JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 904
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

通信販売における薬機法についての相談があります。

質問者の質問

通信販売における薬機法についての相談があります。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bhsy202 返答済み 2 ヶ月 前.

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

薬機法の関係で規制をされるのは,医薬品ではないのに医薬品であるかのような表示をすること,医薬品のように見せかけた健康食品などが規制されると考えていただくといいと思います。

効能効果をうたう場合に,高血圧を治す,というような医学的効能をもつのは基本的には医薬品ですから,それ以外では医薬品のような表示は基本的にできません。

このあたりは,規制緩和によって,いわゆる特保や,機能性表示食品,というのが認められています。

これは,医薬品ではなくても,一定の効果をうたうことができるようにしたものです。

このような食品では,認められる限りにおいて,脂肪をつきにくくする,などの効果が表示されています。

ご指摘の健康食品,サプリメントであれば,どういう効果があるのかをうたうことにはなると思いますが,

病気が治るかのような表示は許されませんし,

また,通信販売だと,特定商取引法の対象ですから,著しく事実と異なる表示や,実際のものよりも優良,有利であるかのように誤認させる表示も規制されます。

このように,表示の規制は複雑で,難しいところがありますが,

少なくとも,誤解を招くような表現は許されない,この程度なら分かりやすいと思いますが,

高血圧,などのワードが使えないわけではないですが,それが必ず下がるかのような表示は許されない,ということはできます。

法律 についての関連する質問