JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
p-coachに今すぐ質問する
p-coach
p-coach, パーソナルコーチ
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 122
経験:  パーソナルコーチ
60654123
ここに ライフスタイル に関する質問を入力してください。
p-coachがオンラインで質問受付中

趣味で演劇をやろうと思うのですが、笑顔をうまく作るコツとかはないでしょうか?

解決済みの質問:

趣味で演劇をやろうと思うのですが、笑顔をうまく作るコツとかはないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ライフスタイル
専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
ご質問頂きましてありがとうございます。

表情の外側の視点からと、心理的な視点からお話したいと思います。

まず、表情から考えると、理想的な笑顔は口角を両方45度近くに開け、
歯が見えるように笑うこと、そして目じりを笑っているように下げることです。

このどちらか一方だと不自然な笑顔で作り笑いということが
分かってしまうので、口角と 目じり両方を使うことが大切です。

そして、心理的な面からすると、自分が理想とする笑顔をイメージ
することでその笑顔を出したいときに出すことができるようになります。

これは、脳は鮮明にイメージしたことと現実を区別できない
という法則があるので、自分が理想とする笑顔をイメージして、
鏡を見ながら作ることを繰り返すと、いざ笑顔を出すときにイメージ
することでその通りの笑顔を出すことができます。

また、このとき脳の中で別の人格が選ばれることが行われるので、
緊張などすることなく、全く新しい人格として演技をすることができます。

これは、笑顔だけではなく目標を達成するときにぜひ使ってください。

脳は新しい自分を鮮明にイメージすると、脳の中で現在の自分と
新しい自分の人格の2つが存在するようになり、鮮明にイメージ
されたほうが主人格として表に出てくるようになります。

つまり、そうなるまで演技をするということです。

ぜひ一度試してみて下さい。

・口角と目じりを同時に使う
・理想の自分をありありとイメージする

と、この2つをぜひ試してみて下さい。

また、何かありましたらお気軽のご連絡下さい。
p-coachをはじめその他名のライフスタイルカテゴリの専門家が質問受付中

ライフスタイル についての関連する質問