JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

p-coachに今すぐ質問する

p-coach
p-coach, パーソナルコーチ
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 122
経験:  パーソナルコーチ
60654123
ここに ライフスタイル に関する質問を入力してください。
p-coachがオンラインで質問受付中

はじめまして。 小学校2年生の息子がいます。 今年5月に、体育の授業で、長繩を練習中に、先生がタイミングを教える

質問者の質問

はじめまして。
小学校2年生の息子がいます。
今年5月に、体育の授業で、長繩を練習中に、先生がタイミングを教えるために、他の児童も含め、背中を押し、回されている縄のタイミングを見計らい、背中を押していたそうです。息子も背中を押されたのですが、タイミングが合わず、先生も他の児童に気を取られていて、息子を見ていなかったそうです。息子は転び、頭を強く打ち、先生に保健室に行きたいと言ったにも関 わらず、無視されたとの事。あまりにも様子がおかしかったので、クラスメートが先生に話してくれたのですが、またしても無視。やむを得ず、クラスメートが保健室に連れて行ってくれたそうです。ところが、保健の先生が新人で、たまたま怪我などで来室者が多く、記録が残っていなかったのです。
帰宅時、別の用事で、息子の帰宅時間が遅れてしまったので、家まで送ってくださったのですが、その話は一切なく、帰宅時の息子の様子がおかしかったので、学校に問い合わせの電話を入れたところ、誰も把握しておらず、頭がクラクラする(どうしてそうなったかは、記憶がなかった)というので、脳外科に連れて行ったところ、脳震盪と診断されました。また、翌日、首が痛いというので整形外科へ行ったところ、頚椎捻挫とのこと。クラスメートが証人になってくれているにも関わらず、息子自身の記憶がないことから、息子はうそつき扱いをされました。
担任の先生は、その件に対して、こちらから動くまで、何も触れず、謝罪もありません。ただ、「保健室に勝手に行かないで下さい」と言われました。
そんなですから、校長先生にも報告はしていませんでした。手続きの関係で、保健室の先生から校長先生に報告があったそうです。それでも校長先生からも謝罪はありませんでした。
その後も、先生の監督不行き届きやエコヒイキなどで、息子の立場はますます悪くなり、夏休み直前には「先生がいるから学校には行きたくない」と言い始めました。どうしても我慢できず、早退したり、欠席したりしていました。主人も見かねて、一緒に迎えに行ったのですが、先生方は笑っているだけです。
そして、夏休み直前に、謝罪に伺いたいと言われたのですが、息子が先生に会いたくないとのことだったので、主人と私で話し合いに伺いました。
でも、担任の先生は腕組みをして話し合いに臨み、校長先生も笑っていました。保健室の先生だけが、申し訳なさそうに、謝ってくださり、今後はこのようなことがないよう、気をつけますと言って下さり、実際実践して下さっています。
他にもたくさんの先生とのトラブルがありました。でも、衝突が怖いと逃げます。私たちは、長繩の件の直後、事実を認め、誠意のこもった謝罪をしてもらい、気をつけてくだされば、それで良かったのです。
先日も、また先生の嫌がらせのようなことが続き、ストレスから高熱が出たり、嘔吐が続き、学校を休みました。小児科、内科、耳鼻咽喉科、脳外科、全てに掛かりましたが、いずれもストレスとの診断。
他の子供たちに対しても、お気に入りの子に対しては溺愛をし、そうでない子に対しては、厳しい言動で対処しています。何度もそれらを辞めて欲しいとお願いしたのですが、聞いてもらえず、校長先生も口だけで、学校に頼れる先生がいません。唯一、教頭先生が話を聞いて下さいましたが、改善されたようには見えず、ただ単に先生が私を怖がっているようにしか見えません。
私は仕事をしていますが、息子のリハビリ等の通院や、早退や欠席で、仕事もままなりませんでした。ただ、自営業の私の実家で働いているので、給料は減らされませんでしたが、他の事務員さんには迷惑をかけてしまい、申し訳なく思っています。
今、私は感情的になっているかとも思いますが、希望としては、クラスの生徒や保護者の前で事実を話し、きちんと謝罪し、できれば私の職場の人たちにも謝って欲しいくらいです。そして、今後、このようなことがないよう、先生ご自身が心を入れ替えて下さることを望んでいます。また、学校側の対応についても、ISSを取得したからと安心するのではなく、維持するための努力をして欲しいと思います。
息子やクラスメート、その保護者の方に迷惑をかけないで、担任の先生に対し、なんらかのアプローチというか、手段はないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ライフスタイル
専門家:  p-coach 返答済み 4 年 前.
初めまして。ご相談頂きましてありがとうございます。
ぜひ、あなたのお悩みを解決する方法をお伝えいたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

この場合、望むことは、こちらへ先生方が謝罪し、そしてそういった
行為をこれから息子さんへしないようにするということだと思います。

それを実現するためには、心理的な方法を使うことで
そこまで辿り着くことがで きるはずなので、それをこれから
お話していきます。

まず、一番速く、息子さんの身の安全を守るためにも、
一番速い方法が、いじめられていない子供、ひいきされる
子供の真似をするということです。

これは、長期的に見ると自分を押し殺すことになるので、
疲れてきますが、今もし、お子さんの体の心配や、次の日の
ことが心配でしたら、まずは溺愛される子供の真似をすること
で、そこは守ることができます。

人間は、そこまで複雑に出来ていないため、今までどんなに
腹立つ相手でも、自分が好きな子供の真似をすることで、
時間がたつにつれ、いじめたいというような気持ちが出てこなくなります。

まずは、これは自分の身を守るという上で、活用してください。

そして、次に、お子さんと先生やいじめる相手との関係はどんな関係でしょうか?
いじめられるときの息子さんは、おどおどしていたりしませんか?

いじめが発生するときというのは、必ずといっていいほど、
おどおどしたりしている相手と、イライラしている相手の間で
起こります。

そして、これはその人それぞれの性格ではありません。
そのポジションにいることで、相手が自動的にそういった形になります。

例えば、自分がおどおどしてたら、どんな相手でもイライラする
ようになり、自分がイライラしてたら、相手がおどおどするようになります。

もう一度言うと、これは性格は関係ありません。

人間の中の心理作用として、そうなるのです。

なので、これを活用すると、息子さんが誰かにいじめられる、いじられる、
など、嫌なことを相手がしてきたときに、こちらは怒ったり、相手を
圧倒するような対応をすると、相手はそういったことをしなくなります。

これは、どんな人を見ても分かると思いますが、常にイライラして
人を攻撃するタイプの人に対しては、いじめをする人はいなくて、
常におどおどしている人に対しては、誰かがイライラしたりします。

これは、どちらが良い悪いではなく、相手がそのポジションに行くことで、
他人が反対のポジションに行くようになります。

これは、長期的に使えますし、自分の頭の中で判断できるようになります。

例えば、相手が自分をいじめてきたら、自分がおどおどしてたり、そわそわ
してたりしていたな、と判断し、相手に対して強気で出ることで、相手を
別の心理へ変えることができます。

また、他の人をなごませて、わざと自分をバカっぽいキャラを演じることで
周りからの攻撃を自分で吸収して、その場を和ませるスケープゴートの
ような役割を取ってしまう人もここにあたります。

学校など、親がどうしても手が届かないところで、良いようにされる
ところというのは、お子さんが自分で自分の身を守れるスキルを
身につけることが、学校に限らずこれから社会に出てからもずっと
使える方法になるでしょう。

まずは今お伝えした方法をやってみてください。どちらも自分の身を
守るのに使える方法です。

・他の溺愛されている子供の真似をする
・いじめられるときの自分の立ち位置、振る舞いを確認し、
柔軟に変える

これは、小さなお子さんには難しいと思われるかもしれませんが、
練習すればできますし、身につければ一生使える優れたスキルです。

そして、もう一つ大切なことは、息子さんがどんな学校生活を
送りたいのか?ということを明確にすることです。

人間は、自分が鮮明にイメージしたことを、現実に現そうと
脳が働くという力を持っています。

なので、自分の身の回りに悪いことが起きている場合は、
過去に少なからずそういうことをイメージしているという
ことが当てはまります。

ですが、同じく辛い状況でも、楽しく対応できる人がいるという
事実は、自分がどんなイメージを普段から抱いているか、という
ことの違いでもあります。

なので、学校で楽しく先生と友達と過ごしているところを
想像してみてください。

もちろん、嫌いな先生と仲良くやっているところはイメージ
しにくいと思いますが、嫌いな先生というイメージばかり
抱いていると、人間は抱いたイメージの行動しかできないため、
建設的なコミュニケーションはできないと思います。

いじめる相手は、誰が見ても悪いし、子供だし、どうしようもないな、
と思いますが、そう見下す前に、「この人はこうやって人をいじめる
ということは、過去に自分もいじめられてきたんだな」や、
「昔、親との間で辛い出来事があったんだな」という解釈もできます。

だいたい、いじめをする人というのは、小さいころに
親とのトラウマが原因になっているケースが多いです。

そういうところまで相手を理解してあげると、
相手をもっと広い視点で見ることができます。

いじめをするということは、誰が見ても分かりますが、自分の
ことしか考えていません。ですが、それも自分のことしか考えれない
ように育てられてきた、そうするしかなかった、というふうに、
自由に相手を尊重するように、理解してあげると、相手をもっと
広い視点で見ることができます。

先生といっても、現代の教育制度の中、大人になっても本当に
大人と呼べる広い心をもった人というのは、0.1%もいないと
思いますが、それも先生がいじめという誰が見ても幼稚な行動を
起こしてしまう理由の1つだ、という解釈もできます。

ここでのポイントは、相手を見下さず、尊重する立場から
相手を理解してあげるということです。

そうすることで、初めて自分の感情を自由に選ぶことができるようになります。

相手がいじめると、こちらが怒る、というパターンでは、
相手がいじめることで、こちらが怒るということを、相手に
コントロールされることになってしまいます。

また、相手を見下して理解しようとすると、相手がいじめると
見下して理解する、というパターンも固まり、これも相手に
コントロールされることになります。

ですが、相手を尊重しながら理解することで、初めて相手に
コントロールされず、自分で自分の好きな感情を選ぶことが
できるようになります。

なので、まずは以上のことをやってみてください。

そして、人間はパターンの生き物です。

ということは、先生が息子さんをいじめるということもパターンに
なっています。

そして、このパターンは、こちらの息子さんが先生や周りへの
対応を変えることで、相手のパターンをいともカンタンに
崩すことができます。

1ヶ月もすれば、そのパターンが定着して、
いじめはしなくなるでしょう。

なので、まずはいじめがなくなるこちらの対応を見つけてください。
いじめられるうちは、こちらのパターンがまだ変わっていないということです。

これは、自分で柔軟にどんなパターンでも選ぶことができます。

そして、これは自分の力をつけるトレーニングになるので、最初は
やる気がでなかったりするかもしれませんが、人生の単位で考えたら、
今、その能力を身につけると、一生使える方法なので、ぜひ根気よく
やってみてください。

そして、また分からないこと、聞きたいことがあれば、
どんな些細なことでもいいので、ご相談ください。

それでは、まずやってみてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
私の伝え方がうまくなかったのだと思いました。息子はいじめを受けているわけではないのです。
確かに、子供同士のトラブルはあります。でも、不慮の事故のようなものなのです。たまたまぶつかってしまった・・・のような具合です。ですから、それは気にしていませんし、相手方の家庭の事情も考慮した上で解決してきています。先生が間に入らなければ良いのです。
問題にしたいのは、「先生」なのです。実際暴力は振るいませんが、言葉遣いが悪く、威圧的なのに、自分は争いたくないと思っています。えこひいきされているのは、女子、もしくは背の低い子なので、それを真似することも出来ません。しかも、5月の面談のときに、「私(先生)も息子さんも一人っ子で、今までの自分のトラウマなどがあり、息子さんとは合わないと思います」と言われました。こういう理由を挙げられてしまっては、他のえこひいきされている子と同じようにすることはかなり困難かと思います。思い込みの強い先生なので、尚更かと思います。
息子が静かにしていても、何もしていなくても、言いがかりをつけられるのを、クラスの子も見ており、それを指摘しても無視をされ、女子がフォローすることで、ようやく納まるのが現状です。
教えていただいた方法は、この件に限り、厳しいかと思います。
問題なのは、担任の先生の言動です。子供同士のトラブルは対象外です。むしろ、子供同士のトラブルはあって当たり前だと思っています。
申し訳ありませんが、頂いた回答とは方向性が違うようなので、別の回答をリクエストさせてください。
専門家:  p-coach 返答済み 4 年 前.
お返事頂きましてありがとうございます。
また、質問の内容をしっかり把握せずに返信してしまい、
申し訳ございませんでした。

そうなんですね。では、先生の言動をどうにかするという
ことが、理想だということだと思います。

まず、最初に伝えた方法として、女子、もしくは背の低い子なので
どうしても真似できない、ということですが、これは体のつくりや
体系はあまり関係ありません。

あくまで、人間の心理的な面なので、自分が男子で背が高くても、
その振る舞い、言動、イメージしていることなどを変えることで、
先生に伝わります。

ですが、これは本人が長く続かないようなら、やらないことを
お勧めします。あくま で応急処置のようなものとして、利用してください。

深い心理の面でいうと、男性も女性も、それぞれ男性性と女性性という
男でも女の面、女でも男の面、を兼ね備えているので、たとえ男子でも
女子の真似をすれば、体は違っても、相手には伝わるようになっています。

そうですね、子供同士のトラブルはあったほうが、本人の成長には
貢献いたします。

では、先生の言動の解決法ですね。

先生自体が、トラウマがあって息子さんと合わない、といっているなら
より速く解決できるでしょう。

あとはそのトラウマが出ないような対応をしていくようにすれば
良いということになります。

まず、最初にお伝えしたいことは、他人を変えることは絶対にできない
ということです。

これには、反発する人もいますが、まずこれだけは確実にいえる
ことは、他人を変えることは絶対にできない、ということです。

まず、これをベースとして考えて、初めて相手を変える
方法が分かります。

相手をこちらの要望で変えようとしても、どんな手を使っても
無理で、まして相手がトラウマによってそういう行動をしているなら
なおさら変えることはできません。

なので、ここは感情は抑えて、論理で解決していきましょう。

まず、人間は絶対変えられない理由として、人間の脳には現状維持メカニズム
、ホメオスタシスという機能があるので、自分の現状を維持するために、
必死で作動します。

なので、他人が自分を変えようものなら、真っ先に反抗して
自分を変えないようにします。

これを変えようとなると、至難の業なのですが、違う方法で
相手を変える方法があります。

それは、【自分が変わる】ということです。

まず、本当に仲の良い関係、信頼関係は、相手がどんなことを
しても、相手が好きだ、相手を愛しているという無償の愛を
心に持つことによって、可能になります。

ですが、今回の場合は、先生はこちらへ愛を示してくれない、さらに
トラウマによって相手を愛することを自分の脳にコントロールされている。

としたら、こちらから先生を好きになって、愛情を示してあげる
という方法が優先的な方法になります。

これは、今からすればより辛いことは分かっています。

ですが、長期的に見ても、これが自分の成長にも
つながります。

今、誰かの手で先生を静めたり、誰かと一緒に先生を無理やり
行動させようとしても、今はいいです。

ですが、長期的に見てください。

これからの長い人生の中で、他人を無理やり変えようとすることが
できるとしたら、今度またそういう状況が現れたら、そういう
対処法をすることになります。

これは、他人の人生をコントロールすることになります。

そうなると、短期的には自分の感情の満足感は生まれますが、
他人の不快な感情は無視することになります。

他人の不快な感情は、長い人生の中で、どこかで違う形で
自分に返ってくるようになっています。

なので、自分を変えるということは、
長期的に見ても、有効的な方法になります。

では、自分を変える方法とはどういう方法かというと、
最初のメールでもお伝えしました、先生のパターンが
変わるまで、自分の対応を変えるということです。

先生にどんなトラウマがあっても、そのトラウマは人間の
5感によって引き起こされます。

つまり、先生が息子さんと合わない、というのは、
息子さんを見る、聞く、触る、感じる、などの5感で
過去のトラウマが引き起こされていることになります。

なので、息子さんが先生に与える5感を変えるように
すると、先生は過去のトラウマにアクセスできなくなるので、
息子さんへの対応が変わるということです。

やはり、今の状況からしても、「なんでこっちがひどいことされてるのに
自分が変わらないといけないんだ、先生を変えるべきだろ」と思うかも
しれませんが、これは私にもどうしようもありません。

他人を変えることは絶対にできないんです。

私は今まで世界中の有名な医者、物理学者、心理カウンセラー、
メンタルセラピストなどから何千万円かけて色々な方法を教えて
もらいましたが、他人を他人が望んでいないのに変えることは
できないという結論に達しました。

「誠意をもって一言謝ってもらえばそれでいい」と思っても、
相手がトラウマをもっている以上、誠意をもって謝ることは、
自分の心を痛めることになるので、必ず上辺の謝りになるでしょう。

なので、自分を変える、ということで、今まで先生と接していたときの
息子さんの話していること、話しているペース、話しているトーン、
動きの速さ、表情など、先生が5感で感じ取れるところはたくさん
あると思います。

その中で、先生のトラウマが引き起こされるのは、息子さんの
どこなのか?ということを1つだけでも分かって、それを今までと
違うものに変えれば、先生のトラウマは出てこなくなり、
対応が変わってきます。

たった1つでいいです。
その1つが、トラウマを引き起こす大きなものであればあるほど効果的です。

これは、考え方としては、先生のカウンセラーになったような
考えのほうが、感情を抑えるうえでも良いと思います。

もし、ご自分の息子さんを変えるだなんて、ダメな人間みたいじゃないか、
と思ってしまったら、それは私の伝え方が悪いです。申し訳ございません。

ですが、そう伝えたいわけではないのです。

やはり、トラウマを抱えている人間は、いくら強がっていても、もっと
深い面から見ても可哀相な人です。

息子さんに限らず、自分のトラウマを刺激する子供にあえば、また
その自分が呼び起こされて、自分が優位に立っているように見えても、
息子さんのように、相手にコントロールされていることになりますから。

そうやって、この場合では、「しょうがないからやってやるか」という
スタンスでも最初はいいと思います。

それで、息子さんの対応が変わることで、先生が変わったのであれば、
先生のトラウマを出さないようにしてあげた、という相手を思いやる
解釈になるかもしれません。

これ以外の方法もたくさん知っているのですが、やはり他人を
変える最も安全で、最もお互いにとって成長と愛と感謝が芽生える
のは、この方法です。

これ以外だと、先生に対しての催眠療法や洗脳治療になってしまいます。

なので、これをやるかやらないかは、あくまでお母様と息子さんに
お任せしますが、もしやっていただけるとすれば、

・先生のトラウマが引き起こされる息子さんが与えている5感の中の何か?
ということを明確にします。
これは、先生と接しているときに、先生の反応を細かく見るようにします。

そして、自分が話した言葉、話すスピード、話すトーン、行動、動き、
表情、態度、など、どんな自分で接したときに、自分に対してひどい
扱いをするか、ということを見つける必要があります。

・そして、それが見つかったら、あとはそれを変えるだけで大丈夫です。
どんなふうに変えても大丈夫です。そして、変えてからひどい扱いを
しないようになれば成功です。

1,2日で変わらなかったとしても、長期的に見れば、全然
違う結果になってくるでしょう。

先生の今までの言動に怒りが出てきても、自分の感情が逆なでされる
だけで、なんのメリットもありません。

それよりも、なぜ先生はそういう言動をするのか?そしてどうすれば
その言動をしなくなるのか?というふうに、論理的に解釈できれば、
解決できますし、そういった感情を逆なでされることはなくなります。

やはり、感情が出ると、なんとかしてやりたいというふうな気持ちが
出てきますが、その先にあるのは、どちらかが不快な気持ちを感じる
悲しい結末になってしまいます。

ですが、論理的に対処する方法が分かれば、お互いが納得する
結果を迎えることができます。

もし、お伝えした内容が納得いかなければ、私の評価と報酬は
必要ありませんので、安心してください。

それよりも、私のこれまで見てきた方々の中でも、感情を外して
論理で納得してもらえれば、必ず解決できると思ったので、その
方法の全てをお伝えいたしました。

不快な表現などありましたら、申し訳ございません。
これからの息子さんのお母様の幸せな生活を願っています。

また何かありましたら、お気軽にご相談ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧にありがとうございます。

先生ご自身のトラウマは、ご自身が一人っ子であったにもかかわらず、ご自身の両親に褒められた記憶がなく、また勉強熱心で、友達も少なかった事ようです。息子やその友達も「先生が褒めることなんてない」と言っていました。また、なんでも自分でやらないと気がすまな い性格で、そこまでしなくても・・・というようなことまでしてしまい、肝心なことがおろそかになってしまうこともしばしばあります。アドバイスしてくれる人も少ない(他の先生に怖がられている為)ので裏目に出てしまうこともあるようですし、相手を気遣うこともありません。学校を欠席しても「お加減いかがですか」などど言われたことはありません。殻にこもってしまうタイプで、人の言葉に耳を傾けることができませんし、まんべんなくクラスを見ることはできません。でも、何事も一所懸命やろうという気持ちは伝わってきます。ただ、視野が狭いのが最大の問題なのかと思います。

 

息子は男の子とはいえ、女性的な部分もあり、男女問わず遊ぶことも出来ますし、トラブルの仲介もします。お調子者ではありますが、友達の絵を褒めたり、アイデアを出して提案したりもします。勉強も好きなのですが、字が汚く、先生の話もきちんと聞かないので、先生も手を焼いているのではないかと思います。でも、人に暴力を振るうことはなく、むしろその痛さや悲しさを経験しているので、友達が困っているのを見過ごせないようです。

自分がそうありたかった姿が、息子に備わっているのが嫌なようなことを、先生ご自身がおっしゃっていました。

 

私は言葉で褒めるのが苦手なので、抱きしめたり、頭をクシャクシャにするほどなでながら褒めたり、一緒にお風呂で歌ったりしているだけです。息子は学校で嫌な事があっても話してくれます。友達にも恵まれ、放課後、予定がなければ毎日のように友達と遊んでいます。

自分に出来なかったこと、自分がして欲しかったことを、息子は出来ているのが気に入らないようで、先生が先生の両親に叱られたことを思い出すそうです。

 

でも、私も息子を叱ります。手はあげませんが、息子は「母ちゃんは怖いけど、自分が悪いことをしたから叱られているんだ」と分かっています。でも同じ事を繰り返しやってしまいますが、それでも同じことでも叱ります。私も両親に褒められた記憶があまりなく、どちらかというと叱られた記憶や、衝突した記憶が多いです。ただ、衝突した経験があるので、話し合うことを大事に考えたいと思っています。

 

先生は、衝突するのが嫌だとおっしゃったので、最初のうちは私も感情的に話してしまいましたが、今はゆっくり穏やかな口調で話すようにしています。なるべく褒めるようにしたり、低姿勢で接するようにしています。ところが、今度は露骨にえこひいきが始まり、約束を破るのは当たり前で、子供同士のトラブルも増え、その対処も呼び出して叱って謝らせておしまいという感じです。

 

先日の懇談会でも、先生の授業のあり方や、各児童への対応について、保護者から議題にあがりました。でも、濁しておしまいにするので、保護者からも不満の声があがっているのですが、誰に伝えて いいのか分からないのです。校長先生は楽観的ですし、統括の先生も笑っておしまいにしてしまう先生ですし、組織ぐるみで隠蔽してしまうような雰囲気です。教育委員会は特に評判が悪く、県の教育委員会に相談するとか、弁護士さんに相談するとか、そんなことも考えました。担任の先生は長年、この小学校にいるので、そろそろ異動になるでしょうから、それで終わりにするのではないかと、保護者の皆さんも言っているのです。

 

今日、息子は授業中に挙手し、先生に質問しようとしたら「うるさい」と言われたそうです。だから、授業が終わってから、もう一度先生に質問したそうです。それでも「黙れ」と言われ、休み 時間を費やして友達に教わったそうです。その後、息子だけ呼び出され、「宿題、多く出してごめんね」と言われたそうですが、息子は「俺にじゃなくて、みんなの前で言って下さい」と伝えたそうです。息子は何がなんだか分からず、混乱していました。でも、明日から冬季休業です。クリスマスも近いのですが、願い事に「今の担任の先生のいない楽しいクラスが欲しい」と書こうとしたので、それはやめるように言いました。

1学期はおとなしく過ごし、2学期は楽しく盛り上げるように過ごしてきた息子ですが、どちらも先生にはお気に召していただけなかったようで、残念がっていました。もらってきた「あゆみ」にも、先生が原因による怪我のため、体育の授業にあまり参加できなかったので、やはり良くありませんでした。

 

p-コーチ先生のおっしゃるお通り、担任の先生自体を変えることはできないと思います。他の先生の力を借りても、絶対無理だと実感じています。だからこそ逆に、息子や私もいろんな方法でアプローチし てきましたが、それもうまくいかず、むしろクラスの傷は大きく広がっていくばかりのような感じで、保護者が先生を探っているような状況です。我が家では先生のせいで怪我をさせられたのと、私自身が強気なせいで、先生と話し合いを何度も重ねてきました。でも、他の保護者の方々は「まさかそんなことが・・・」と信じられない気持ちでいっぱいなんです。

 

他の保護者の方々も「子供の口の利き方が悪くなった」、「物事に対して雑になった」、「学校や先生、勉強が嫌いになった」、「学校に行きたくないと言い出した」、「宿題で毎日苦しんでいる」など、たくさんの意見が出ていますが、先生自身、何も変わっていません。

 

子供たちは「先生に何を言っても無駄だから・・・」と、先生のいない場所で遊び、授業も聞いているフリをし、毎日同じプリントをこなす日々だそうです。だから、我が家の一件も氷山の一角なのだと思います。

 

p-コーチ先生のおっしゃることは、重々分かりますし、長い目でみれば、ほんの一時の事ですし、成長のきっかけにもなると思います。でも実際、大嫌いな先生ですが、学校で何かあったらまず先生に言うように話していますし、実践もしているんです・・・授業で分からなかったり、困ったことがあったり、相談したい事があったりしたら、先生に話してみるよう心がけているにも関わらず、無視、「うるさい」、「黙れ」で済まされることがほとんどだそうです。

 

これ以上、どうすれば良いでしょうか?

 

p-コーチ先生が伝えてくださっている事、本当にありがたいと思いますし、やはりそうなのかぁと思うこともあれば、目からうろこのようなこともあります。でも、もう子供たちにも、保護者たちにも、関係改善という気持ちはほとんどありません。子供たちも諦めているんです。残りの3学期は短いですから、どうにか現状を担任の先生に理解して欲しくて、相談している次第です。

 

ちなみに担任の先生は学年主任でもあります。今まで高学年を受け持っており、低学年は久しぶりなのだとか。でも、言葉遣い等、高学年なら冗談で済むところが、2年生では恐怖になってしまい、登校拒否していたお子さんもいらしたそうです。

 

それらを踏まえて、もう一度、具体例を教えていただくことはできないでしょうか?

 

追伸:p-コーチ先生の一所懸命な お気持ち、重々伝わっています。ありがとうございます。なかなかうまく伝わらないもどかしさはありますが、他人に対し、こんなに親身になって下さり、本当に感謝しています。でも、理解は出来ても、納得はできないです。大きな改善を希望しているのではないからです。正直、3学期を我慢してしまえば、もう二度とその先生の担任のクラスになることはないと思います。だから、先生との関係改善とか、先生ご自身の改善を目標にしているわけではありません。それは無駄だと悟ってしまいましたから・・・。ただ、この出来事をきちんと完結したいんです。息子も、私たちも・・・そうしなければ、前へ進むことは出来ないと思うのです。申し訳ありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
問題が多すぎるのか、文字では伝えきれないのか・・・ピンポイントで欲しい回答ではないように思います。
私がもっと早く相談していれば、頂いた回答をスムーズに受け入れられたと思うのですが、気長にやっていけるほどの時間はありません。
頂いた回答に対しては、本当に親身になって下さり、先々のことも真剣に考えてくださっているので、ありがたく思っています。でも、今のこの時点での回答としては、遅く、弱い印象を受けます。
人はそう簡単に変わることはありません。それでも、息子は試行錯誤して、1,2学期を過ごしてきました。担任に好かれなくても、関係改善ができなくても良いんです。ただ担任を許せないんです。学校にはマニュアルがあり、先生は謝らず、穏便に解決するとなっているそうです。だから、どの先生に話したところで、そのマニュアルに従うだけで、そこに個人の感情は入ってこないのです。
病院の先生に、息子の頚椎捻挫はクセになってしまい、治るかはわからないと言われました。脳震盪は大丈夫だそうですが、短期間の間に頭を強く2度も打ち付けているので、また似たようなことがあった場合は救急車を呼ぶように言われています。ちょうど成長が著しい時期に起きたことなので、病院の先生方も保証は出来ないとおっしゃっています。出来ることならそれを治して欲しいです。サッカーをやっているのですが、ヘディングは厳禁と言われてしまいました。
脳震盪の2回目の頃の6月、サッカーの試合がありました。当然参加出来ませんでしたが、息子の所属するチームは優勝し、金メダルをもらいました。でも、息子は参加できなかったのでもらえませんでした。その日のために練習してきたのに・・・泣いていました。そういう心の傷も踏まえて、理解して、謝って欲しかったんです。
ただ、息子は精神的に強くなったと思います。来月のサッカーの試合に備え、一所懸命練習に励んでいますし、これだけひどい先生に当たるのは、そうそうないですから・・・。どんなことを言われても、立ち向かっていく強さは、昨年と比べ物になりません。そういう意味では感謝していますが、一般常識的に考えて、このままでは納得できません。他にも問題があり、今、私たちが泣き寝入りしてしまったら、それで良いんだということになってしまいます。その為の回答が欲しいと思います。
もし、そういうことが提案してもらえないようでしたら、そうおっしゃってください。他の方法を考えますので。宜しくお願いします。
専門家:  p-coach 返答済み 4 年 前.
お返事頂きましてありがとうございます。
では、先生との関係改善を目指すのではなく、先生に謝ってもらう
ということが理想ということでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返信ありがとうございます。

昨日、返信していただいたように、先生のトラウマを刺激しないようにするとなると、息子の人間性の方が問題になります。

たくさんの友達と楽しく過ごしているのもダメ、きちんと勉強も頑張っているし、遅れても自分から先生に率先して質問をするのもダメ、一人っ子もダメ・・・そういうことになってしまいませんか?

正直、先生が謝って下さっても、事の重大性は伝わらないですよね?実際、謝る=解決をと考えているのですから。

息子はトラブルが起きたとき、当事者同士で話し合い、まずはお互い納得する。第三者の介入もあります。その上で謝るか、それが難しくても握手したり、遊ぶ約束をしたりして、解決するようにしているのですが、それすら先生は受け入れることが出来ないのを、見てきました。

だから、謝ってもらっても、先生の心には響かないと思うのです。一番の理想は、息子に対して軽んじた言動をした校長先生、統括の先生、担任兼学年主任の先生に、事の重大性を分かってもらいたいんです。だから、弁護士の先生には相談せず、こちらに相談させていただきました。上記の先生方は、電話で自分の意見を押し付ける、笑いながら話す、身内をかばうなど、とても息子に対して申し訳ないことをしたという気持ちがあるようには見えません。

申し訳ありませんが、そういう観点からのアドバイスが頂けないようでしたら、他のところに相談したいと思います。とても丁寧に回答して下さるのですが、私の言葉が足りないせいか、すっきりしません。次のお返事を待ち、それ次第で判断させていただきたいと思います。宜しくお願いします。

専門家:  p-coach 返答済み 4 年 前.
お返事頂きましてありがとうございます。
まず、今お母さんが感情的になっていることを分かってもらえますか?

その状態ですと、やはりこの物事の本質が隠れてしまいます。

「先生方に事の重大性を分かってもらいたい」という気持ちでいると、
少なからず論理ではなく感情になってしまいます。

感情がいけないわけではありません。人間にとって非常に大切なのが感情です。
ですが、今回の場合、先生方に事の重大性を分かっ てもらう、ということは、
何らかの形でこちらに誠意を表してもらいたい、ということですよね。

そうなると、やはり相手に行動してもらう必要があります。

相手に行動してもらうというのは、相手を尊重していなければできません。
それ以外で無理やり行動させるとなると、もしそれが成功してもこっちが
満足して、相手が不満足で終わってしまいます。

もし、それでもいいなら、第3者の力を借りて、言葉なり行動なりで
謝らせる方法が一番近い方法になるでしょう。

ですが、お母さんと息子さん、そしてその身近な人で、先生方に直接
謝ってもらう、誠意を評してもらう、事の重大さを分かってもらうとなると、
やはり、こちらがリーダーシップを正しい形で行動に起こす必要があります。

例え、自分にとって悪い相手であっても、無理やり行動させようとする
時点で、リーダーシップではなく、強制になってしまいます。

もし、お母さんが自分たちがリーダーシップを発揮して、相手に誠意を
示してもらって、お互いに良い形で終わらせたいのであれば、私は
これからもお母さんにアドバイスをさせて頂きます。

ですが、それでは間に合わないようでしたら、私ができる範囲はここまでになります。
申し訳ございません。報酬も頂かなくて結構ですので、ご安心ください。

それでは、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

うまく伝わらないもどかしさ、抑えてきた気持ち・・・私が感情的になっているのは、自分でも気付いています。申し訳ありません。状況を全く分からない方にメールで伝えるのは、本当に難しいですね。多分、教育委員会等で話す事になったとしても、同じようになるのだと思います。違った意味で勉強になりました。

 

今まで、息子が先生を嫌いにならないよう、せめて息子の前ではそういう仕草を見せないように、我慢してきましたし、どういう状況になっても良いように、記録をできるだけ残し、毎晩寝不足の日々でした。だから、他の方々も泣き寝入りしていくのだという事も分かりました。

 

私たち夫婦がリーダーシップを発揮して行動し、解決するのに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?できれば、お互いに良い形で終わらせたいと思いますが、あと3ヶ月しかありません。それでも解決できる方法があるのでしょうか?

 

私たちとしても、弁護士の先生に話すほど大きな問題にはしたくないのです。学校の先生方にとっては、ただの苦い経験であり、私たちはうるさいモンスターペアレンツかもしれません。でも、息子もきっと乗り越えることが出来ると信じています。悔しくても、辛くても、一所懸命私たちに話してくれ、数日間は休んだものの、学校に通っていたのですから。

 

それに対して、私達も、先生方に理解していただき(学校に来たのだか ら良いじゃないと言われたので、息子がどんな気持ちで学校に行っていたか、少なくとも先生方には分かっていらっしゃらないと思います)、お互い新しい気持ちで、新年度を迎えたいと思います。学校に行くのは義務教育で当たり前なのかもしれませんが、逃げないで頑張っている息子に、私たちはどんな気持ちで送り出し、迎え、話し合い、応援すれば良いか分かりません。来年の担任の先生が、今の先生でないことを祈るだけで良いとは思えないのです。きちんと完結したいと思うのです。

 

私たちのこの姿を息子に見せるべきかも分かりません。ですから、話し合いも、記録も、全て息子が寝てからやっています。でも、少なくとも、息子のトラウマにならないように、完結したいと思います。もう少し、詳しく教えていただいてもよろしいでしょうか?

専門家:  p-coach 返答済み 4 年 前.
お返事頂きまして、ありがとうございます。
分かりました。ありがとうございます。

3ヶ月で、できればお互いに良い形で終わらせるために、あなた方
夫婦がリーダーシップを発揮して行動し解決するのは、可能です。

可能ですが、そのためには自分のエゴを捨てることと、他人を心から尊重し、
理解すること、そしてお伝えする方法をやっていただくことで、可能になります。

これは、大変です。

今も大変だと思いますが、今はこちらの意見が相手に伝わらなくて、こちらの
要望に相手が望んだ反応をしてくれなくて、大変だと思います。

ですが、これだけ嫌な相手を、心から尊重し、理解するというのは
聞くだけでも嫌だと思います。

そして、これは前回お伝えした方法ですね。このお伝えした方法を
やっていただけますか?

まず、リーダーシップを発揮するには、他人を変えるために色々な技を
覚えることでは ありません。

【リーダーシップとは、他人をリーダーにすることです】
【そして、リーダーとは、自分の感情を自分でマスターできる人で、
自分、他人とのコミュニケーションを自分で自由にとれる人のことです】

この原則からすると、他人をリーダーにすること。
つまり、息子さん、(理想は先生も)をリーダーにすることです。

そして、息子さんが自由に自分と他人とのコミュニケーションを、
自分がどんなに不利な状況でも、取ることができるようにするのが
リーダーシップです。

お聞きしてて分かると思いますが、これは3ヶ月という短い間で
身につけようと思ったら、本気で自分を変えようと思うしかありません。

他人ではなく、自分を変えようと思うしかありません。

もし、今の感情が、息子さんの成長を思っているよりも、先生方への
怒りなどの気持ちが強ければ、リーダーシップは身につけることは
できません。

リーダーとは、器の大きな人間です。

器の大きな人間は、自分や自分の愛する人に攻撃してくる人間をも愛せる人です。

これを心の底から理解するには、他人が憎い、腹が立つといった
自分のエゴを自分の中から消さなければいけません。

そして、エゴとはありのままの自分を愛せない気持ちから来るものであり、
ありのままの自分を直視することになります。

抽象的な話になりましたが、全体像は以上のようなものです。

ほんの3ヶ月で、リーダーシップを身につけるのはよほど本気の方じゃないと
できません。

そして、その動機が相手を変えたい、相手にこうしてもらいたい、という
動機なら、必ず身につけられません。

それは、リーダーシップの本質そのものから外れていくから、どんどん
遠ざかっていくだけです。

なので、もし本気で身につけたいなら、それは自分を成長させる
ことをやる、ということになります。

もし、自分を成長させたいなら、リーダーシップを身につけたいなら、
私も本気でサポートいたします。

ですが、リーダーシップを身につけることによって、相手を変えれる、
自分は何もしなくても大丈夫だ、という気持ちがほんの少しでもあれば、
私がサポートしても、すべて頭から抜けていってしまいます。

では、どうしましょうか。ゆっくりお考え下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

余談ですが、昨年も、いじめを容認し、担任自身も手をだす先生がいたそうです。

当時2年生の担任で、新任の先生だったそうです。

その児童のお母さんは、最初は担任の先生に事実確認をしたそうですが、自分の非は認めず、いじめた子に、被害者の児童に近づかないことを約束させたそうです。

しかし、加害者のいじめっ子は、他の子に対象を移しただけで、何の解決にもならなかったそうです。

 

担任の先生に関しては、学年主任→統括→校長先生と徐々に話したそうですが、聞いてもらうだけで、何も変わらなかったそうです。

 

そこで、教育委員会に相談しようと、知り合いの市議会議員さんに話を聞いたところ、子供に精神的負担がかかる(根掘り葉掘り繰り返し聞かれるからだそうです)し、学校もかなり休むようになるし、逆に辛いだろうから、やめたほうが良いと言われたそうです。そこの一家は泣き寝入りせざるを得なかったと、今でも悔やんでいます。被害者のお子さんも、会話をしなくなり、家庭全体が暗い雰囲気になっているそうです。

 

ちなみにその担任だった先生は、異動ではなく、退職されたそうです。

 

通っている学校が比較的大きいので、トラブルはつきものだと思っています。養護教諭も1人では足りなくて、2人になりました。問題の多い学年には、補助的に先生もついています。でも、いくら教師を増やしたところで、根本的な解決にいたっていないのが現状です。

 

本当に、素晴らしいと思える先生は少ないですね。普通でも難しいくらいです。教育の現場はどうなってしまったのでしょうか?確かに難しい職業に変わってきたのは事実ですが・・・。

 

ただ、息子は幸いなことに、昨年の担任の先 生に恵まれ、その先生は失敗も多かったですが、とにかく一所懸命で、子供の気持ちのそばに寄り添い、保護者の不安を解消するために、本当に良くしてくださりました。ですから、子供たちがアイデアを出して、先生を助ける場面が多々ありました。現在、その先生は3年生に異動しましたが、息子の教室と同じフロアで、息子は毎日先生に挨拶に行き、辛いときなどは、少しおしゃべりをしたりして、救われたときもありました。昨年の担任の先生は「学年は違うし、私は何もできませんが、彼はきちんと挨拶をしてくれます。学校にも来ています。私もできる限り見守っていきたいと思いますので、何かあれば話に来てください」とおっしゃってくださいました。

 

昨年の担任の先生は、年配であることもあり、言葉についてはかなり厳しく、挨拶はきちんとすること、ちくちく言葉(人を傷つけるような言葉)は使わないことを徹底していました。そして、乙武さん(五体不満足の著者)の話をよくしたそうで、普通に生きているのではなく、みんなはいろんな人に生かされているんだと、教えてくださっていました。

 

その先生と比較してはいけないとは分かっているのですが、そういうことではなく、その先生との出会いがあったから、今の担任の先生がひどいことをしても、寄り添おうという気持ちを生んだのだと思います。でも、今では体が拒否反応を示すようになってしまったので、どういう行動に出ようかと相談している次第です。

 

宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

再投稿:その他. 返信、ありがとうございました。

 

私は、先生に、1学期の頃からずっと、先生を知りたいと、機会があれば話しをし、学校の行事にも参加し、積極的に先生と話をしようと心がけてきました。1学期の頃は、それでも理不尽なことが多く、納得もできず、私自身、感情をむき出しにしてしまったこともあります。もちろんそれについては私の方から謝罪しました。

 

2学期になり、先生を理解したい、先生の手伝いをしたいという気持ちを、怒りの感情を抑え、訴え、接してきましたが、先生は人付き合いが嫌だとか、自分はこのやり方だからと譲ってくれなかったので、話せる機会があれば、極力話し、穏やかに会話をしてきました。

 

教えていただいた方法と全く同じかどうかは分かりませんが、似たようなことをしてきたつもりです。先生を立てるというか、「先生にお任せしますので宜しくお願いします」という風に自分が一歩下がるような風にしてきたつもりです。

 

息子にも「学校では先生が一番頼れる人なんだから、何でも相談したり、話したりしてごらん。きっと力になってくれるよ」と言い聞かせ、実践したそうです。でも、無視され続け、今では友達が先生のいない時や、いないところで相談にのってくれ、他のクラスの担任の先生に相談していることもあるそうです。

 

私たちの努力がまだ足りないのか、教えていただいた方法が合わないのか、私には分かりませんが、子供たちの心は、先生から離れていく一方です。 この結果でも、続けていくべきなのでしょうか?

 

私たち側は今後、どうすれば良いのでしょうか? 改善点、私の勘違い、間違いがあれば教えて下さい。

専門家:  p-coach 返答済み 4 年 前.
お返事頂きましてありがとうございます。

まず、これからお伝えすることは、やはりお母様の成長を
することによって、息子さんも成長するということをお伝えします。

今まで私に送っていただいたメッセージを見返してみてください。
全て「自分を分かって欲しい」というメッセージが込められています。

お母様が、これまで息子さんのために一生懸命やってこられたことは
メッセージの量や情熱から見てもとても感じ取れます。

ですが、その中にも「自分を理解して欲しい」「自分を正しいと認めて欲しい」
といった気持ちも少なからず伝わってきます。

これからお伝えすることは、そういった表面的なコミュニケーションを越えます。

そして、人間は今の自分を変えようとすると、必ず現状を守ろうとして
反発する気持ちが出てきます。そこで、お母様がこれから自分が成長 する
事に関して、反発を覚えないというところでは、素晴らしいと思いました。

ですが、本番はこれからです。

何度も言いますが、リーダーシップは、他人をリーダーにすることです。

今頂いたメッセージからも分かるように、「自分を分かってほしい」
という気持ちが強ければ、リーダーシップを身につけることはできません。

自分を分かって欲しいという気持ちは、自分のエゴです。

今はそれでも良いと思います。ですが3ヶ月でリーダーシップを身につけるには
そういった自分のエゴを消していく必要があるのです。

他人の行動に振り回されない自分になる必要があります。
先生の行動、言動に振り回されず、息子に確固たる道を示してあげる
本当の大人になる必要があります。

現在の日本では、本当の大人はほとんど姿を消しましたが、
本当の大人とは、相手からもらおうとするのではなく、自分で
与えていく人です。

また、頂いたメッセージの中に
>教えていただいた方法と全く同じかどうかは分かりませんが、
>似たようなことをしてきたつもりです。先生を立てるというか、
>「先生にお任せしますので宜しくお願いします」という風に
>自分が一歩下がるような風にしてきたつもりです。

ということで、自分が下がって相手を立てるのは、相手を理解している
ことにはなりません。というよりも、お伝えする方法論は、世界的な
心理学者から学んだ心理カウンセラーの人しか知らないような方法論なので、
普通の人は知らないでしょうし、真似しようと思っても真似できるものではありません。

本当の理解とは、【相手を本当に理解したら、その後でその人に対して
不快な感情は出てこないものです】

なので、お伝えしたいことは、お母様がこれまで知らなかったことを
知って実践してほしいのです。それによって成長できます。

なので、今までのお母様のされてきたことを私に話されても、
これからやること自体が違うので、ただ自分を認めて欲しいという
主張になってしまいます。

だから、本気で3ヶ月でリーダーシップを身につけるためには、
その自己主張をやめる、ところから始まることが分かりますか?

なので、お母様が本気になったら、私へのメッセージは、
それだけの長文の羅列よりも、お伝えすることをしっかりやって、
できなかったことはどうすればいいか、できたことの良かった点は
何か、というフィードバックだけで終わるはずなのです。

なので、もし本気になってからメッセージを下されば幸いです。


質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
抽象的な回答に答えるために長文になり、内容が伝わらず感情的になり、それに対して否定されるのであれば、私はついていくことができません。

他の人や機関に相談しても、問題は解決もしなければ、同じような結果になるかもしれません。

でも、全然すっきりしなければ、やる気も起きず、むしろはっきりしない回答に、「この人は本当に解決策を知っているのだろうか?」という疑問を抱いています。

申し訳ありませんが、これで終わりにさせてください。

全く私と違う目線からのアプローチの仕方があることを教えていただいたこと、他人であるにも関わらず応えようと時間を割いて下さったことには感謝しています。ありがとうございました。私の表現力不足が原因かもしれませんが、これ以上の回答は不要です。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
< 前へ | 次へ >
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • p-coach

    p-coach

    パーソナルコーチ

    満足した利用者:

    19
    パーソナルコーチ
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/AG/agtma227/2011-9-6_224338_shirtM1.64x64.jpg p-coach さんのアバター

    p-coach

    パーソナルコーチ

    満足した利用者:

    19
    パーソナルコーチ
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/WE/wellbe/2013-2-19_12616_kakoGRh9FjY1iiknPljk.64x64.jpg well-being さんのアバター

    well-being

    日本カウンセリング学会認定カウンセラー

    満足した利用者:

    25
    高校養護教諭を経て認定カウンセラーの資格を取得、私立高校と大学のスクールカウンセラーを経て現在母子生活支援施設長として勤務
  • /img/opt/shirt.png nick-exp-jp さんのアバター

    nick-exp-jp

    進学アドバイザー

    満足した利用者:

    39
    None
 
 
 

ライフスタイル についての関連する質問