JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5026
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

贈与税について質問させてください。

質問者の質問

贈与税について質問させてください。結婚して6年間、専業主婦をしており、主人から毎月20万円の小遣いを頂いていました。それをせっせと貯めてまとまった額の貯金になりました。
ですが私の知識不足で、夫婦間でも年間110万を超えると贈与が発生することを先日初めて知りました。この6年間全く知らなかったため、贈与税の申告をしておりませんでした。毎月20万を6年間もらっています。今から贈与税を支払う場合、贈与税の計算、贈与税の支払い額はいくらになりますでしょうか?教えて頂けましたらありがたいです。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、夫婦間ではあまりないのですが、そのお金が、生活費等ではなく、本当に、プレゼントとして意味合いの贈与の場合についてご説明します。贈与税は、年間110万円を超えるとかかります。月20万円だと、240万円贈与されています。計算としては、(240万円-110万円(基礎控除))×15%(税率)-10万円(控除額)=9万5千円になりますが、6年分ですが、贈与税の時効は5年ですので、1年分は無くなり5年分にさらに加算税(年5%)をかけることになります。また、刑事罰もあり、無申告の罪は、懲役刑もあります。とは言え、夫婦ですから、結婚してから毎月もらっていると言うのは、生活費ではないでしょうか?生活費の場合は、贈与には、なりませんので、贈与税はかかりません。あくまでプレゼントのような贈与の意識があるときだけの話です。そこはどうでしょうか?生活費で無い場合は、2月1日から3月15日の間に申告します。一般の家庭で、夫婦間の贈与等は、普通は考えられません。余程、高額なプレゼントの時だけです。

法律 についての関連する質問