JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

p-coachに今すぐ質問する

p-coach
p-coach, パーソナルコーチ
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 122
経験:  パーソナルコーチ
60654123
ここに ライフスタイル に関する質問を入力してください。
p-coachがオンラインで質問受付中

四年前に離婚をして今子供は高3の娘と中二の息子です。去年の今頃から約束を守らない!なんでも「母さんが悪い」と些細なこ

解決済みの質問:

四年前に離婚をして今子供は高3の娘と中二の息子です。去年の今頃から約束を守らない!なんでも「母さんが悪い」と些細なことから何もかも責任転嫁の毎日・・・暴力もふるいだしあの手この手でいろんな方に協力してもらいました。今年の夏に三カ月半近所に住んでいる父親の方へ行かせました。父親には「親として一発いれないと、怖いものがないから親らしくしてください。」と何度お願いしても「そらみたことはない!離婚するでこうなることわかってただろうが~」と高見の見物・・・娘には・・・お母さん!お父さんをあてにしたらダメだよ!一緒になって「母さんが悪い!!!」って晃基に言ってるから~と状況報告 10月に本人が中学生らしく暮らすから戻りたい!と・・・最後だよ と戻させました。父親の家では野放し遊び放題・・・一通り小さな悪さをしまくり落ち着いたようでした。戻して二カ月~最近では朝から「母さんが起こすのウザイから起きたくない」「母さんがおかしいんだろうが~」とひたすら逃げ道ばかり作ります。今朝は「体調がわるいんだわ~なんで体調悪いのに学校行かないかんのだ~」と騒 ぎだす。我に返ると反省はするようでいろいろ話は聞いたりできるのですが!!!朝になると~繰り返しです。
私の方へ戻す条件は
①文句言わずに朝起きて学校をさぼらない
②部活をきちんと出る。
この二つでしたが・・・最近では守る気もなく今朝もひるまない私を押してきました。
その場しのぎで逃げてばかり~みんなが乗り越える事で成長していくだろう事も責任転嫁で逃げる~このままでは社会に出ても繰り返す気がします。自分の未来のために乗り越えるように話してもその時は真剣に聞き、質問もしてきます。が~目の前の欲望に100%ついていく
我慢が出来ない!!!
先生も性格を知って いい方向に向かってきているからこの調子で頑張れと言ってくれてるのに周りの信頼を無くす行動ばかり・・・見ていると本当にこの子は精神療法が要るかも!と思うことが多々 私は あんたと向き合って一緒にここで暮らすと決めたんだからあんたもしっかり守りなさい と言いますが~心配しすぎ!ほかっておく事も必要!自分でその気にならないと無理だよ!・・・いろんな意見があります・・・本当に一度まったく干渉せず付き放したほうがいいのでしょうか?長々とすみません よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ライフスタイル
専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
ご相談頂きましてありがとうございます。
ぜひ、お役に立てる方法をお伝えしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

まず、人間が行動する1つの原則を
知ってもらいたいと思います。

全ての人間は、
「痛みを避けて、快楽を得るために行動する」
という原則が働いています。

なので、お子さんが、どうしてもこちらが
望む行動をしてくれないとすれば、それは
ほぼ間違いなく、お子さんにとってその行動が
痛 みになっているということです。

なので、意識的にはこちらの言い分は
聞きますが、意識よりも深い無意識の部分
があるのですが、そこのほうが意識よりも
とても大きな力をもっています。

ダイエットが続かない人は
意識では「ダイエットしよう」と思っても、
無意識が以前の自分に引き戻すので、
ダイエットができないということになります。

なので、まずはお子さんの無意識が
こちらの望む行動を取ることが快楽に
なるように、導いてあげないといけません。

ちょっとむずかしく感じるかもしれませんが、
2回3回読むと分かりますので、安心してください。

まず、お子さんをこちらの望むように
行動してもらうには、お子さんのありのまま
を受け入れるところから始まります。

なぜなら、お子さんは嫌がっているのに、
こちらが無理やりやらせようとすると、お子さんの
無意識は、ありのままの自分を愛してくれない、
分かってくれない、といって必ず心を閉じます。

なので、まずは生まれたばかりの、無邪気で
純粋無垢のころのお子さんのことを思い出して
見ていただければ、より分かりやすいと思います。

そのころは、何をされても嬉しかったはずです。

どんなによだれを垂らしても、物を壊しても
目に入れても痛くない存在だったと思います。

そのころは、お子さんもありのままの自分を
受け入れてくれるお母さんのありのままを
愛してくれていたはずです。

なぜなら、ありのままの自分を愛してくれているからです。

人間の世界は、自分の鏡のような存在として
相手が存在していることがほとんどです。

つまり、ありのままの自分を愛してくれない人は、
ありのままの相手を愛せないようになっているのです。

ですが、相手にこちらの望む行動をしてもらうには、
ありのままの相手を愛して、相手の無意識の壁を
無くす必要があります。

そして、なぜ、こちらの言うことを聞かなければ
いけないのか、ということを誠実にお子さんと
話合ってみてください。

その中で、こちらの望みばかりが強すぎては
相手は変わりません。

ここでの目標は、お子さんの行動を
快楽に結びつけることです。

嫌々お子さんに行動を取らせるのは、現在の日本では
当たり前のように感じますが、人間としておかしいと
思うところも多々あります。

それは、お子さんのことよりも、自分の気持ちを
押し付けて、無理やり行動させようとすることです。

まず、
1.学校に行こうが行くまいが、ありのままのお子さんを愛する
2.そこで初めて、自分の我を通さずお子さんの本当の意見を素直に聞ける
3.お子さんの望みとこちらの望みをマッチさせる

学校に行かなくても幸せに生活している人はたくさんいます。

そうしろとは決して言いません。そうではなく、そういう人もいるんだ、
ということを認識すれば、そこまで無理やりこちらの言うことを聞いて
欲しいというスタンスから外れることができるためです。

そうして初めてお子さんの本当の意見を大きな心で聞けます。

そして、お子さんが楽しいと思える気持ちになれる
動機付けをお子さんに提供します。

動機付けを提供するというのは、お子さんにとって欲しい行動は
なぜお子さんにとって楽しいのか?嬉しいのか?ということを
紙に一緒に書き出してみて下さい。

なぜ学校に行くと良いのか?
・友達がたくさんできるから
・頭が良くなるから
・健康になるから
などの動機付けをたくさん書き出して下さい。

この動機付けが少なければ、やはりお子さんの行動は変わりません。
ですが、この動機付けが多ければ、お子さんの行動は変わっていきます。

脳の中で、痛みと快楽が変わっていくからです。

今までは、学校=痛み、だったのが、学校=快楽
になるのです。

これは、これからのお子さんの生活にも大いに活用できますので
どうぞご活用下さい。

なかなか変われない人は、強いトラウマを持っている可能性があります。

トラウマがある人にトラウマになることをやれ
といわれるほど、苦しいことはありません。

なので、自分にとって苦しいことをさせようとする人間を、
その人の無意識がその人を守ろうとして、壁を作ります。

なので、最初のありのままのお子さんを愛してあげる
というところで、その無意識の壁が出ないように、無意識が
お子さんを守る必要がないように、ありのままのお子さんを
受け入れて下さい。

やりたくない、いきたくない、などのしたくないところには
必ずなんらかの原因があります。

その原因も解決してくれないのに、無理やりやらせようと
する人は、その人にとっては敵になります。

脳からすれば、トラウマになっている行動を取らせようと
する人は、自分の体を危険なところに行かせるということを
察知して、やめさせるわけです。

こういった原則が分かれば、なぜそういったことが
起きているのか、ということの真相が分かります。

なので、まずは最初にあげた3つ
1.学校に行こうが行くまいが、ありのままのお子さんを愛する
2.そこで初めて、自分の我を通さずお子さんの本当の意見を素直に聞ける
3.お子さんの望みとこちらの望みをマッチさせる

を、まずはやってみてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

学校には友達も多く先生ともなんとか良い関係になってきています~朝が起きれない 眠い ・・・甘えた考えのようです。学校に行くのが本人のやるべき事だと思うのですが~その認識すらすり替えてくるのですが~そんな当たり前の事からまずは受け入れるところから初めないといけないでしょうか?

専門家:  p-coach 返答済み 5 年 前.
お返事頂きましてありがとうございます。
まず、原則に立ち戻ってみて下さい。

学校に仲の良い友達や先生がいて、本当に学校が
楽しいと思えるなら、眠さよりも学校を選ぶはずでは
ないでしょうか。

ですが、眠さのほうが勝ってしまうとなると、
やはり学校に行くほうが痛みになっています。

この原則「痛みと快楽」に立ち戻ることで
お子さんの頭の中で起こっていることが
よく分かります。

人間が行動する理由は、快楽を求めるからで、
行動しない理由は、痛みを感じているからです。

そして、お母さんからすると、甘えた考えだと
思うことも、やはり本人からすれば、きつい
ことなのではないでしょうか。

そこで、「そんな当たり前のことできなくてどうする」
という姿勢だと、相手を理解せずに、こちらの意見を
無理やりやらせる形になるため、見た目では行動して
もらったようでも、長続きはしません。

一番望ましい形は、こちらが何もいわなくても
お子さんが自分で学校に行きたい、と思うように
なることではないでしょうか。

そのためには、まずこちらの意思を無理やり
聞かせるようなことは止めた方が懸命です。

お子さんの潜在意識が、お子さんを守ろうとして
意識では行動したとしても、また同じ状態に
戻します。

受け入れる、というのは、相手を理解する
ことだと思ってみてください。

理解するというのは、こちらがどれだけ感情的に
怒り、悲しみ、寂しさ、憂鬱などのマイナスな感情を
感じても、相手を理解しようとすることです。

そうすることで、ありのままの相手を受け入れることができるようになります。

そして、学校に行くのが当たり前で本人のやるべきこと、
ということをお母さんは当たり前と思っていても、お子さんが
当たり前と思わなければ、当たり前という考えが成立しないことになります。

なので、お子さんにとって、当たり前という概念が不正確
なので、学校に行く意味が分からないということになります。

ですが、それ以上に、学校に行きたいと思えれば
こちらが何もいわなくても学校にいくはずです。

お子さんのその気持ちを変えてあげることが一番の近道
になってきます。

p-coach, パーソナルコーチ
カテゴリ: ライフスタイル
満足したユーザー: 122
経験: パーソナルコーチ
p-coachをはじめその他名のライフスタイルカテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
< 前へ | 次へ >
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • p-coach

    p-coach

    パーソナルコーチ

    満足した利用者:

    19
    パーソナルコーチ
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/AG/agtma227/2011-9-6_224338_shirtM1.64x64.jpg p-coach さんのアバター

    p-coach

    パーソナルコーチ

    満足した利用者:

    19
    パーソナルコーチ
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/WE/wellbe/2013-2-19_12616_kakoGRh9FjY1iiknPljk.64x64.jpg well-being さんのアバター

    well-being

    日本カウンセリング学会認定カウンセラー

    満足した利用者:

    25
    高校養護教諭を経て認定カウンセラーの資格を取得、私立高校と大学のスクールカウンセラーを経て現在母子生活支援施設長として勤務
  • /img/opt/shirt.png nick-exp-jp さんのアバター

    nick-exp-jp

    進学アドバイザー

    満足した利用者:

    45
    None
 
 
 

ライフスタイル についての関連する質問