JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

民事訴訟法4条 訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。

解決済みの質問:

民事訴訟法4条
訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。
とありますが原告の住んでる場所で裁判しないといけないんのでしょうか?
投稿: 20 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 20 日 前.

はい、原則としてそのとおりです。

しかし、必ず相手の住所地ということではなく、事案に応じて他の管轄でも認められる場合があります。

たとえば、土地に関する争いであれば土地の所在地、取引に関する争いであれば取引場所などが認められるほか、当事者間での合意であらかじめ決めておくことも可能です。

質問者: 返答済み 20 日 前.
20170;回交通事故の件で起訴されました。
裁判所が相手の住所付近です。
話し合って決めたわけでもなく、交通事故を起こした土地でもありません。
裁判所を変ることは出来ないのでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 20 日 前.

損害賠償の支払い義務は持参債務といい、相手の住所地にこちらが持参して支払う義務があります。このため、今回のケースでは相手が自分の住所地を基準とした裁判所で訴えることが認められます。

裁判所を変更する手続きとして、移送申立てという手続きがあります。

単に遠いからというだけでは難しいですが、相手の住所地近辺の裁判所まで出向くことが困難な理由や、他の裁判所で行うことが合理的である理由があるのであれば、裁判所の裁量により移送が認められる場合があります。

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問