで遊んだり、一緒に映画を見たいと思っているのですが、どの様にすればその時間(約3時間弱)をうまく使う事が出来るでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ライフスタイル
専門家:  filly105 返答済み 5 年 前.

小学1年生の男のお子さんについて、①どのように自宅学習させるか、②より良いコミュニケーションのとり方は、③良い情操教育の仕方は、という3つの質問でよろしいでしょうか。文面から、お母様(でよろしいでしょうか?)は少しお疲れのご様子ですが、お子様も同じような状態になっていませんか?

まず、学校現場を知るものとして言えることは、小学校1年生は大人が考える以上に学校生活で疲れるということです。まして早生まれのお子さんですと、4月生まれのお子さんと丸1年違いますから、同じ課題をやるにも時間や労力がかかってしまうものです。

 

平日の帰宅直後は、最低2030分くらいは休ませてあげましょう。その間に、親御さんが学校であったことを聞いてあげたり、連絡帳を確認するなどして、お子さんの学校生活を把握してあげてください。そうすれば②はOKです。

 

その流れで、学校の宿題を済ませましょう。漢字や計算ドリル、教科書の音読などをしっかりやると、3040分はかかるはずです。小学校低学年は、暗記するくらいまで何度も同じ問題をくり返し、問題のパターンを予測する力をつけることが大切です。これをきちんと行っておけば、学校のテストでは大抵9割以上とれるようにできています。もし国語と算数の平均が80点に満たないようであれば、副教材は使わず教科書のみにしぼった方がお子様のためかと思われます。

 

わたし個人の意見では、以上で毎日の学習は十分かと思われますが、もしどうしても他の副教材をご利用なさりたい場合は、宿題後に5分ほど休みをはさんで、1015分で終わる副教材を毎日少しずつ利用してみてはいかがでしょう。カリキュラムが多すぎて親子でストレスを抱えてしまっては本末転倒です。宿題と副教材、これで①はOKです。

 

最後に③ですが、本来、情操教育とは心や感情の教育であり、道徳・図工・音楽・学級活動などで扱われます。手軽で最適なのは絵本の読み聞かせです。季節のいい時なら、近くを散歩して植物や虫を観察したり、木の実を持ち帰って絵を描くなどもいいでしょう。

 

それから、可能であれば下の娘さんと過ごす時間も作ってあげてください。7時まで預けるのが息子さんの勉強のためということでしたら、もう少し短縮してもいいように思います。妹さんと一緒に過ごすことは、息子さんにとって何よりの情操教育になりますよ。

 

現在、取り組まれている教材を拝読するに、やや詰め込みすぎかなという印象があります。小学1年生は、毎日こつこつ勉強を続ける癖をつけさせる時期なので、勉強そのものがいやになってしまうと、勉強がぐんと難しくなる3年生以降になってから苦労することになります。ですから、宿題以外の課題はお子さんが興味を持って続けられるものにした方がいいと思います。

 

毎日、3時間弱の時間をどう使うかは、自宅用の時間割表を息子さんと一緒に考えて作ってみてはいかがですか?1コマ30分で休み時間もいれて。絵日記やおうちのお手伝いを入れてもいいし、外で縄跳びや鉄棒、近所を一緒にサイクリングしてもいいと思います。国語・算数・英語の強化は、基礎をしっかり身につけてからでも遅くはありませんよ。

filly105をはじめその他名のライフスタイルカテゴリの専門家が質問受付中

ライフスタイル についての関連する質問