JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 954
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

簡易書留でクーリングオフはがきを送りました。

解決済みの質問:

簡易書留でクーリングオフはがきを送りました。
郵便局に問い合わせたところ、一度配達に行ったが、留守なので持ち帰り、局内にある。受取人が1週間以内の保管期間内に取りに来なければ差出人に差し戻すといわれた。
明日が期限なのでクーリングオフは無効になりますか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 1 月 前.

法律上、相手方への通知事項は、到達主義といいまして、こちらからの意思表示が相手方に到達した時点で効力が発生するというのが原則です。

しかし、特定商取引法などで定められているのクーリングオフに付きましては、例外的に発信主義といいまして、意思表示をこちらから発信した時点で効力が発生することになっています。

したがって、仮に相手方が書類を受領しなかったとしても、法律上の効力は発生します。

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
30456;手が受け取らなくてもクーリングオフが成立すると知り、一安心しました。ありがとうございました。
私は珊瑚の指輪をただで渡してしまったと後悔し、取り戻したいと考えているのですが、営業担当者が帰った後で買い取り明細伝票を見たら、
リング特徴なし5点500円 ネックレス特徴なし5点500円 見積合計1000円と書いてあり、珊瑚の指輪とはどこにも記載がありませんでした。また、スマホのようなものを差し出され、女性の声に応じて「10点で1000円いただきました」というように促されたまま言いましたが、証拠のために録音されたのかもしれないと推測しています。1000円は3時間ほど時間を取らせたからと渡されたものです。
私は宝石に特に興味も知識もなく、うかうかと話に乗せられ馬鹿なことをしてしまったことを反省しています。その指輪は私の結婚に際し兄夫婦から「珊瑚は身を守る宝石だから」と贈られたものを一度も使用したこともなく無傷なまま保管していたもので、今回宝石に詳しい友人からも決して手放してはいけなかったと忠告されました。兄夫婦に申し訳なくぜひとも取り戻したいと思います。そのうえ、契約書に私の住所、電話番号、年齢を記入しましたので、相手が初めからだますつもりの悪徳業者なら、私の個人情報をどんな形で使われるかもしれないと恐怖を感じます。うやむやに泣き寝入りせず、きっちりと対応したいと思います。仮に返却されても安価なまがい物とすり替えられることも考えてしまいます。実物の写真も持っていません。どうしても取り戻したいのです。よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 月 前.
15日に送信した追加質問にはご回答いただけないでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 1 月 前.

お困りの様子はわかりましたが、具体的にご質問をおねがいします。

質問者: 返答済み 1 月 前.
21462;り戻せるベストの対応方法をご明示くださいませ。あるいは私の馬鹿な対応で何をしても無駄と思われるなど早急に必要な態度を教えてください。」
専門家:  houmu 返答済み 1 月 前.

この手の事業者はのらりくらりとかわしてきてなにを言ってものれんに腕押しであることが多いです。こちらが支払う側であれば、こちらものらりくらりと対応するという手もあるのですが、返却を求めるというのはかなり困難であると考えられます。

本件の場合、一番必要なのは、交渉力です。

よほど良心的な事業者でない限り、書面上のやり取りだけで物品が返却されるとは考えにくいですから、送付された内容証明の控えを持参(万一に備えてコピーを自宅保管)された上で、直接返却交渉をされる必要があるでしょう。また、お一人では危険な場合もありますので、できれば弁護士等に依頼をし一緒に訪問、難しいようであればせめて複数人ででむかれ、ICレコーダーで会話を録音されながら交渉されるのがよいでしょう。

一番問題なのが、伝票の記載もいい加減であり、こちらも写真がないという点ですね。せめて、兄夫婦に購入店舗を確認し、販売店に尋ねるなどして、証拠にはならないまでも、”コレ”を返してくださいと、明示できる資料をそろえる必要があるでしょう。

なお、国民生活センターや地域の消費者センターでは、単にアドバイスを行うだけではなく、事業者への指導や、返却交渉なども行ってもらえるケースがありますので、時間が合うようであれば一度利用されてみてはいかがでしょうか。

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

質問者: 返答済み 1 月 前.
35388;拠もなくて交渉するだけの体力もありません。少し元気になったら国民センターなどに相談することにします。ありがとうございました。

法律 についての関連する質問