JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 956
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

いきなり家賃滞納がありますと、高額請求書が来ました。 家賃滞納は、通常3か月で何らかの通知が来るものではないのですか?

解決済みの質問:

いきなり家賃滞納がありますと、高額請求書が来ました。
家賃滞納は、通常3か月で何らかの通知が来るものではないのですか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 1 月 前.

通常は家賃が遅れた段階で、督促の電話等が行われることが多いですが、いつまでにという決まりがあるわけではありません。

少なくとも書面の送付時期として3ヶ月目であれば特別遅いということはありません。

専門家:  houmu 返答済み 1 月 前.

あ、申し訳ありません。
>通常3か月で何らかの通知が来るものではないのですか?

でしたね。失礼しました。

専門家:  houmu 返答済み 1 月 前.

何点か確認させてください。

・ご質問者様は保証人等ではなく、入居者ご本人様ということでよろしいでしょうか。

・おいくらで、何か月分程度まとめて請求があったのでしょうか?

・これまでに電話等での催促もなく(かつ、連絡が難しい状況でもなく)、いきなり書面が届いたということでよろしいでしょうか?

質問者: 返答済み 1 月 前.
20197;前死んだ父が住んでいた住宅です。もう住んでいない事も知っていて、そちらに請求を送って、請求者本人には高額になってから書類が送られてきたので納得できないのですが、役所管理の住宅で最近整理し、未納者に書類送付されたようです。以前一度通知が来て出向いた時に、質問をしたのですが、その返答がなくそのままにしておいたのですが、また、通知が来ました。そのことで、減額を申し出ることができないものでしょうか?
質問者: 返答済み 1 月 前.
20837;力が遅くてすみません。H15年から私の名義です。H265月に請求額497700円その時は父の名義の時の滞納分が加算されていました
私への通知なしで名義変更受理されたので、父の分はなしになりました。その際に、他県で済む母が入居可能ならそのまま少しずつ返還したいと申し出たら原則としてその町に住所がない者が住むことができるのか?後で返答するとなって返答がなく、昨日H29.8/10付で再度通知が来ました。H28までで、535500円(85か月、7年分)電話等の催促はありません。
質問者: 返答済み 1 月 前.
20170;回の書面には、住宅使用の実態が認められないので、条例に該当し住宅明け渡し請求に該をする。請求金額を支払い、返還するように書かれています。
専門家:  houmu 返答済み 1 月 前.

こちらからの質問に対して返答がないことについては不誠実な対応ですが、結果としてご質問者様がずっと継続して借りておられるということですので、原則的には支払わざるを得ません。

また、催促がなく放置されている点も管理上それでいいのかという疑念はありますが、それはあくまでも運営者側の問題であり、借主側として支払わなくていい理由にはなりません。

なお、公営住宅の家賃については、税金のような公法上の債権ではなく、一般の賃料と同様のあつかいになり5年で時効が成立しますが、H26年に一度交渉をされているということですので、ここで残念ながら時効がリセットされてしまっている可能性があります。ただ、相手方に記録が残っていない可能性もありますから、だめもとで5年以上前の部分については時効を主張されてみて、60か月分のみを支払うということは考えられるかと思います。

民間事業者であれば柔軟に減額交渉も可能ですが、公営住宅となりますと条例等にそった処理しかできません。ご質問者様がご病気などで(ほとんど)収入がなく、客観的に見て50万円もの大金を支払えるような状況にないというような場合であればひょっとしたら減免規定のどこかに該当する可能性もあるかもしれませんが、基本的に難しいものと考えられます。

参考までに大阪市の場合では、次のとおり定められています。

徴収停止(滞納家賃の取立てをやめることができる場合)

・滞納者が所在不明で、かつ差し押さえ可能な財産が強制執行の費用以下である場合

・滞納家賃が少額で、取立て費用に満たない場合

履行猶予

・滞納者が無資力又はこれに近い状態にあるとき

(生活保護を受けている場合や、給与や年金収入が月10万円+家族一人につき4.5万円に満たない場合が該当するとされています)

・災害、盗難その他の事故により滞納家賃等を一時に支払うことが困難であるとき。

免除

徴収停止や履行猶予に該当して10年を経過してもなお、これらの状態が継続している場合には、免除することができる。

(大阪市営住宅家賃滞納整理事務処理要綱より、主なものを要約・抜粋しました)

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。参考にさせていただきます。

法律 についての関連する質問