JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

任意団体の会計が金銭を横領しました。数人のグループで私的流用をしたのですが反省していない一人だけを刑事告発できるのでしょ

解決済みの質問:

任意団体の会計が金銭を横領しました。数人のグループで私的流用をしたのですが反省していない一人だけを刑事告発できるのでしょうか。一人だけ告発して残りの人は免責することが可能なら反省していない一人を懲らしめのため告発しようとしていますがいかがなものでしょうか?
投稿: 19 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 19 日 前.

反省していない方をAさんとして説明します。

ご質問のように、Aさんのみについて告訴や告発を行うことは可能です。しかし、他の方を免責するということはできません。

そもそも、警察が捜査をおこなうために、告訴や告発は(一部の犯罪を除き)必須ではありません。告訴や告発というのは、犯罪事実について、捜査機関に対して情報提供を行うものであり、捜査が開始されるきっかけになるものに過ぎないからです。

共同して行われた不正についてAさんだけを対象として告訴・告発したとしても、捜査機関が実際に捜査を行う過程では、Aさん以外の方もどのような関与をしていたのかを聴取しなければ、事件の全体はみえてきません。告訴・告発を受けて、事件として警察が捜査に乗り出すのであれば、基本的に不正に関与したとされるかたは全員聴取をうけることになるでしょう。その上で、だれを起訴し、だれを不起訴とするのかは、警察での捜査結果を踏まえて、検察官が判断することになります。処分の決定にあたっては、被害の程度や被害回復が行われているか、被害者の意思なども考慮されますので、Aさんのみをあえて告訴・告発していることからその点は伝わるでしょうが、あくまでも判断材料のひとつに過ぎません。

具体的な関与の程度などがわかりませんが、たとえば、捜査の結果、反省していないとご質問者様が考えているAさんは事件全体からみれば関与は軽微で、別の反省している方の中に首謀者がいて、その人のほうが悪質だと判断されれば、Aさんは起訴されず、その首謀者とされた人だけが起訴される、ということも起こりえます。

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 18 日 前.
12424;く理解できました。どうもありがとうございました。

法律 についての関連する質問