JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
p-coachに今すぐ質問する
p-coach
p-coach, パーソナルコーチ
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 122
経験:  パーソナルコーチ
60654123
ここに ライフスタイル に関する質問を入力してください。
p-coachがオンラインで質問受付中

息子は中3から不登校になり、ちょうど1年が過ぎました。私自身教員ですが、色々勉強をして不登校の子供の気持ちや対応を知

解決済みの質問:

息子は中3から不登校になり、ちょうど1 年が過ぎました。私自身教員ですが、色々勉強をして不登校の子供の気持ちや対応を知りましたが、親子という事もあり上手に接することができません。今は進学も就職もせず、明け方までゲームをしたりPCをやっていたり、昼間は寝ていて昼過ぎから起きてまたゲームとPCです。好きな事をやっているのに上手くいかないと、文句を言ってゲームに向かって暴言を吐いています。年子の娘がいますが、彼女をひどく嫌い同じ空間に居られないほどです。一昨年の夏休み、私の仕事中に二人で家にいて大喧嘩になり、息子が娘の右膝を包丁で切り付けてしまい、血を見て驚いたのか職場に電話をしてくる騒ぎまでありました。娘は逃げて近くの病院に駆け込んでいましたが14針も縫いました。その日は夜まで私が泣きながら話をしたためか、あれ以来凶器を使う事や直接暴力は振らなくなりましたが、暴言は相変わらずです。シングルマザーで周りに頼れる身内はいません。前夫はアメリカ人なのでアメリカに居ます。彼とはDVを受け別れました。そんな背景から繊細な息子は深く傷つき父親を憎み、生きていてもしょうがない、あれなんて何をやってもダメだと、否定ばかりして何も始めません。どうしたらよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ライフスタイル
専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
ご相談頂きましてありがとうございます。

ぜひ、「解決できた」となるように
進めていきたいので、どうぞよろしく
お願いいたします。

まず、人はたった1つでも変えることができれば
人間の思考、感情など全てに影響が行くので、
1つ変えるだけで全体を変えることにつながります。

その中で気になるところといえば
・父親のようにはなりたくない
・娘さ んが嫌い
・自分はできないと思いこんでいる
・自分は親から捨てられると思っている

というところです。

まず、父親のようになりたくないという気持ちが強ければ強いほど、
父親のようになってしまいます。

これは潜在意識の力で、例えば「赤い羊を想像しないで」というと
必ず赤い羊を想像してしまいます。

つまり、父親のようになりたくないと言えば言うほど、潜在意識の
中では父親をイメージしているので、どんどん父親のようになっていきます。

これの解決策は、「○○のようになりたい」というふうに
【なりたくないものではなくなりたいもの】を言うということです。

言葉で話すと自動的に潜在意識になりたい自分がイメージされるので
日がたつごとに理想の自分に近づいていきます。

そして、次の娘さんが嫌いということは、初めからではなくだんだんと
日がたつごとになっていったということで、娘さんは息子さんと喧嘩する
とき、どのような状態でしょうか?

イライラする人がいるときは、必ず「よくわかんない」という状態の人がいます。
もしくは、イライラして口げんかする2人は、責めているときのもう片方は
「よくわかんない」という状態で、それを交互に繰り返します。

これの解決策は、息子さんを認めてあげることにあります。
結局のところ、学校やお金、法律や秩序といったことは全て人間が作った
概念でしかありません。

ですが、人間は概念よりも神聖で崇高な存在ではないでしょうか。
概念を作れるほどの存在なので。

ですが、現在の人は概念に当てはまらない人はダメな人だという概念に
縛られている人が多いので、そういった概念よりも自分は素晴らしい崇高な
存在だ、ということを純粋に認識できれば、人から与えられた概念を
満たすために頑張る必要がなくなります。

ひとつ気になったのは「好きな事をやっているのに上手くいかない」
とは、ゲームか何かでしょうか?もしくはアフィリエイトなどの
お金を稼ぐ方法でしょうか?

ですが、15歳で学校にいかずに成功を収めている人は多く、逆に
大学などに通いガチガチの出世コースを無理やりやらされる人で
うつや自殺をする人も多いです。

これは、概念に集中しすぎて自分の気持ちを抑えつけて
生きているからです。

それよりも、息子さんが好きなことをやって楽しんで、それが
生涯の仕事につながるヒントが得られることは宝物ではないでしょうか。

というのも、現在は本当にやりたいことを仕事にしている人は非常に
少なく、本当にやりたいことを見つけること自体が教育のカリキュラムに
入っていないため、大人になっても楽しめない状態になります。

ですが、自分が本当にやりたい仕事を見つける方法はあり、例えば
ウェルスダイナミクスというサイトでは、本当の自分を見つける方法を
教えてくれます。

もしよければ検索してお試しテストを受けてみてください。

そして、自分はできないと思い込んでいるというところは、過去によるものです。

というのも、全く学校に通わなくても親から「おまえはなんでもできる」
といわれつずけ、自分がやりたいミュージシャンやビジネスで大成し
続ける人が実際にいるからです。

なので、過去に「自分はできない」と思うことを、親、友人、親せきなど
周りの誰かから言われていたことがあると思います。

もしくは、「危ないからやめなさい」「そんなことしてはいけない」など
もちろん他人に迷惑をかけることはいけませんが、赤ちゃんとして生まれてから
制限を受けることをいわれるたびに、人間はセルフイメージが下がっていきます。

赤ちゃんのころはセルフイメージは最高に高い状態で、どんなことでも
やろうとしますが、大人になると「自分はできない」という人がとても多く、
それも謙遜や謙虚といった言葉とまるで正当化されるかのように成り立っています。

セルフイメージが高い人と低い人の謙虚や謙遜は全く意味が変わってきます。
自分はできると思っている人と自分はできないと思っている人の謙虚や謙遜
は全く違います。

そして、「自分はできない」と息子さんに教育をした誰かも
「自分はできない」と思い込んでいる人です。

これを断ち切るには、最初にいったようになりたい人を想像し、言葉として
発するようにしてみてください。

そして、普段からどんなに小さな成功でも喜ぶようにして
自分を認めてあげてください。

そうして、赤ちゃんのころにもっていた「自分はできる」という
セルフイメージを取り戻していきます。

現代人は、成長するというよりもセルフイメージの観点からすると
急降下で衰退してきます。

赤ちゃんのころがもっとも成長したセルフイメージを持っているといえるでしょう。

ですが、日本は第二次世界大戦で負けた人たちのDNAに刻み込まれた
トラウマによって、作られる法律やお金などの概念はセルフイメージが
下がるものになっています。

そして、付き合う人はネガティブな発言をする人は避けたほうがいいです。

ポジティブすぎてもいけませんが、比較的ポジティブで「自分はできる」
と思いこんでいる人と付き合うようにすると、自動的にその人に似てきます。

人間には人を真似するメカニズムが脳に組み込まれているからです。

そして、最後の自分は親から捨てられるという思いですが、これは
・昔から自分はこれをやらないと捨てられるという愛を物差しで測るように育てられたのか
・そういうことによって親は捨てないよ、と自分にかまってくれることを求めているからやるのか

のどちらかが考えられると思います。

ですが、これは自分のセルフイメージが高まって自分を好きになることが
できるようになれば、自動的に解消していくでしょう。

自分を好きなレベルが他人を好きになれるレベルです。
なので、器の大きい人というのは自分をどれだけ好きになれるかという人です。

自分のネガティブな面を愛することができれば、ネガティブな人をも
愛することができ、器の大きい存在として認識されます。

長くなってしまいましたが、まずはこれらのことを試してみてください。
また何かありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。
p-coachをはじめその他名のライフスタイルカテゴリの専門家が質問受付中

ライフスタイル についての関連する質問