JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

p-coachに今すぐ質問する

p-coach
p-coach, パーソナルコーチ
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 122
経験:  パーソナルコーチ
60654123
ここに ライフスタイル に関する質問を入力してください。
p-coachがオンラインで質問受付中

怒りっぽさを直すには?

解決済みの質問:

17歳高校生男子です。普段は寮生活をしていて、長期の休みに父母のもとに帰ってくる

生活です。
まじめな性格ですが、いやな事があると機嫌が悪くなり「死ね死ね・・」とつぶやいたり、激し

い口調で言い返したり、ちょっとしたものを壊したりします。たぶんそのせいで、新たにでき

た友達も徐々に引いていくようで、本人は原因をわかっているのかいな いのか、わかって

いてもどうしようもないのか、孤立感に悩んでいます。
眠れないこともよくあるようで、前にもらった睡眠導入剤を使うこともあるそうです。体重が

多めでしたが、短期間で凄くやせてスリムになったのも、自分でスリムになりたくて努力し

たともとれますが、心因性かもしれません。本人は、今まで食べさせられすぎたと言ってい

て、意思をもってそうしたようにも聞えますが、心配をかけないためともとれます。
前に、怒りっぽいとみんなが引くよと言ったら、すごく逆上したので、怖くて言えません。と

にかく、親から何か言われるのを嫌がることが多いです。
しかし何とか、孤独感、孤立感を減らしてやりたい。嫌われるような態度を直してやりたい

のですが、どうすればよいでしょうか?心療内科とかに相談すべきでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ライフスタイル
専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
ご相談いただきましてありがとうございます。ぜひ、実践していただくことであなたのお悩みを解決することができるようになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。まずお伝えしたいことがありまして、それは全ての人は【痛みを避けて快楽を得る】ために行動しているということを覚えておいていただけますでしょうか。これは、どんな人であっても人である限り誰でも当てはまる原則で、その行動が他の人からすると嫌に感じるかもしれませんが、本人からすればそれが快楽となっているということに なります。【怒ることによって自分が周りをコントロールしている】というちょっとした優越感を感じているということを感じたことはありませんか?自分は周りよりも凄い、と思いたいという気持ちを感じたことはありませんか?もしそういう気持ちがあるならば、そんな周りよりも凄い自分に対して親に自分のその気持ちを壊されるようなことを言われると怒ってしまい、さらに怒ることで親がひるむと、やっぱり自分は凄い、だから自分に口出しするなという優越感に浸っているということを感じたことはありませんか?1つご確認したいのですが、ご相談されているのはお母さんでしょうか。また、高校生の息子さんのお話でしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
お世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。
質問しているのは、父で、対象は、高校生男子です。身内などから指示されると、ひどく反発し、強く怒ります。そのため大事なことをきちんと伝えられません。
専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
お返事頂きましてありがとうございます。そうなんですね。そうしますと、ひどく反発すると誰も言い返せず自分の思うとおりになっているということでしょうか。そうなると、自分が一番正しいとは思っていなくても、自分が周りをコントロールすることができるという自己重要感で安定した気持ちを得ているということになります。自己重要感というのは、自分は偉いと思われたい気持ちで、これは人間は誰もがもっている心理ですが 、それを言葉なり行動なりで他の人を鎮圧したり罵倒することでコントロールすることができたら、満たされることになります。なので、わざと自分で怒られるようなことをして、自分に指摘する人が出てくるのを待っていて、何か言われたらキレるということで気持ちよさを感じる人もいます。この状態の人は、自分に自信がなく、自分が好きではない、だからこそ自分の言われたくないことを言われると相手をコントロールすることで自分に自信があるように思います。この状態から解放してあげるには、本人に本当にやりたいこと、本当に他人を助けることで自己重要感を感じることができることを見つけてあげることです。過去に、親か他人の間で、自分が管理しないといけないと思わせることなどありませんでしたか?元々はそういった性格ではなかったと思います。ですが、人は成長するにつれて自分の立ち居地に限界がくると・ポジティブな自立・ポジティブな依存・ネガティブな自立・ネガティブな依存のどれかに気持ちが動きます。今の息子さんは、ネガティブな自立に入っていると思いますが、そうなるには過去に自分が管理しないと依存している状態では限界がくる、といったような心理的な出来事があったと思います。例えば、親がしっかりしていないから自分が代わりにしっかりしないとやっていけないということや、親が管理しすぎてついていかないと自分に危険が及ぶから自分の管理しないといけない、などです。そういったことが引き金になって、自分は気づかないうちに周りをコントロールすることが最高のことだと勘違いをすることになります。何かそういった出来事はありませんでしたか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
父と母がよく喧嘩をする。どちらもこどものことを思っての主張だが意見が合わないでもめるのをいやがって、ガラスを割ったりしたことが過去にありました。今は、親に上から目線で、指示的に何度も言われると強く怒ります。
専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
お返事いただきましてありがとうございます。お子さんの性格や価値観、信念などは全て周りの環境によって育まれていきます。DNAによって親や先祖に似た性格になることがありますが、生まれてから周りの環境による影響というのはとても大きなもので、子供は必ず依存状態で生まれます。先ほど話したポジティブの依存と自立、ネガティブの依存と自立の話の中の依存ですね。ポジティブの依存かネガティブの依存かというのは、親の立ち居地によって変わります。親がネガティブであれば自分はポジティブになり、親がポジティブであれば自分はネガティブになります。そして、依存し続けることに限界を感じることになれば、自立のほうへ行きます。この場合の解決策として、ご家族全ての方が、相手を素晴らしい人、感謝できる人と思えることになることです。現在、喧嘩をされているようであれば、相手のことに感謝できていないということが当てはまります。これは、現代人にとても多い傾向で、周りの環境は豊かになっていても自分達の心は豊かになっておらず、忙しさや自分のことを考えるあまり、相手に感謝することができなくなりがちです。また、お子さんからしてみるとありのままの自分を愛して欲しいわけです。これは、お子さんだけではなく誰もが思っていることですが、現代では「○○をしなさい」「○○をしなければいけない」「○○をしてはいけない」といって、自分の行動を制 限されることがほとんどです。自分の行動を制限されることによって、ありのままの自分ではいてはいけないということを思い、ありのままの自分を愛せなくなります。なので、お父さん、お母さん、そしてお子さんとの仲を改善する方法は、ありのままの相手を愛してあげることで、相手に感謝をすることです。それには、自分の自我(エゴ)をなくしてください。方法としては、1.今、家族1人1人に感謝していることは何か?これを100個近く書いて下さい。例えば、自分のお子さんがいることに感謝している、見ることができる目をもって生まれてくれたことに感謝している。などです。お忘れの人がほとんどなのですが、五体不満足で生まれている人に比べると幸せだと思えることが本当に本当に沢山あるのに、現代の人は新しいものを求めすぎて、今もっているものを忘れてしまいます。これは、とても重要なことです。今もっている幸せなものを忘れて、新しいものという幻想を求めてしまいます。新しいものを求めても、自分が変わらない限り幸せになれません。逆にいえば、今あるものに感謝できる人はお金も健康も人間関係も豊かでなくても、心が豊かなので幸せな生活を送ることができます。本当に一番大事なのは、自分の心です。その自分の心を原点に戻すために、今ご家族に感謝できることを100個近く出して下さい。それで「あぁ、こんなに感謝できることが沢山あったんだ、今の悩みよりもこの子が生まれてきてくれたことで十分じゃないか」という原点に戻れるまで書いてください。その気持ちが出てこないということは、まだエゴ(自我)が自分の中で反発しているということです。これは、自分と真剣に向き合えなければ解決できません。喧嘩をするということは、どこかで相手のせいにしているということですが、それは自分を正当化しているということです。つまり、自分と真剣に向き合って自分の悪いところを見つめて、そこを治していこうとすることによって、お母さんもお父さんも相乗効果によって、お互いに協力して問題解決に向かえます。息子さんにひるんではいけません。ですが、息子さんと対立してもいけません。まず、なぜ息子さんがそういった状態になってしまったのか、それは自分に責任があり、自分を変えることによって相手を変えることができるということを知る必要があります。そして、息子さん1人の力はとても弱いものです。人間は自分のことを考えているととても弱く、さらに1人であれば消えてしまいそうな火のように弱い状態です。今は力で無理やり強がっていますが、心の中ではとても寂しい思いをしているでしょう。ですが、それを解決してあげたいと思っても強がり、どこかで息子さんも他人のせいにしているところがありますね。子供は親を真似します。なので、お母さんとお父さんが相手のせいにして自分を正当化するのを子供が真似しているのであれば、現状の反発する力というのは、親を真似て自分がこうなっているのは親のせいだ、と思っているのであれば、現在の息子さんの力は相手のせいにするというところから来ていると考えられます。これを解決するには、お母さんとお父さんが相手のせいにせず、自分で自分の悪いところと向き合うようにすることです。今度は子供はそれを真似します。形は違うかもしれませんが、他の人のために愛を示す、感謝を示すようになるには、やはり親が変わるしかありません。なので、まずはご家族の感謝しているところ、本当にささいなところから始めてもかまいません。大切なのは感謝の気持ちが出てきて涙を流すまでできることです。涙が流れた時点で、自分のエゴ(自我)を消したことになります。最初は強がってやりたくないと思うかもしれません。ですが、現状を本気で本当に変えたいのであれば、今の自分を変えないといけません。強がっていた自分を捨てて下さい。本来の素晴らしい愛の形に戻ってください。なぜお父さんはお母さんに惹かれたのでしょうか。なぜお母さんはお父さんに惹かれたのでしょうか。そしてお腹を痛めて生んだ息子さんが生まれたときの二人の気持ちはどうでしたか。そして、五体満足で生まれてくれた息子さんがいる中で、流産してしまう方やお母さんが共に死んでしまう方がいる中で、自分たちの本当に恵まれた愛の輪を得ることができたことを思い出せますか。人間が辛いときは、今ある幸せ、感謝の気持ちを忘れてしまったときです。まずは自分が生まれてこれたことに感謝をして、自分が相手と出会えたことに感謝をして、自分達の息子さんが五体満足で生まれてこれたことに感謝をして、現在の喧嘩や進まない状況も、これからの自分たちの在り方次第で変えていける自分達の力にも感謝して下さい。人間は、2人いると10人分以上の力を発揮できます。つまり今のお母さんとお父さんです。ですが、2人が協力しないとひどい状況に変えることもできます。これは、これからお母さんとお父さんが変えていけますね。ですが、息子さんは1人です。1人ではどんなに頑張っても2人には及びませんし、力でねじ伏せようとしても1人では心の中では悲しい気持ちを背負っています。なので、まずはお母さんとお父さんが協力できるようになるまで、お互いに感謝しているところを書き出して、自分の悪いところと真剣に向き合って、お互いに弱い部分をサポートしあい、お互いに強いところを協力すれば、息子さん1人を変えてあげることは難しくありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
長文の返答ありがとうございます。
私は、人生は修行と思って誰かのために生きているつもりですが、夫婦と子供の問題はそれほど簡単ではありません。家庭と仕事のバランスやこどもににとって何が大事かで喧嘩になるわけですが、あらゆる手段で従わせようとする相手に合わせる方が、ずっと楽です。どんなに理不尽で、人に迷惑がかかっても、争いを避けるべきなのでしょうか?
専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
お返事いただきましてありがとうございます。
まず、喧嘩や争いというのは感情論にすぎません。ですが、問題の解決に本当に大事なのは感情論ではなく論理です。つまり、「○○は○○だから○○だ」というもので、例えば箸の持ち方はこうだ、というものです。この箸の持ち方はご家族みんな同じだと思います。このブレない論理というものが問題解決には一番大切です。これは大事なのでもう一度いいます。問題解決にはブレない論理が最も大切です。

喧嘩や争いというのは、意識を超えた潜在意識のレベルで見るとお互いのエゴのぶつかり合いにしかなりません。つまり解決策よりも自分の感情を満たしたくてやっていることになります。そして、自己主張から来る喧嘩は「自分を認めて欲しい」というアピールにしかすぎません。

自分の意見を聞いて欲しい、自分の意見を認めて欲しいということになり、そこには自分の意見しかなく、本当の意味で周りを考えていることにはならないのです。

ですが、この事実を聞くと不快な気持ちになることも分かっています。その上でお伝え
しているのですが、なぜ自分を変えようとす ると不快な気持ちが出るかというと、人が
潜在意識的に一番大変に思うのは、今の自分を変えるときです。

だから、意識の上で怒りや悲しみ、不安などの不快な気持ちがでてきます。それによって
今の自分を変えないようにしているからです。

ですが、自分が変わると周りの人が自然と変わります。ですが喧嘩などで相手を変えようとしても絶対変わりません。

これもとても大切なことなのでもう一度いいますと、自分を変えることで相手は変わりますが、相手を変えようとしても絶対相手は変わりません。なぜなら先ほどもいったとおり、相手にも今の自分を変えないように潜在意識がストップをかけているからです。

なので、喧嘩をするということは、自分の意見を認めて欲しい、そして自分のいうとおりに動いて欲しいという気持ちが発端ですが、それは自分が変わらない限り相手を変えることができません。

もし、喧嘩をせずに問題解決ができる人であれば、「自分はこうするから、あなたはこうしてくれないか?」というスタンスで、喧嘩ということ自体が起きないはずです。そして、これは相手に自分の意見を聞いてもらいやすいスタンスです。なぜなら相手は無理やり自分を変えようとしない人には潜在意識はストップをかけないからです。

なので、まずは喧嘩は自分を分かって欲しいという気持ちから行っているということを
理解し、そして最初にお伝えした、その「エゴ(自我)」を捨てることが問題解決に
つながります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。論点を戻しますと、今は子供の問題でも喧嘩をしないように心がけていますが、息子の怒りっぽいところにたいして、親が手を打つ事があるか、見守 るべきかを教えてください。息子は、先生方や目上の人にはむしろ丁寧で、礼儀正しいと言われています。寮の管理の先生には一度、本人にとって心外なことを言われて怒ったらしく、その方は、その態度が社会に出たら心配と、言っていました。問題は友達に対してそんな風で嫌われているのではないかという心配もふくめ、見守るので良いかということです。息子は、グラブで繋がっている友達等、少ないなりに友達はいますが、ほんとうに腹をわって話せる友達なんかいないと言っています。また、親が、自分のことを色々心配しているのをわかっていて、負担に感じていると、第三者に漏らしています。本来の質問事項の主旨は以上です。お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。
専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
お返事頂きましてありがとうございます。
それでは、実際にやって頂ける方法を簡潔にお伝えしますね。

●怒らなくなる方法
⇒解決策:ありのままの自分を好きになる

分かりやすい方法として、全く怒らない人が周りにいたらその人はどんな人でしょうか?
もしいなかったら想像してみてください。ど んな人でしょうか?

どこかにブレない自信があるはずです。
ですが、怒りというのは強がって自分は強いと見せかけているだけで、自分に全く
自信がない状態です。
もっというと、自分を愛せてない状態です。

他の人に気に入らないことを言われる自分を好きになることが出来れば、怒る
ことは今後一切なくなります。その状態はありのままの自分を愛せている状態だからです。

これをするには、どうして怒るようになったか、どこでありのままの自分を
愛せなくなったかを探して下さい。

ありのままの自分を愛せなくなる大体の原因は、親が子供に対して「○○はしては
いけない」「○○の言うとおりにしなさい」といったように、ありのままの自分で
いてはいけないという認識するところから始まります。

なので自信が欠如していき、自尊心もなくなり、自分が好きになれなくなるので、
他人も好きでなくなります。

自分を好きなレベルと他人を好きなレベルは比例します。なので、他人に怒らず
優しくなるには自分を好きにならないといけません。

自分を好きになる方法は、これまで自分がやりたいと思っていたことをやらせて
あげるようにすれば、だんだんと自分の中の制限が取れてありのままの自分を
愛せるようになってきます。

そして、ダメな自分も愛せるように、ダメな自分を責めようとしても周りがサポート
してあげるようになれば最適です。

また、ここは大切なことなのですが【親は子供の心配をしすぎるといけません】

むしろ、子供に親の心配が分かるようでは、子供のことを本気で思っていないことに
なります。少し厳しいかもしれませんが、子供の一番の負担は自分が親を心配させている
ということを感じることです。

これは、親の弱さです。もう一度言います。子供に親が心配しているということが
子供の耳に入ることは、親の弱さです。本当の意味で子供を考えていないことになります。

本当であれば、親は子供の見本として、どんな状態に子供がなっても臆することなく
善と悪を伝えることができるのが理想です。

そういった意味で、最初に親が変わると子供が変わるとお伝えしたのですが、
もしご両親が変わるのが嫌であれば、上記に述べたお子さん自体がありのままの
自分を愛せるようなことをやってみてください。

また、これ以上子供に親が心配しているということが伝わらないようにして下さい。
最初にも述べたように、強がっているようにみえて一番辛いのは息子さんなのです。

誰だって友達が欲しい、誰だって仲良くしたいと思うのは自然の人間です。
でも、無理やり強がっているときにさらに息子さんに負担をかけるようなことは
やめたほうがいいでしょう。

親は子供にどんなことがあっても、自分の感情をブラすことなく誠実さとユーモア
をもって導いてあげることが理想です。

なので、息子さんに
・制限ではなくやりたいことをやらせてみる
・ダメな自分も好きになれるように完璧主義を改善してあげてください。

そして、出来れば親として子供を導いていけるように「今、自分の成長するときなんだ」
と感じてみていただけると、気楽になるでしょう。

人間には、成長と衰退しかありません。安定というのは人間が望んでいるだけであって
実際には存在しません。なので安定を求めていると、問題が起きるとそこに対処でき
なくなります。

なので、常に楽しく成長するクセをつけるようにすると、これからあなた方ご家族は
素晴らしい生活を送ることができるでしょう。

p-coach, パーソナルコーチ
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 122
経験: パーソナルコーチ
p-coachをはじめその他名のライフスタイルカテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
< 前へ | 次へ >
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • well-being

    well-being

    日本カウンセリング学会認定カウンセラー

    満足した利用者:

    25
    高校養護教諭を経て認定カウンセラーの資格を取得、私立高校と大学のスクールカウンセラーを経て現在母子生活支援施設長として勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/WE/wellbe/2013-2-19_12616_kakoGRh9FjY1iiknPljk.64x64.jpg well-being さんのアバター

    well-being

    日本カウンセリング学会認定カウンセラー

    満足した利用者:

    25
    高校養護教諭を経て認定カウンセラーの資格を取得、私立高校と大学のスクールカウンセラーを経て現在母子生活支援施設長として勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/AG/agtma227/2011-9-6_224338_shirtM1.64x64.jpg p-coach さんのアバター

    p-coach

    パーソナルコーチ

    満足した利用者:

    19
    パーソナルコーチ
  • /img/opt/shirt.png nick-exp-jp さんのアバター

    nick-exp-jp

    進学アドバイザー

    満足した利用者:

    56
    None
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    専門家

    満足した利用者:

    15
    中央大学卒・特定行政書士・ネットワークスペシャリスト・情報セキュリティスペシャリスト
 
 
 

ライフスタイル についての関連する質問