JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1089
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

昨年の9月に仲間とツーリング中、休憩にため右折しようとした所、後方を走っていた仲間が前方を見ていなくて、私のバイクに突っ

ユーザー評価:

昨年の9月に仲間とツーリング中、休憩にため右折しようとした所、後方を走っていた仲間が前方を見ていなくて、私のバイクに突っ込んできました。相手は軽い打撲程度で、私は肋骨と鎖骨を骨折し、入院となりました。その後、事故が原因の硬膜下血腫も併発し、手術しました。
事故当初は、相手の保険会社が全部保証するということでしたが、その後前方を走っていた私の過失が8割と言いだして、示談交渉が難航しています。保険会社とも交渉し、5割という所まで来ていますが、納得lできません。保険会社が査定の事例としたものが、片側二車線の割り込みによる事故を例にしています。保険会社の牽強付会な対応に憤慨しています。アドバイスをよろしくお願い致します。

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

本件のような,進路変更車(バイク)と,後方から進んでくる車(バイク)との事故の場合,

保険会社がいうように,進路変更車に過失が大きいように判断するのが基本になっています。

これは,進路変更する際には,後方の車両の動向についての注意を払っておくべき,

後方から進行する車輌は,直進していくことを基本として走行しているので,これとの比較で,進路変更する方に注意義務が加算されていると考えています。

もっとも,後方からの速度違反であったりとか,ご指摘の前方不注意などがあると,過失は修正されますが,

その結果で,50対50になってくることはありうるところです。

本件は,そこまできたので,相手にもそれなりの前方不注意があった,ということになっているのだと思います。

事故当初の,全部保証する,という話がなぜ出ていたのか,そこがよく分かりませんが,

事故態様一般からすると,このような考えになります。

例えばですが休憩はそこで取ることを話していたとか,お互いのなかでの話の状況なども,影響してくるのではないかとは思いますが,

50対50での解決も,あながち悪いとはいえない,まずはそうとらえておいていただければと思います。

そのうえで,さらに修正を迫るには,先ほどいった事情など,本件での特殊事情があれば,これを加えていくといいでしょう。

なお,保険会社の担当者によっては,何とも気にくわない担当者もいます。

そのこと自体は私も経験していますし,分かりますが,それだけではなかなか争えないところで,

そんな担当者との交渉をやめて,裁判になったとしても,やはり,事故態様などが基本になります。

あとは,こちらが弁護士を入れると,賠償金額が増額されることが多くあります。それで,少しでも賠償させる,ということも考えてもいいのではないでしょうか。

質問者: 返答済み 1 月 前.
20210;間同士のツーリングでは前方車に追従するのが慣例となっています。今回は、4人で前方者、私、相手、後続車の順で、前方車が駐車場に右折し、それに追随して私が右折に入ったところ、相手が私に突っ込んできました。通常では考えられない状況です。当人も下を見て前方を見ていなかったの述べ、過失を全面的に認めています。ところが保険会社が片側二車線の自動車の割り込み事故の事例をもとに一方的に私の過失が高いととし、前方を見ていなかったことには過失が低いとしています。
ツーリングした仲間とも相談し、このままでは平行線なので、保険会社の過失割合で和解し、私の損失分を相手が支払うという内容でどうかという提案が出されていますが、釈然としないのでご相談した次第です。
当事者同士の話を無視し、補償金額を低くするための詭弁のように感じ、コンプライアンス的にも違和感を覚えます。

われわれ弁護士の立場で,日々,保険会社と交渉している側からすると,この手の話はよくありますね。

保険会社としては,お金を出す以上,当事者の合意というよりも,事故態様で過失割合を決めます。

当事者がこうしてくれ,といっても,指摘されたような事例類型にあてはめて回答しますからね。

弁護士に委任された事件であれば,今回のようなケースでは訴訟に持ち込み,尋問を行って,自分の過失が大きいという話をしてもらい,

裁判官に,それをふまえた過失割合の和解案,を出してもらい,その線で支払いをさせます。

今回もそうする方法もありますが,差額を負担してもらうなら,それはそれでひとつの解決ではありますね。

bhsy202をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問