JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 951
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

国立大学法人の附属中・高等学校で5年前から校務員として、働いています。担当室3人配属されていますが、所属、つまり学校職員

解決済みの質問:

国立大学法人の附属中・高等学校で5年前から校務員として、働いています。担当室3人配属されていますが、所属、つまり学校職員、中学校後援会雇用、派遣社員という形で別々の雇用スタイルです。そのうち後援会雇用の方は68歳、3人の中で一番長く在籍しているという理由で、校務員室の責任者と位置付けられています。しかし、この方はよく言えば要領がよく先生方や事務員には愛想よく受け答えしています。しかし、室に戻れば、一変し、まったく口を利かず、私も5年いますが、未だに彼と雑談をした記憶がありません。また、仕事の指示もまともにせず、単語を並べるだけで、あとは全て我々に振ってきます。そのくせ、仕事が終了すると、依頼された先生や事務の責任者に報告に行き、労いを一人受けています。我々は、彼から労いの言葉どころか「ご苦労さん」の一言もありません。それ以外にも多々、就業規則に照らしてどうかと思われる行動を、我々の前では平気でしています。注意でもしようものなら、次からは口もきいてもらえず、仕事も与えられなくなり、外で草引きや落ち葉はきばかりせざるを得ない日々を送っております。ちなみに3人目に派遣社員が入っておりますが、これまでは、このポジションも学校職員でしたが、経費削減ということで単年度契約の時給の低い派遣に代わりました。これにはもう一つ裏がありまして、後援会雇用の責任者の振る舞いがあまりにも目に余る言動をとり続けるもので、口喧嘩して辞めていきます。
あまりにもこの後援会雇用の方の振る舞いが、校務員の在り様から逸脱しておりますし、室内に居ても誰一人口を利かず息苦しい毎日を我慢しなければならないという事実、仕事の指示はおろか修理や掃除や剪定に必要なものが不足しているとお願いしても、予算がないの一言で無視するため仕事のスキルも明らかに低レベルだという言葉も他の部署から聞いていました。それで中学校の人権相談員に相談し、大学本部の人事部福祉課に書類を提出しました。今年、7月に提出したにも関わらず、9月になった未だに返答や問い合わせさえ全くありません。これは、どういうことなのでしょうか。正式な手続きで上に相談し、附属学校課や人事部等から構成される会議にて検討していただけると聞いていましたが、3か月も放置されています。後援会雇用の方は、未だに好き勝手に動いています。労働時間内で自分の作業服を洗濯したり、外昼をとると言って11時15分から13時まで帰ってこないこともあります。誰かが、学校文化だから仕方ない、特にうちのように名の知れた国立大学の附属だと、たとえ問題が起きていても、もみ消されるか、時間を待ち、来年の人事異動時まで何もする気はないと聞きました。やはり、学校というところは「教育現場」で、労働者、特に私のような末端の校務員などのことは気にもかけて頂けないものでしょうか。
投稿: 23 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bhsy202 返答済み 23 日 前.

回答させていただきます。よろしくお願い致します。

まず,学校のなかでのこういった人事関係の問題は,我々法律家からすると,言葉は悪いですが,無法地帯のことがあります。

学校ですから,そういった変なことをはしていない,と思われがちですが,実際には,学校の先生は法律をほとんど知らず,

自分たちの感覚で,こうしていくことが正しい,そういう意識が強いようには思います。

一方で,縦社会のようなところもあって,逆らうような意見を言う者に対して冷遇することもあります。

ですので,質問の最後にある点については,実際問題としてあまり気にかけられない,ということはあり得ると思います。

もっとも,それが正しい,ということでは決してありません。

今回の件は,「振る舞い」の問題にすると法的な争いは難しいのですが,休憩を取っているのに労働時間として賃金計算されている,

となると,これは不当な水増しでの賃金請求になります。労働基準監督署が知れば,大きな問題になります。

さらに,そのような振る舞いをよく思っていない人は,ほかにはいないでしょうか。

こういう体制の中での争いですから,孤立無援をできれば避けたいところです。そうでないと,法的に正しいことをしていても,実質的に辞めざるを得ない,という結論になりかねません。できれば賛同者を得て,さらには弁護士を介入させ,簡単な問題ではないことを認識させる必要があります。

そのためには時間がいるかもしれませんが,それならそれで,証拠集めをしておくべきです。あとから抹消されては困るので,外出しているなら外出している記録,写真,発言の録音など,これは気になることは全て残すくらいの気持ちでもいいと思います。

bhsy202をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 23 日 前.
26089;々にご連絡ありがとうございます。学校問題とはいえ国立大学法人の付属校ということで、さらに外部への情報漏れには厳しいと思います。ただ、国立大学ですので人権問題に対応することが義務付けられているため、人権委員会(ハラスメント対応)が設置されております。今回の私の人権相談もモラルハラスメントとして、本校ではこういうことがありますということを学校側に知ってもらう程度にしようと担当の先生と相談しました。しかし、実際には私は今、心療内科(うつ病)、外科(初期の頚椎損傷のリハビリ)で通院しております。しかし、若いころに務めていた職場(1999年 奈良県 某研究機関)ではうつ病を理由に強制的に退職に追い込められた経験があります。今回も同じ結果を生むとは言えませんが、黙って見過ごすことに激しい不快感が残ります。後援会雇用の方の「振舞い」だけなら、学校側も68歳と高齢者だからと大目に見られていると言い訳もあるでしょう。(後援会の職員には定年制がないので、本人の意思のみです)しかし、私だけでなく、同室の派遣社員を、はじめ過去の先輩たち、一部の先生方はご存知です。実際、彼の私物の洗濯物が干していることは生徒も知っております。それゆえに、なぜ学校は後援会雇用の方をかばい立てするのか、我々がずっと前から言い続けているのに、何のお咎めもなく、逆に私がこのようなことで精神的に追い込まれて通院するために、年休(有給休暇)を使わねばならないのでしょう。
何とか、裁判とまではいかなくても、大学本部のハラスメント課が名ばかりで機能していないことや校務員室という狭い部屋の中でこういうことが起きている、その要因となっているのが、この人だということを明らかにしたいです。さもないと、彼は体が動ければ80超えても何にもせず給与をもらいながら生きられます。しかし私たち学校職員は定年があります。明らかに彼のほうが、長くここで居ることでしょう。先生方も異動があります。そして、数年先には何も知らない先生方に媚びを売りながら、給与泥棒同然の彼が居座っていることでしょう。それが、悔しいです。
それでなくても、今の学校環境状況はひどいです。つまり、これが彼のレベルでの反映なのですが、私たちが辞めた後新しく入ってくる校務員に「ここは、こんなものか」と笑われるのが、自分が笑われているようで悔しいです。
専門家:  bhsy202 返答済み 23 日 前.

なるほど,そういう体質の改善を求めていくのは,法律的な筋だけで成功するかどうか,戦略が必要かも知れません。

そういうところは,社会的な評判を気にするでしょうから,ネットの書き込み,暴露記事的なものには神経質になるはずです。

脅し,というわけではありませんが,こういったことが流れてしまう前に改善を求める,として,弁護士などから介入してもらう,

これだけでも適当に扱うわけにはいかないと判断すると思いますけどもね。

法律 についての関連する質問